統合型戦略PRとデジタルマーケティングの融合

一流のコンサルタントが
未来を拓く

CONSULTANT

PR/広報戦略の可能性を300%信じているから誰もしならい未来を創れる
seminar-1
seminar-2seminar-3

ピックアップ

PICK UP
記者クラブで投げ込み対応する女性
勝利の方程式「戦略の種類」
【2022最新】プレスリリースの投げ込みとは?業界裏技的な方法やメリットデメリットまで解説
「記事に直結しやすい記者クラブにプレスリリースを投げ込み(配布)したい」 「投げ込みの方法は? 一番良いタイミングってあるの?」 「プレスリリース配布のメリットデメリットを教えて」 既に多くの支持をいただいてきたこの記事では、新たに業界メディアに深く
PR会社と広告代理店の違い
3分で分かる「PRの基本」
【2022最新】PR会社と広告代理店の違いとは?現役記者が超基本や選び方のコツを解説
プレスリリースとは
3分で分かる「PRの基本」
プレスリリースとは?【2022最新】現役記者が意味や12の作成手順・メリットデメリットを解説
ダミー画像
3分で分かる「PRの基本」
【2022最新】プレスリリース配信お薦め13社!有料・無料を徹底比較
プレスリリースの戦略策定
戦略から実行まで「ソリューションの種類」
【2022最新】プレスリリースの書き方とは?現役記者が21個のコツや方法・成功事例を紹介
Youtubeのメリット訴求のイメージ
3分で分かる「PRの基本」
PR会社の仕事とは?必ず知っておきたい26の問題解決手法や業務内容を完全解説
引用画像_記者会見の囲み取材に応じる男性
最新メディア情報
PR会社の4つのリスク対策|バイトテロによるバカッター・バカスタグラムがまた炎上?
プレスリリースとは
戦略から実行まで「ソリューションの種類」
広報戦略とは?【2022最新】現役記者の効果測定法と成功に導く12のポイント
戦略を考えるヒント
戦略から実行まで「ソリューションの種類」
PR戦略の設計|戦略シナリオを誰でも作れるようになる7つの方法
共感PR
3分で分かる「PRの基本」
広報とは?【2022最新】現役記者が広報部門7つの役割と必須スキルを解説
マーケティング戦略
戦略から実行まで「ソリューションの種類」
広報部門とマーケティング部門との連携のコツを教えてください
プレスリリースとは
PR会社の成功事例と成果を出す8つのポイント
PR会社とは?6つのメリットデメリットや具体的な戦略策定の手順を「めざましテレビ」放送作家が解説
戦略を練る
3分で分かる「PRの基本」
3つの大失敗パターンから見えてくる良いPR会社の選び方・悪いPR会社の見分け方と効果的な活用法

コラム

COLUMN
成功事例×PR
上岡正明の
最新PRトレンドを斬る!
フロンティアコンサルティング代表
プランナー・内部監査士 上岡正明
プランナー・内部監査士 上岡正明
ライオンのオウンドメディア「Lidea(リディア)」が絶好調な理由とは?
記念日による広報やPR戦略の仕掛け方は?○○の日の活用法をゼロから解説
アフターコロナのマーケティングの在り方とは?どの様な事を意識して情報発信を行うべきなのか?
広報担当者の仕事は外部だけでなく「会社内部」にも及びます!その理由とは?
女性視点×PR
女性のココロをくすぐる
PR手法、教えます
PRコンサルタント
元記者 石丸和美
元記者 石丸和美
雑誌メディアにフォーカスして広報アプローチする際の攻略法を全部紹介します
withコロナで広報活動やPRはどう展開すればよい?ベテラン広報がズバリお答え
【綺麗事抜き】広報担当の仕事に「正解」はあるのか検証したよ
「気合い」だけではどうにもならない|兼任広報担当者の立ち振る舞い方
経営戦略×PR
経営とリンクしたPR戦略で企業を
急速拡大・業績アップ
フロンティアコンサルティング取締役
中小企業診断士 長谷直道
中小企業診断士 長谷直道
ワールドビジネスサテライトに露出する方法とは?「WBS」は消費者よりも企業オーナー目線で番組を制作
「アルビレックス新潟」過去最高益の裏には積極的な広報とメディア活用があった
PRにおける学者と実務家の変化とは?今回はあえて難しいままゆっくり解説
広告が抱える限界と問題点「ある種のコストパフォーマンスの低さは覚悟せよ」
主婦共感×PR
南青山のPR会社で働く
現役主婦が見て、感じた

マーケティング知恵袋
PRコンサルタント
坂井涼子
坂井涼子
ソーシャルメディアで拡散する広告利用や投稿時間は?訪問者を呼び込む工夫とコツ
広報不要論を真摯に考える!どんな時代でも重宝されるPRとは?
広報職の年収はどのくらい?平均年収600万が限界説を徹底解説したよ
「シャイでしゃべり下手な私」でも広報の仕事はできる?その理由は
WEB×PR
WebやSNSを活用して
ファンや口コミを増やす
最新ルール!
PRマーケティングストラジスト
山本隆
山本隆
新型コロナウイルスで戦略PRをどう行うか?情報発信の考え方と2つのポイント
ヤフートピックスはなぜ13文字なのか?インパクトのある短いタイトルでバズとPR連鎖を狙え
変化するメディアの特徴
社長のSNSが情熱的な会社は採用に失敗しない
クリエイティブ×PR
PR&プロモーションは
クリエイティブも命なんです
フロンティアコンサルティング代表
プランナー・内部監査士 上岡正明
プランナー・内部監査士 上岡正明
不思議な形の個性派時計

YouTube動画を継続的に投稿していると、以前の特定の動画の再生数が突然伸びることがあります。

ここではそのときにするべきことを5つ紹介します。「バズり」を無駄にしないためにもすぐに動きましょう。

 

動画が突然バズった!そのときにやるべきこと5つ

1.バズり動画を別の動画にも誘導する

・終了画面に動画リンクを載せる

・概要欄に動画リンクを貼る

・カード機能を使う

再生回数が伸びた動画に上記のような工夫を施して、別の動画に誘導しましょう。

この際、「伸びた動画に関係する内容の動画」に誘うことを推奨します。ただ、このような施策は再生数や内容に関係なく、投稿する全動画に対して最初から行うべきです。とはいえ特別に伸びた動画に対しては、改めて誘導リンクなどを見直してみるといいでしょう。

2.関連する内容の動画を出す

やはり「バズった動画に関連する内容の動画」を出すことが有効です。これに関しては単に「同じジャンルの動画」を投稿するだけでなく、「バズった動画の内容のコメントに答える動画」や「バズった動画の内容をさらにカバーする動画」などを出すのもおすすめです。

これを実行することでしばらくは動画のネタにも悩まなくなる、というメリットも得られます。特に毎日投稿をしている方には大きいでしょう。

3.バズった動画と同じタグを設定する

忘れてはならないのがバズった動画と同じタグを、これから投稿していく動画にもつけるということです。

ただし、タグと動画の内容が食い違っている場合、YouTubeのアルゴリズムに嫌われて逆効果になる可能性が高いですから気を付けてください。(タグのことに限らずこういったグレーな工作をすると、かえって不利になるので注意が必要です)

そのため「とにかく同じタグをつける」というよりは、「同じタグをつけられるような動画を作る」という感覚で動画制作をしましょう。

4.SNS上で宣伝する(特にツイッター)

YouTubeチャンネルを運営する以上、SNSの活用が欠かせません。まだSNSアカウントを持っていない人は必ず作成してください。そしてバズった動画がある場合は以下のことをしましょう(ここではツイッターでするべき施策を紹介します)。

動画の宣伝ツイートを固定する:目立ちやすい先頭に自分のツイートを固定できます

固定ツイートのリツイートをする:1日1回以上リツイートして拡散を狙います

関連動画もツイートで宣伝する:他の動画の再生回数アップも狙います

5.サムネイルやタイトルを見直す

バズった動画のサムネイルやタイトルを改良することでさらに再生回数が伸びる可能性もあります。特に、

・何も考えずにサムネイルやタイトルを設定した動画が伸びた

・かなり前に投稿した動画なので世間のトレンドが変わっている

という場合は調整する効果が高くなりやすいです。ただし、「動画を最初に投稿した時点でサムネイルやタイトルに気を遣っていた」という場合は手を加えてしまうことでかえって伸びにくくなるかもしれません。

また、中には「シュールなサムネイルやタイトルがウケていた」というケースもあり、そういった動画で変更すると面白味がなくなって、一気に伸びが悪くなる可能性もあります。そういった場合は、動画の伸び方がある程度落ち着いてから、改めてサムネイルやタイトルを変更するかどうかを決めましょう。

 

バズり動画のサムネ・タイトル変更時の要注意事項

サムネイルやタイトルを変更するのは構いませんが、「一度投稿を取り下げてアップロードし直す」となると再生回数などがリセットされてしまいます。

YouTube動画には「再生回数が多いからこそ、興味をもって再生してくれる」という側面がありますから、絶対にアップロードを取り下げないようにしましょう。

自分のYouTubeチャンネルに毎日1本以上動画投稿することを文字通り「毎日投稿」と言います。

ここではYouTubeにおける毎日投稿のメリット・デメリット、その他のポイントや注意点について解説していきます。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTubeを毎日投稿するメリット6選

メリット1.早く収益化しやすい

他にも細かな条件はありますが

・動画の総再生時間4000時間

・チャンネル登録者数1000人

これを両方クリアするとYouTubeチャンネルを収益化できます。そしてやはり基本的には毎日投稿するほうが、登録者・再生時間の伸びが良くなる傾向にあります。なかなか収益化できないとモチベーションが続かないかもしれませんから、「収益化完了までは毎日投稿」と決めておくのもいいかもしれません。

メリット2.YouTubeのアルゴリズムに評価されやすくなる

毎日投稿をすると「チャンネルを放置していない」とYouTubeのアルゴリズムにみなされて、関連動画やおすすめ動画として、あなたの動画が表示されやすくなります。(ただし必ずしも毎日投稿でなくてもこのメリットは得られます)

メリット3.バズる動画が出やすくなる

どれか1本でもバズる動画が出れば、予想以上にチャンネル登録者数・動画総再生時間が伸びやすくなります。もちろんこういった動画は狙って投稿できるものではありませんから、ハイペースで動画を出し続けていくことが大事です。

メリット4.分析→反省→改善をしやすくなる

特にビジネス目的でユーチューバーとして活動する場合、「こういうタイプの動画は伸びる(or伸びない)」などの分析をし、日々ブラッシュアップしていくことが大事です。

いわゆる「PDCAサイクルを回す」ということですが、これも毎日投稿をするほうが早くサイクルを回すことができます。

メリット5.視聴者の「他の動画も観る」という動きを維持しやすくなる

動画の本数が多いほど、視聴者の「別の動画も観よう」という動きを維持しやすくなります。「おすすめ動画にもこのチャンネルの動画が並び……、YouTubeのトップページにもたくさん並び……」となれば、どんどん動画を再生してくれるかもしれません。

メリット6.「毎日の習慣」になりやすい

一例として、「毎日夜7時に投稿する」と決めておけば(毎日投稿でなくても時間は決めましょう)、それが視聴者にとっての毎日の習慣になりやすくなります。別のもので例えるなら「毎日NHKの朝ドラを観る心理」ですね。これは毎日投稿だからこそ生まれやすいメリットであり、「2日に1本」だとすでに厳しく、「3日に1本以下」では、この利点はあまり得られなくなります。

「視聴が習慣化した視聴者」が多ければ、動画の内容やクオリティに限らず、一定の再生数は望めるようになります(だからといって手を抜いていいわけではありませんが)。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

YouTubeを毎日投稿するデメリット3選

デメリット1.労力が非常に大きく、手抜きになっていく可能性が高い

言うまでもありませんが毎日投稿をするとなると、労力が非常に大きくなります。そして毎日投稿に固執することで、

・編集の質が下がる

・企画の質が下がる

・疲れて顔色が悪くなる(顔出し系ユーチューバーの場合は意外と痛手です)

などの状態になるかもしれません。そうなってしまえば最終的に「雑に毎日投稿しているよく分からない人」「お金目的で無理矢理動画を出している人」などと思われて、視聴者が去っていくことでしょう。

デメリット2.視聴者の反応を参考にするのが遅くなる(溜め撮りの場合)

毎日投稿をしているユーチューバーの中には10本レベルの溜め撮りをしている人もいます。

すると視聴者の反応を参考にできる(例:低評価が多すぎるので動画の方針を修正するなど)のが遅くなってしまいます。特にシリーズものの動画を投稿する場合、「視聴者からの反応が悪い。でもせっかく労力を注いで撮影したのだから全部投稿しないと……」という板挟みの状態になるかもしれません。

それまで順調に運営できていたYouTubeチャンネルでも、目安として5本以上「視聴者的にダメな動画」が続くと、元通りに回復させるまで数か月かかってもおかしくありません。そして10本以上ダメな動画が続くと、再起不能レベルにまで「再生回数」「チャンネル登録者数の伸び」が悪くなってしまってもおかしくありません。

デメリット3.分析・反省の時間を取りにくくなる

溜め撮りはしないとしても毎日投稿をしていると、分析・反省の時間を取りにくくなります。趣味で投稿しているのであればそれでも構いませんが、ビジネス目的の場合、「なんとなくの感覚」だけで動画内容を決めるのは絶対にNGです。

 

YouTubeの毎日投稿を無理なく楽しめるならベスト

結論は、大切なのはより「動画の質を保てる投稿ペース」。

・毎日投稿するのが理想

・ただし動画の質が落ちては意味がない

そのため「動画の質を保ちつつ投稿できる最速のペース」で動画を出すことをおすすめします。ただ、視聴者に忘れられないようにするためにもはじめのうちは最低でも週2本以上、収益化が済んでからも週1本は投稿しましょう。

YouTubeで大事なのが、視聴者の滞在率とリピート率です。これは、Googleの基本的なアリゴリズムの考え方になります。

そうした意味では、YouTubeの終了画面とその動線をしっかり設計することは、あなたのチャンネルの滞在率やリピート率を増やす大きな武器になります。ここでそのポイントをしっかり押さえておきましょう!

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTube動画の終了画面の作り方とポイント|失敗すると逆効果に?

YouTubeの動画を観ていると最後に

・最新動画への誘導リンク(サムネイル)

・おすすめ動画への誘導リンク(サムネイル)

・チャンネル登録へのリンク

などが表示されることが多く、これらが表示されている画面のことを「終了画面」と言います。ここではこの終了画面の作り方、作るポイント、注意点などについて解説していきます。

 

YouTube動画の終了画面の作り方

YouTubeの終了画面の作り方は、決して難しいものではありません。すでにYouTubeに動画を投稿しているのであれば簡単に作ることができます。

1.YouTubeのホームから右上のアイコンを押す

2.「YouTubeスタジオ」を選択

3.「動画」を選択

ここまで進めると、これまで投稿してきた動画が一覧表示されます。

4.終了画面をつけたい動画のところにカーソルを合わせる

5.左端のペンのようなマークをクリック

6.動画の詳細ページへ

7.右下の「終了画面」を選択

これで終了画面の設定ページにアクセスできます。すでに投稿済の動画にも終了画面をつけることが可能です。

終了画面があるに越したことはないので、(謝罪動画や悲しい雰囲気の動画を除き)基本的に全ての動画に対して設定することをおすすめします。(ただし後から終了画面をつけるのはやめたほうがいいかもしれません。詳しくは後述)

8.入れたい要素を選ぶ

冒頭でお伝えした通り、「最新動画へのリンク」「おすすめ動画へのリンク」「チャンネル登録へのリンク」などを入れましょう。

9.「保存」を選択

これで動画のラストに終了画面が設定されました。念のため動画を再生して確認してみましょう。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

普通に終了画面を追加しただけでは邪魔になることも

YouTubeでは「終了画面」という名前ではありますが、単に動画の終わりのほうに「リンク(サムネイル)」がつくだけです。そのためこのままでは動画のラストシーンの邪魔になってしまいます。

あなたもYouTubeの動画を観ていて一度は、「サムネイルやリンクが邪魔で大事な場面が見えない!」という経験をしたことがあるのではないでしょうか。特に再生時間の長い動画で「じっくり観たのに肝心のラストを楽しめない」というのは致命的であり、「途中までチャンネル登録するつもりだった人」を逃してしまう可能性さえあります。

対策法1.あらかじめラストに「終了画面用の画面」を作っておけばいい

対策方法は簡単で、

1.あらかじめ動画のラストに「終了画面用の画面」を入れておく(5~20秒)

2.終了画面の設定をする

こうすれば動画の邪魔になりません。よく分からない方は、今ヒカキンさんなどの動画のラストシーンを観てみてください。「専用の画面での終了画面」になっていることが理解できるはずです。

対策法2.すでに投稿済の動画には「終了画面」をつけないのが無難

そして「今まで投稿してきた終了画面のことを考慮していない動画」には終了画面をつけないようにしましょう。無理矢理設定すると邪魔になる可能性があります。まだ投稿本数が少なければ「動画を一通りチェックする→つけても問題がなさそうな動画に限り終了画面を入れる」としてもいいですが、すでに投稿動画が多いのであれば、スルーしてしまっても構いません。

 

YouTube動画の終了画面を作るときのポイント3つ

ポイント1.時間は10秒がおすすめ

終了画面の時間は5~20秒で設定できます。これについては10秒にすることをおすすめします。5秒ではさすがに短すぎますが、20秒では長すぎます(次の動画の自動再生で、YouTubeをのんびり観たいというニーズにそぐわなくなります)。

「10秒でも短い」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。今実際にYouTubeの動画を再生すると10秒でも意外と長いと体感できるはずです。終了画面のことに限らず「○秒は長い(短い、ちょうどいいなど)」などの感覚は動画作りをする上で非常に大事な感覚と言えます。

ポイント2.音楽とテキスト(セリフ)を入れる

まずチャンネルの雰囲気に合った音楽を入れましょう。音楽があるとないとでは親しみやすさが全く変わります。あとは「ご視聴ありがとうございました!チャンネル登録お願いします!」などのテキストも入れます(できればセリフも)。これをすることによって視聴者から好感を持たれやすくなります。

ポイント3.各種SNSの紹介もする

「終了画面用の画面」には各種SNSの紹介も入れましょう(ヒカルさんの動画の終了画面が分かりやすいです)。終了画面の直接「SNSへのリンク」を貼ることはできませんから、よりしっかり宣伝したいのであれば「ツイッター、インスタグラムのフォローは動画下のリンクからお願いします!」などと説明のセリフを入れるといいかもしれません。

YouTubeの動画タイトルのすぐ下に出るテキストのことを「動画概要欄(概要欄)」と言います。この部分にあまり気を遣ってないユーチューバーも多いですが、あまりにももったいないです。動画概要欄を作りこむことで、

・視聴者にとって分かりやすくなる

・YouTubeのアルゴリズム的にも有利になる

からです。そこでここでは、動画概要欄の書き方のコツを6つ紹介します。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTubeの概要欄の書き方コツ6選

1.最初の3行だけで動画・チャンネルの内容が分かるようにする

動画の再生ページにアクセスした段階では動画概要欄の最初の3行しか表示されません。ですからその3行だけで動画・チャンネルの内容がある程度分かるようにしましょう。(3行で説明し切れない場合は「動画内容の紹介」を優先します)

「こんにちは!」などのあいさつは4行目以降に入れましょう(入れなくても構いません)。ちなみに「もっと見る」をクリックすると4行目以降が表示されます。

2.キーワードを含める

概要欄の3~4行目までに「動画に関するキーワード」を入れましょう。例えば筋トレ系の動画なのであれば、「筋トレ」という単語を3~4回ほど含めます(それ以上入れると不自然になるので厳禁です)。

また、キーワードの種類は1個だけにしておきましょう。複数入れるとそれぞれのキーワードのSEO効果が下がると言われています。そして念のため「無意識に同じ単語を何度も使ってしまわないようにする」ことも心がけましょう。

例えば、「自宅でできる筋トレ」という動画で、「筋トレ」を本来のキーワードにしたいにもかかわらず、いつの間にか「自宅」という言葉を繰り返し使ってしまうなどのことはあり得ます。

3.タイムスタンプを入れる

「動画の目次」のようなものであり、視聴者が観たい部分まで動画をピンポイントでスキップできる機能です。タイムスタンプ機能を有効にする方法・注意点は以下の通りです。

・最初を「0:00」にする

・タイムスタンプは全て半角

・時間(1:23など)とチャプター名の間に半角を入れる

・1つのチャプターは最低10秒

・3つ以上のチャプターが必要

タイムスタンプがあると視聴者が動画から離脱しにくくなりますし、「全部は観たくないけれど、この情報だけ知りたい」などのニーズにも応えやすくなります。

さらにGoogleの検索結果ページにおいて、動画内のチャプターが表示される可能性もあります。

例えば「動画 チャプター」で検索してみてください。すると検索結果ページに「動画リンク」と、「この動画には○件の重要なシーンがあります」というテキストが出ます。後者をクリックするとタイムスタンプが開き、そこから動画を再生することができます。

4.「説明文+URL」を載せる

例えば、チャンネル登録はこちらから! http~というふうに「説明文+URL」を載せましょう。たまにURLしか書いていないチャンネルもありますが、それではどのページに飛ぶのか全く分かりません。

また、「チャンネル登録はこちらから!」であれば分かりやすいですが、「筋トレ系記事(note)http~」だけだと意味不明ですから、「文章で読みたい方私のnoteでは筋トレの解説をしています! ご覧になりたい方はこちら のhttp~」などとしましょう。

とにかく「何も知らない状態の人が見ても、URLからどこに飛ぶか分かる」ようにするのがポイントです。

5.ハッシュタグをつける

動画概要欄で「ハッシュタグ(#)」を使うと、ユーザーがそれを頼りに動画を見つけることが可能となります。

同じ分野の人気動画のハッシュタグをリサーチして、真似することをおすすめします。ちなみにハッシュタグは2~4個にしておくことを推奨します。(15個以上つけると全てのハッシュタグが無効になってしまいます)

6.クレジット表記をする

動画内で他人が権利を持っている楽曲を使う場合、概要欄にきちんとクレジット表記をする必要があります。慣れるまではこの記載をするのは面倒かもしれません。

ですから、「YouTubeオーディオライブラリー」などから権利フリーの音楽をダウンロードして使うことをおすすめします。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

人気ユーチューバーの動画概要欄を参考にするのが一番

「動画概要欄の構成」については人気ユーチューバーのものを参考にするのが一番です。

特に「ビジネス目的で淡々と動画投稿をしているチャンネル」を参考にすることをおすすめします(少しでも収益性を上げるために概要欄を作りこんでいる可能性が高いため)。

また、概要欄の「構成」は丸ごと真似してしまって構いません。「概要欄の文章」にはあなたの個性やオリジナリティが出るはずであり、パクリにはならないからです。

YouTubeのチャンネルを運用している中で多くの方々からいただく質問の1つとして、チャンネル開設後の動画をどのように投稿していけばいいか、という質問をいただきます。この質問1つにお答えをしていくにしてもたくさんの観点があり、1つのテーマでお伝えしきることができません。

そのため、今後何度かのパートに分けてお伝えできればと考えています。そのため今回は、最初の投稿動画の重要性やポイントについて、お伝えしていきたいと思います。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTubeチャンネルの初投稿動画が重要である理由3つ

理由1.YouTubeのアルゴリズムに優遇されやすい

YouTube側が公式に言っているわけではありませんが、YouTubeチャンネルの初回投稿動画はアルゴリズム的に優遇されやすいと見られています。つまり、おすすめ表示や関連動画表示がされやすいということです。そのため、2本目以降の動画よりも気合いを入れて作るべきです。

理由2.アルゴリズムとは関係なく再生されやすい

また、アルゴリズムとは関係なく初回投稿動画は再生されやすいです。やはり「最初」「最新」「再生回数が最も多い動画」などは、それこそが特長となりますから、視聴者の興味を引きやすいのです。

理由3.ある程度動画投稿を続けると初回投稿動画が伸びやすくなる

もちろん「質の高い動画を作る」という前提がありますが、ある程度(目安として30本ほど)動画投稿を続けていくと、初回投稿動画がさらに伸びやすくなります。

視聴者側の心理は「このチャンネルすごく面白い!→最初の動画から観てみよう」と動きます。そして「最初の動画」も面白いと2本目以降も全部観てくれるかもしれません。逆に初回投稿動画がイマイチだと、「他の動画が観なくてもいいかな……」と思われてしまってもおかしくありません。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

YouTubeチャンネルに1本目の動画を投稿する4つのポイント

それでは初回動画を投稿するときのポイントを紹介していきます。実は「動画投稿の前段階」から勝負は始まっています。

1.早めにSNSのアカウントを作って宣伝を始める

無名ユーチューバーから世界的なユーチューバーまで、ほとんどの人がSNSアカウントを持っています。あなたももちろんアカウントを作ってください。ただし、初回投稿をしてから慌ててアカウントを作成するようでは遅いです。

具体的には「YouTubeチャンネルを作る(まだ投稿はしない)→SNSアカウントでの宣伝を始める→1~2週間後に初回投稿」と進めていくことをおすすめします。数人くらいであれば動画投稿前にチャンネル登録をしてくれるかもしれません(この時点ではゼロでも構いませんが)。

宣伝方法としては、

・「自分のチャンネルと傾向が似ているチャンネル」のファンをフォローする

・フォローしたら宣伝のダイレクトメッセージを送る

・1日数回つぶやく(チャンネルと関係のあるツイートのみ。時事ネタを交えてつぶやくと注目されやすい)

などがあります。ただし、ダイレクトメッセージの「宣伝色」が強すぎると逆効果になるので、例えば「はじめまして○○チャンネルと申します!○○系の動画を投稿するチャンネルです!○月○日の○時に初回投稿予定です!もしご興味があれば、ご覧ください!」くらいのサラッとしたものにしましょう。

また宣伝の期間をあまり長くすると、早い段階で興味を持ってくれた人に忘れられていく可能性があるので、1~2週間くらいにしておきましょう。

2.初回投稿動画のクオリティを極限まで高める

冒頭でお伝えした通り、初回投稿動画は2本目以降の動画に比べて重要性が非常に高いです。

ですから時間をかけてしっかり作り込みましょう。目安として「120パーセントの力をこめて作った動画ですか?」と聞かれて、「はい!」と即答できないのであれば、まだクオリティを上げていくべきです。

また、そもそも

1本目の動画:いつ投稿してもいい

2本目以降の動画:ある程度のペースで投稿するべき(できれば曜日・時間を決めたい)

という差があるため初回動画の投稿を急ぐ理由がありません。(2本目以降の動画については60~70%程度の力で作り、投稿していくことも必要になっていきます。コンスタントに投稿し続けることが大事です)

3.初回を「自己紹介動画」にするのは絶対にNG!

そしてYouTube投稿初心者にありがちですが、初回を「自己紹介動画」にするのは絶対にNGです。

理由は単純で「誰もあなたには興味がないから」です。視聴者が関心を持っているのは、あくまで「動画」に対してでしかありません。

「でも自己紹介動画を出しているチャンネルも多いけれど?」と感じるかもしれませんが、そういったチャンネルの大半は、芸能人など「他の分野ですでに有名になっている人」のものであるはずです。(多くの人は「YouTubeチャンネル=人気のあるチャンネル」という連想をするでしょうから、自己紹介動画が必要に思えるのも無理からぬ話ではあります……)

また、自己紹介といっても実際には、「○○チャンネルです。○○系の動画を投稿します毎週○曜日と○曜日に投稿します」くらいしか言うことはないはずです。そのため、わざわざ動画を作る意味はありません(チャンネル概要やバナーなどに記載しておけば十分です)。

4.「チャンネルのテーマに沿った初心者向けの動画」が最適

そして初回投稿動画の内容は、「チャンネルのテーマに合った初心者向けのもの」にするのがおすすめです。YouTubeに限りませんが、どんなジャンルでも基本的に初心者向け内容に対するニーズが大きいです。例えば筋トレ系のYouTubeチャンネルにする場合、「ダイヤモンドプッシュアップで大胸筋を鍛える方法」よりも「初心者にありがちな腕立て伏せの間違い5選!」などのほうが伸びます

また、最初からマニアックな内容にしてしまうと、ビギナーの人が寄り付かなくなります。そのため「中~上級者向けの動画をメインにしたい」のであっても、初回動画だけでは初心者向けにすることをおすすめします。

 

自己紹介動画を作るコツ2選

自己紹介動画を作ってはいけないということではありません。ある程度ファンが増えてきたタイミングであれば投稿するのもいいでしょう。目安としては「収益化が完了した時期(チャンネル登録者数1000人+動画の総再生時間4000時間)」です。ただ、細かいことですが、自己紹介動画とは別に普段の動画投稿もするのがおすすめです(ファンを離さないため)。

つまりこういうことです。毎日投稿をしている→自己紹介動画を出す日は通常の動画も出す、毎週火曜日・金曜日に投稿している→火曜日・金曜日以外に自己紹介動画を出すでは、自己紹介動画の内容に関する注意点を挙げていきます。

自己紹介のコツ1.1分以内にする

たとえファンの人であっても自己紹介動画が長すぎると再生したくなりません。ですから1分、できれば30秒以内にしましょう。「これくらいの時間なら観てもいいか……」という気持ちにさせます。

また、そもそも普通に自己紹介動画を作れば1分でも長いと感じるはずです(それ以上かかるのは冗長すぎます。内容を見直しましょう)。

自己紹介のコツ2.あくまで「チャンネル」の紹介をする|「投稿者の紹介」は不要

「投稿者自身に強烈なキャラクター性がある」という場合を除き、投稿者自体の紹介は(ごく基本的な情報を除き)不要です。特にハウツー系のチャンネルなどは、むしろ「投稿者」は表に出ないほうがいいかもしれません。

 

YouTubeチャンネル紹介動画の構成テンプレート

それでは自己紹介動画の構成のテンプレートを挙げていきます。もちろんあくまで一例ですから、必要に応じて調整してくださればと思います。※また、自己紹介動画に限りませんが基本的にフルテロップにしましょう。

構成1.つかみ

インパクトのあるつかみで視聴者の関心を引きます。

・オープニングムービーを入れる

・いきなり話し始める

・変な登場をする

などやり方は色々あります。反対に「穏やかな映像+曲でしっとり始める」などのやり方は、自己紹介動画には向きません。

構成2.チャンネル紹介

・チャンネル名

・投稿者の名前(何らかの肩書きがあればそれも含めて)

サッとこれらを紹介します。例えば、「最近○○にハマっている投稿者の□□です」などの無駄な情報は一切入れないようにしましょう。「○○チャンネルの○○です。(□□の資格を持っています)」だけでOKです。

構成3.チャンネルの価値の紹介(このチャンネルによって視聴者が何を得られるのかを示す)

例えば、

・このチャンネルの動画を観ると正しい筋トレのやり方が身につきます

・思わず誰かに話したくなる動物系の雑学がどんどん増えていきます

など「あなたはこのチャンネルの動画によって、○○というメリットを得ます」と明確に示します。もちろん「楽しい動画を提供します」などの曖昧なものはNGですので、できる限り「このチャンネル特有のメリット」をアピールしましょう。

構成4.チャンネル登録をするメリット

次は「チャンネル登録をするメリット」を紹介します。(動画を観るメリットではないので注意!)主に、

・最新の動画を見逃さない、すぐに視聴できる

・コミュニティの投稿も見逃さない

・チャンネル登録者だけが参加できる企画もある

などがあるでしょう。「チャンネル登録者をするとこんなに良いことがあるんだな」とイメージさせることで、具体的なアクションを起こさせやすくなります。

構成5.チャンネル登録をお願いします!

これを言うと言わないとでは大違いです。また、「どうすればチャンネル登録できるのか」を具体的に示すのも重要ですから、「ぜひ動画の右下にある、赤いチャンネル登録ボタンをクリックして、チャンネル登録をお願いします!」などと伝えるのがおすすめです。そして「カーソルがそのように動いているイメージ映像」も出しましょう。

構成6.しめの言葉

・投稿日時(毎週○曜日と○曜日の午後○時に投稿していますなど)を言う

・Twitter、Instagramのフォローもお願いします!

・気軽にコメントしてください!

・リクエストお待ちしております(リクエストを受けないスタイルなのであれば言わない)

など「しめの言葉」を入れましょう。こうすることで、動画を観終わってからも興味を持ち続けてもらうことができます。(ですから普段の動画にも、しめの言葉をつけるべきです)

YouTubeの動画編集において、編集スキルや作業の生産性を上げるテクニックは動画のクオリティを担保する上で最重要ポイントと言っても過言ではありません。

しかし、こだわりすぎると動画のUP本数に限界が出てしまい、結果的に上位化、おすすめ動画に上げていくことが難しくなります。そこで今回は、動画編集における優先順位の高いスキルやテクニックトップ3をご紹介させていただきます。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

動画編集を始める前に!編集時間を決めてから編集作業すべし

駆け出しユーチューバーに多いのが、「動画編集に時間をかけすぎて効率が悪くなるというパターンです。趣味でユーチューバーをやっており、「一本一本最高の動画を投稿したい!」というのであればそれで構いませんが、ビジネスとして続けたい場合はそれではいけません。

また、そもそも「編集が凝っている=動画が伸びる」とは言い切れませんから、率直に言って「そこそこ」でも投稿するべきです。こだわり始めるとキリがないので、「この動画の編集には○時間かける」と事前に決めてから編集作業をスタートしましょう。

余談ですが、小説家の中には「推敲し始めるとキリがない。推敲を終わらせる最大の要因は締め切り」と考えている人が少なくないようです。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

YouTubeの動画編集の優先事項3選

それでは動画編集で優先するべき要素を3つ紹介します。限られた時間の中でも、これだけはこなしましょう。

優先事項1.カット編集

「無言部分」や「あー」「えーっと」などの部分をカットする編集のことです。YouTube動画の視聴者は、「何も考えずストレスフリーで観たい」と考えているので、余計な箇所が多すぎると離脱しやすくなります。

他にも、本筋から離れた話、「短時間のうちに同じようなことを繰り返し言っている部分」などは思い切ってカットしましょう。ユーチューバー本人にとってはそこも面白い部分かもしれませんが、視聴者からすれば負担にしかなりません。

これに限らず、ビジネスとしてユーチューバー活動をする場合は、「自分だけが楽しくなっていないか」ということを常に気にしていなければなりません。

優先事項2.テロップ

セリフなどを文字に起こして画面下などに挿入する作業です。先ほどもお伝えした通りストレスフリーにすることが大事ですから、「全編テロップ」が理想です。無音でも内容が分かるのがベストと言えます。テロップを入れるためのソフトもあるので活用してみましょう。

また、ユーチューバー本人の滑舌が悪い場合は、それをカバーする役割もあります。ちなみにテロップは何も全てセリフ通りにする必要はありません。セリフを補助する内容のテロップを入れるのも有効です。

例えば、セリフが「あの人には負けますね」なら、テロップを「あの人(鈴木さん)には負けますね」にするなどです。さらに、「パスタを茹でているシーン」なのであれば、テロップを「パスタをゆでる!」にするなど。

優先事項3.BGMと効果音

BGMがないと味気ない感じがしますから、「動画やチャンネルの世界観」に合う音楽を使いましょう。また、BGMの種類によっては視聴者の集中力を高めることもできます。さらに効果音もつけましょう。ただしあまり多くつけすぎず、「ここ!」という箇所だけにつけることが大事です。そうすることで動画にメリハリをもたせることが可能です。

ただし、BGMや効果音が大きすぎるのは最悪ですから気を付けてください。「話の邪魔をしない音量、かつ後ろのほうで少し聞こえる」くらいがベストです。

 

編集に余裕があれば行うべき「テロップや画像のアニメーション設定」

ここまで紹介した3つの編集作業を行い、時間が余った場合は、動画内のテロップや画像を動かしたりアニメーション設定をしたりすることをおすすめします。

特に15~20分以上など長い動画に関しては、これをすることで視聴者の集中力を多少サポートできるかもしれません。

ただ、「視聴者に与える満足度」という意味では効果が薄いです。ですからあくまで時間に余裕があるときだけ行うべきですし、面倒なのであればしなくても構いません。もっと他のことに時間を使いましょう。

 

 

皆さんは、YouTubeの投げ銭機能「Super Thanks」についてどこまで知っていますか。

「投げ銭を、上手にもらうには?」「利用するメリットデメリットはあるの?」

そんな疑問に答えるべく、今回は2021年の7月にベータ版、2022年4月に本格実装されたYouTubeの投げ銭機能である「Super Thanks(スーパーサンクス)」について解説していきます。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTubeのSuper Thanksとは?

Super Thanksは「投稿済みの動画」に対して「コメント付きの投げ銭」ができる機能です。すでに知名度の高いSuper Chat(スーパーチャット)は「ライブ配信中」に行える投げ銭ですから明確に異なります。

Super Thanksが導入される前までは「投稿済みの動画」に直接投げ銭をする機能がありませんでしたから、より収入を得やすくなったと言えるでしょう。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

Super Thanksを設定できる基準と設定方法

YouTubeチャンネルを収益化していると、Super Thanksも設定できるようになります。主な収益化基準は「チャンネル登録者数1000人以上+直近1年間の動画の総再生時間4000時間」です。

そして設定手順は以下の通りです。

1:YouTubeスタジオを開く
2:画面左にある「収益化」を選択
3:「Supers」をクリック
4:「Super Thanks」をオンにする

これだけで完了です。

 

Super Thanksをもらうコツ3選

それでは視聴者からSuper Thanksをもらうためのコツを3つ紹介していきます。

コツ1:「Super Thanks機能を設定した」と報告する

比較的新しい投げ銭機能ですからSuper Thanksの存在を知らない人もたくさんいます。
そのため「Super Thanks機能を設定しました。もしよければお願いします」と報告することが大事です。

コツ2:Super Thanksをもらえたら感謝を示す

・コメントに返信する
→Super Thanksは動画のコメントとして残ります。ですから必ずそのコメントに返信しましょう

・動画内で名前を読んでお礼をする
→チャンネル登録者数が少ないチャンネルの場合、「コメントに返信すること」がそこまで大きな価値を持たないかもしれません。ですから動画内で「○○さんにSuper Thanksをいただきました。ありがとうございます」と直接お礼を伝えるといいでしょう

・コミュニティタブにコメントを出す
→YouTubeチャンネルには「コミュニティ」というファン用の掲示板のようなものがあります。そこに感謝のコメントを出すのもおすすめです

コツ3:Super Thanksでもらったお金を何に使ったか示す

・いただいたお金で○○を食べました
・いただいたお金で○○を買いました

など「何に使ったか」を伝えると、コアなファンは「私も○○さんのためになりたい!」とSuper Thanksを送ってくれるかもしれません。

 

YouTubeのSuper Thanksに関する3つの注意点

続いてSuper Thanksについての注意点を3つ挙げていきます。率直に言ってSuper Thanksはまだ発展途上であり、活用するのは難しいです。

注意点1:Super Chatに比べると金額が低い

Super Chatは1回で5万円まで投げることができますが、Super Thanksは5000円までとなっています。

注意点2:今のところそれほど収益は望めません

比較的新しい機能であるためか、「Super Thanksを導入している有名ユーチューバー」の動画をチェックしても、それほどSuper Thanksが投じられていないことが分かります。
登録者数1万人以下のチャンネルについても複数調べてみましたが、やはりあまりSuper Thanksが活用されていないようです。
そのためSuper Thanksに対して高望みしないほうがいいでしょう。

また、特に「ライブ配信を頻繁に行っていて、Super Chatも安定してもらっているユーチューバー」にはほとんどSuper Thanksが投じられていないようです。これに関しては、

・Super Chat:ユーチューバーにほぼ確実に生でお礼を言ってもらえる&他のリスナーにもチヤホヤされる
・Super Thanks:コメントへの返信orハートマークをつけるのみになる可能性が高い。他のリスナーからの反応はほぼ期待できない

という差が大きく影響しているものと思われます。

注意点3:Super Thanksに関して貪欲になりすぎると好感度が下がる

・Super Thanksの話題を頻繁に出す
・Super Thanksをくれた人を極端に褒める
・Super Thanksをくれないことに対して不満を漏らす

などのことをしているともちろん好感度が下がります。気をつけましょう。

ちなみに「あまりSuper Thanksはこない」と分かっているためか、Super Thanksを設定していないユーチューバーも少なくありません。

YouTubeをスマホ撮影するメリットとデメリット

YouTubeの動画撮影はスマホで行っても全く構いません。
プロ向けの編集動画や、ガジェット系チャンネルでない限り、今のスマホのカメラは高性能ですから視聴者としても気になりません。

このコラムの著者である私自身、チャンネル登録者20万人まで、通話用のiPhone11ひとつでやってきました。

逆に、先程申し上げたとおり、画質や映像クオリティも評価の対象になるようなチャンネルでは、専用の高性能カメラを使った方がいいでしょう。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTube動画をスマホで作るときの超基本9選

ここでは、より良くスマホ撮影をするための超基本ポイントを9個紹介します。

1.「リングライト」で明るさを確保する

「リングライト」とは、円形のライトの中心にスマホをセットして、そのまま撮影できる機材です。Amazonなどにて数千円で購入できますから調達しましょう。

その他、室内で撮影するなら電気をきちんとつけるなどしてとにかく「明るさ」を確保してください。画面が明るければ映像が荒くなりにくいです。また、画面が暗いと視聴者にとってストレスとなります。

2.水平アングルが無難

カメラを被写体と水平にして撮影しましょう。これが一番見やすいアングルです。上下左右の角度をつけて撮影するというやり方もありますが、動画撮影のノウハウがないと単に不自然になるだけですからやめておくのが無難です。

3.スマホは固定する

「演者の動きに合わせてスマホを動かす」というのはかなりの高等技術です。基本的に、カットごとにスマホを固定してください。もちろんカメラを固定したままであればズーム機能などは使って構いません。

4.ワンカットを長めに撮影する

初心者にありがちなのが、「8分動画を作るつもりで撮影したものの、いざ編集してみたら時間が全く足りない」というものです。特に感覚を掴めるまでは、できるだけワンカットを長めに撮影することをおすすめします。

5.大きな声でハッキリと喋る

「何を当たり前のことを……」と感じるかもしれませんが、視聴者にとって快適なレベルでこれを実践できている人は非常に少ないです。「カメラの向こうに人がいる」「伝えたいことを意識する」などのことを大事にして、最初は自分で少し大げさに思えるくらい、大きな声でハッキリ話してみましょう。

6.やや早口で話す/動画全体のリズムを早めにする

意外かもしれませんが、やや早口(かつ大きな声でハッキリ)で話すことをおすすめします。すると、「テンポがいいから、なんとなく観ていられる」という現象が発生しやすくなります。

また、画面の切り替えを一瞬で行う(余計な演出を入れない)、「えーっと」などを編集で省くなどして、とにかく全体のテンポを早めることを意識しましょう。

7.ずっと同じ声量で話す

後から調節するのは難しいですから、ずっと同じ声量で話すことを心がけてください。話していて疲れてくると声量が小さくなりやすいですから気を付けましょう。また、二人以上で話す場合はそれぞれの声量を合わせましょう。「声の大きさ」というものは人によって全く違うものですから、意識しておかないと編集時に大変な思いをすることになる可能性があります。

ちなみに、「大事な部分だけ大きな声で話す」などはやめたほうがいいです。視聴者からすると、「突然音が大きくなって不快」でしからないからです。その時点でブラウザバックされてしまってもおかしくありません。

8.話の区切りの目印をつけておく

例えば、「話の最初と話の終わりに手を叩く」などと決めておくと、編集するときに混乱しにくくなります。特に撮影者と編集者が異なる場合は、必ずこのような「目印」をつけておきましょう。

9.撮影データの管理方法をあらかじめ考えておく

スマホの容量のことを考えると、撮影した動画のデータは早めにパソコンに移動させる必要があると言えます。そして撮影してからアタフタしないためにも、「データをどう移すか」を事前にきちんと確認しておきましょう。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

YouTube動画をスマホ撮影するポイントおさらい

以上9つの超基本ポイントを押さえ、お手軽に効果的にチャンネルの運用を始めてみてください。

また、下記再度ポイントの確認となります。

1.「リングライト」で明るさを確保する

2.水平アングルが無難

3.スマホは固定する

4.ワンカットを長めに撮影する

5.大きな声でハッキリと喋る

6.やや早口で話す/動画全体のリズムを早めにする

7.ずっと同じ声量で話す

8.話の区切りの目印をつけておく

9.撮影データの管理方法をあらかじめ考えておく

YouTube(ユーチューブ)で大切な指標となるが視聴維持率です。

このコラムでは、現役の人気ユーチューバー自身が、2年で登録者20万人を達成したリアルなコツや裏技を紹介していきます。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

視聴維持率とは?言葉の意味を解説

ビジネスとしてYouTube動画投稿をしている人の多くが、動画の長さを8分以上にしています。なぜなら8分を超えていれば、動画の途中にも広告をつけることができるからです。ただ、せっかく8分動画を作っても「再生中に離脱する人」が多くては収益が低くなってしまいます。これを、「視聴率維持率」と言います。この視聴維持率が低いと、他の動画の関連動画として、レコメンド表示されにくくなります。

そこで、必要なコツを「視聴維持率を伸ばす!8分動画の必勝6段構成」と題して解説していきます。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

視聴維持率を伸ばすコツは8分動画のおすすめ6段構成

ステップ1:いきなり「謎の残る主張」をする

動画の開始1秒で、「謎の残る主張」を出してください。あいさつ、自己紹介、オープニングムービーなどを入れたくなるかもしれませんが、率直に言って「誰も興味がない」ので、まずは本題の主張をしてください。

そのあと、入れたければオープニングムービーなどを入れましょう。ただ、あまり長いと鬱陶しいので数秒で終わらせてください。「謎の残る主張」をするためのポイントは、

・結論を言わない(言ったらこれ以上観る必要がなくなり離脱します)

・「え、それってどういうこと?」と思わせる

の2点です。

ステップ2:あいさつ、自己紹介

「誰も興味がない」とは言ったものの、すでに「謎の残る主張」をしてあるので、自己紹介などをしても離脱されにくいです。ここでは「普段から○○ジャンルの動画投稿をしています」など、「他の動画も観たくなる自己紹介」をするのがポイントです。

ステップ3:「チャンネル登録お願いします」

「チャンネル登録お願いします」などのコメントを動画の最後に出すユーチューバーが少なくありません。ただ、そのタイミングにおける視聴者は、動画への興味が極端に薄れている状態ですからチャンネル登録の催促をしてもほとんど意味がありません。

ですから、「普段から○○ジャンルの動画投稿をしています。ぜひチャンネル登録をお願いします!」などと流れるように、お願いしてしまいましょう。

ステップ4:本題(謎の残る主張へのアンサー)

本題です。「謎の残る主張に対する答え」を出すつもりで内容を作り込みましょう。「あなたの主張を論破しようとしてくる人を説得する」というイメージを持つと動画を作りやすくなります。

例えば、「筋トレは週2回におさめるべき」という主張をする場合、その理由を5つほど挙げるでしょう。しかし、「いやいや○○についてはどうなるんですか?」と聞いてくるはずですから、それを想定してさらに回答します。このように「想定される質問→それに対して答える」という感覚で内容を作っていくと、自然に8分を超えさせやすくなります。

ステップ5:今回の内容をまとめる

「この動画で言いたかったことは何か」を改めて簡単にまとめます。このタイミングで、「視聴者を100パーセントすっきりさせる」のが理想ですから(あくまで理想ですが)、ここで補足を入れたり、新たな情報を付け加えたりするのはやめましょう。

ステップ6:終わりのあいさつ・チャンネル登録お願いします

「本日もありがとうございました。もしよろしければチャンネル登録・高評価お願いします!また次の動画でお会いしましょう!」くらいの簡単なもので構わないので、終わりのあいさつをすることをおすすめします。締めのあいさつが全くないと、親近感を持ちにくいですからね。

 

視聴維持率のアップはファンづくりが大切!

駆け出しユーチューバーのうちは、数的に全部対応できるはずです。

動画についてコメントには全て返信しましょう

投稿した動画についてコメントには全て返信しましょう(スパム、中傷などのコメントは消す)。するとコメントしてくれた人がファンになり、視聴維持率がアップする可能性が高まります。

また、コメント欄を見ている人に「真面目な人だな」と思わせることができ、多少ですが良い影響が出るかもしれません。

YouTube(ユーチューブ)の動画のベストな長さはどれぐらいがいいのででしょうか?

動画は8分以上にすると、動画の途中にも広告(ミッドロール広告)をつけられるようになり収益が上がり、稼ぎやすくなります。そのため、近年のYou Tube動画は「8分○秒」以上のものが多いです。

そこで今回は、「最後まで観てもらいやすい8分動画の作り方」について解説します。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTubeのベストな動画の長さは?

「8分間ずっと楽しい・面白い内容にしなければならない」という事ではありません。もちろんそうできるのが理想ではあるものの、現実的に考えて厳しいですし、頻繁に動画を投稿する場合はネタも尽きていくかもしれません。

・最後まで視聴されやすい8分以上の動画を作る

・それでいてコンスタントに動画を出す

という両方を満たすためには、「途中で離脱される要素をなくす」と考えることをおすすめします。そもそも8分以上という長い動画を再生する時点で、それなりに興味を持っているはずですから、「ずっとすごい情報を伝え続けないと!」などと身構える必要はありません。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

最後まで視聴されやすい8分動画を作るためのポイント5選

ただ、単に動画の時間を無理矢理引き延ばせばいいというものではありません。「視聴時間(動画を閉じるまでの時間)」はYouTube側で計測されており、離脱が早ければ早いほど、「他の動画の関連動画」などとして表示されにくくなると言われています。

そこでもっとも大切なコツが以下になります。

基本は視聴者にストレスを与えない

1)BGMが大きすぎる

2)音が小さい(対策として、一度イヤホン無しで聞いてみよう)

3)「えーっと」「あー」などが多い

4)テロップが見にくい

5)画面が暗い

などのストレスがあると「もういいや」と離脱する人が多いです。理想は「ぼーっとしながらでも内容が頭に入ってくる動画」です。最初からそのクオリティの動画を作るのは難しいですが、少なくとも「視聴者がなんらかの努力をしないと観にくい動画」を投稿するのはNGです。

 

飽きないYouTube動画の作り方のコツと解決法

再生した人の期待を裏切らない

視聴者はサムネイルやタイトルを見てから動画を再生します。そして、「サムネイルやタイトルを見て浮かんだ疑問、期待、関心、ワクワク……」などを裏切らない動画内容でなければなりません。

例えば、タイトルに「衝撃」と書いてあるにもかかわらず、ありきたりな内容ではいけませんし、サムネイルで「誰も知らない!」と言っているのに、常識的なことを伝える内容ではすぐに離脱されます。

結論を全部先に言うのはNGです

意外に思えるかもしれませんが、結論を全て先に言ってしまうのは厳禁です。作文であれば、「結論→理由……」という構成が好まれますよね。ですが、YouTube動画でそれをやってしまうと、「へえ、そうなんだ。分かった。じゃあもう観なくていいや」となるだけです。

YouTube視聴者の多くは、「結論」が知りたいだけであって、「その結論に至る細かな理由」にはそこまで興味がありません。と言いますか、「すでに結論を知ったのに、それ以上時間をかけてまで理由を知りたい人」は少ないと考えるべきです。結論をある程度最初に言うのも悪くありませんが、あくまで「ある程度」にしましょう。

例えば、「虫歯防止にはフッ素入りの歯磨き粉を使いましょう」が結論だとすると、動画の冒頭では「虫歯防止には歯磨き粉を使うべきですが、普通の歯磨き粉よりも……」くらいで抑えるようなイメージです。

 

8分を超えないYouTube動画の基本は「減点要素をつぶしていく」

また、どうしても動画を8分以上にできない場合は、できるだけ再生時間を短くしましょう。

8分以上にできないなら、少しでも短くする

「1分」でも「7分59秒」でも、つけることのできる広告の数は変わりませんから、「再生されやすさ」を考えて動画の時間を短くするべきです。

普段の動画に数秒のOPEDアニメをつけているのであれば、それを省略してもいいくらいです。「今日はいきなり本題!」などと一言添えておくと自然ですね。