学生必見!PR会社に就職するためのコツとアドバイスをまとめてみたよ
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2019.08.09

学生必見!PR会社に就職するためのコツとアドバイスをまとめてみたよ

働く笑顔の女性

PR業界は就職市場において注目を浴びている業界でもあります。とはいえ、よく業界のことを分からない人もいると思いますので、PR会社に就職するために必要なことを解説していきます。

PR会社とは

PR会社は、企業や組織の担当者に代わり、広報PR業務を行う会社のこと。従来のマスコミだけでなく、SNSやオウンドメディアなどの媒体も登場してきており、情報の拡散経路が増加傾向にあります。そのため、広報PRの手法も変化しており、業務領域も拡がってきています。
広報PRの基本概念は「社会との信頼の構築」です。単に認知を上げるだけではなく、社会からの理解や信頼も同時に考えていくのが広報PRの進め方であり、それをサポートするのがPR会社の役割です。

PRの仕事内容と役割

面接する女性

PRの職種と近いものに広報があります。PRとは、企業・商品のブランディングや戦略立案、マネタイズ、売上まで意識した仕事です。一方、広報は企業の情報発信を行うことでブランディングを行うことが主な仕事で、社内広報、社外広報、報道対応などに別れます。
PRの仕事は、クライアント企業における経営上の問題や課題を戦略的に俯瞰し、ビジネスを優位に進められるように導くことです。トータルで物事を考え、結果を出していくことがPR会社のミッションであり、存在価値です。

*関連リンク:PR会社の基本的な仕事内容を知ろう!

 

 

PR会社のやりがいや魅力、理想の人物像について

ヒントを探す男性

PR会社のやりがいや魅力は、なんといっても自社の業績と、クライアントの経営や事業活動にダイレクトに貢献できるということです。クライアントの課題やニーズを引き出したり、クライアントがターゲットにしているマーケットの分析や、効果測定などを行ったりします。そのため高度なスキルが求められ、難しい分野でもありますが、その分やりがいがある分野ともいえます。

◎PR会社を志す学生に必要な資質は

広告界全体が社会貢献をいかに体現できるかということに挑戦をしています。そのため、「社会貢献に結びつくようなことをしたい」「広告やプロモーションで世の中を良くしたい」と考えられるような学生が欲しいのですが、その一方で企業としてクライアントを満足させるという部分まで対応できる「バランスの良い人材」が求められています。

◎学生時代にやっておいた方が良いこととは

業界の人の話をたくさん聞くことです。業界全体の構造、その会社のビジネスモデルに関心を持つことが重要です。リアリティが感じやすい若手社員の話を聞くこともいいのですが、経営層や、長期的目線で物事を見ている人の話も聞いておくと良いでしょう。

◎採用したい学生は人間性に優れていること

PR会社に入社すると、世の中に情報やメッセージを発信していくこととなります。企画を立案、予算の管理、スケジュール調整、実際の運営に至るまで全てをこなす働きが求められるようになります。そのような状況において、重要なのは「人間性が優れていること」に尽きます。あくまでも、PR会社はコミュニケーションビジネスです。そのため、公明正大で、誠実に人と向き合えることが基本であると同時に最重要事項です。礼儀や礼節は社会常識ですのでちゃんとできる人が望ましいです。

PR会社というと、どうしても優れたアイディアを生み出す企画力などが重視されがちですが、社内やクライアント、協力会社と適切な人間関係を形成できる人が良い仕事を生み出しやすいのです。

関連リンク:PR会社に転職するには?気になる平均年収も調べてみたよ

move to top