日経攻略
page_heading_icon

日経攻略

日経本誌、日経産業、日経MJ、その他日経紙へ
集中的なアプローチをいたします。

日経媒体は、日本を代表する総合ビジネス紙です。それだけ、認知度もあります。
全国紙の中でも経済専門誌としてビジネスパーソンを中心に読者を集めている日本経済新聞。発行部数では朝日、読売に及びませんが、経済界に与える影響力は大きいものがあります。
日本経済新聞(本誌)のほかに、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、Nikkei Asian Reviewを発行しています。

 

日経新聞へのアプローチの基本

PR会社の使命として日経新聞社への的確なアプローチ、企業広報と担当記者との人脈構築やリレーション支援、さらには大きな紙面での有益な露出を目指すための記者クラブの活用、事前準備、場合によってはリークなどが強く求められます。

日本経済新聞と一口にいっても、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経情報ストラテジー、日経ウーマン、Nikkei Asian Reviewを発行しています。その種類も購読層もさまざまです。
これらの特徴をおさえずに、記者に直接連絡をしたり、リークや投げ込みをするのは失礼に当たります。
以下に一覧として特徴をまとめてみました。参考にしてください。

日本経済新聞 国内外の景気動向や企業業績、設備投資、経営戦略などマクロ・ミクロの経済情報をいち早く伝える新聞(経済紙)。
日経産業新聞 日本経済新聞社が発行している、産業・企業情報に特化したビジネス総合紙。
日経MJ 日本経済新聞社が発行している消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙。
日経トップリーダー 攻める経営者のための羅針盤となる経営情報誌。きめ細かな取材が特徴。書店などでは手に入らず、直接購読を申し込む。
日経ヴェリタス 日本経済新聞社から発行されている週刊投資金融情報専門紙。
Nikkei Asian Review 成長著しいアジア経済圏の実像を、アジアにいる日経ならではの視点で発信する英字雑誌。
 

企業の成長力、躍進のきっかけとなる媒体

企業の成長力、躍進のきっかけとなる媒体

日経に取り上げられることで、事業への影響力はもちろんですが、採用や営業にも転換できます。
そして、企業ブランディングにも威力を発揮することでしょう。展示会やセミナーでも、あなたの会社やサービス、商品の信頼度を向上させることが可能です。
なにより、読者の大半はビジネスマンであり、大手・中小企業を問わず経営者であったりします。
日経新聞に自社の商品やサービス、ブランドが記事として掲載されれば、その反響の大きさは測り知れません。
大手から中小企業まで、経営者、やり手のビジネスマン、情報収集に熱心な人で日経を見ない人はいないからです。

「日経に記事として掲載されたら、問い合わせが殺到した」
「WEBサイトのアクセスが10倍になった」
「セミナーの集客がしやすくなった」
「上場企業から提携のオファーがきた」
「ベンチャーキャピタルから出資の依頼がきた」

などの例は枚挙にいとまがないほです。
まさに企業の成長力、躍進のきっかけとなるのです。

バリュー(価値)をつくり、取り上げてもらう

バリュー(価値)をつくり、取り上げてもらう

しかし、実際にはどのようにコンタクトを取ればいいのか、どうしたら掲載してもらえるのか、そもそも日経メディアの各紙がどのように、誰によって作られているのか、どんな特徴を持つメディアなのか、理解していなくてはなりません。
たしかに、日経へのアプローチは簡単なことではありません。
しかし、ここではっきり言えることがあります。
これまでたくさん広告・営業費用をかえてきたのであれば、一度真剣に日経への掲載を目指すことです。
それだけで、あなたの会社のエネルギーが大きく飛躍することでしょう。
メディアがネタを取り上げる場合、それなりのバリュー(価値)があるかをまず考えます。
では、バリューとは何でしょうか。

  • 初めて、新しい
  • ナンバーワン
  • 最大、最小
  • オンリーワン、珍しい
  • トレンド・時流
  • ストーリー性(物語、秘話)
  • 人物性
  • イベント関係

などがあげられるかと思います。
日経攻略を考えるときには、ニュースとして取り上げることの価値がどこにあるのか、ということを常に念頭において、プランを立てる必要があります。日経攻略は共感PRをはじめ人気作家であり、大学客員講師もつとめる弊社代表が陣頭指揮を執ります。(詳しいプロフィールはこちら
その方法と実践を、是非フロンティアコンサルティングにお尋ねください。

よくあるご質問

move to top