Youtube広告をマスターしよう!動画広告のメリットデメリットや活用ステップについて解説
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.07

Youtube広告をマスターしよう!動画広告のメリットデメリットや活用ステップについて解説

引用画像_Youtube広告とは

動画広告は、選んだターゲットに期間と予算を限定して動画を表示することができます。たとえば、ファッション好きで、東京都在住、女性、20代といったターゲットが広告のターゲットだったとします。

すると、そういったターゲットに向けて制作した動画広告を表示することができるのです。期間と予算はたとえば、配信期間7日間、広告予算50万円といった具合になります。

動画広告の利点は、ターゲットユーザーからの視聴を確実に獲得できるという点です。

 

Youtube広告とは何か?

動画の活用でいうと、まず真っ先に思い浮かぶのが動画広告(TrueView広告)ではないでしょうか。

YouTubeで何かの動画を視聴しているときに、その動画の開始時や途中でいきなり流れる広告のことです。動画をスキップできるものや、スキップできないものなどさまざまな種類があります。

動画広告の配信を許可するかどうかというのは動画を公開しているユーザーに選択権があるのですが、広告を実際に配信するかどうかについては、実はYouTube側に選択権があります。

動画広告は、指定したターゲットやユーザーに向けて配信することが可能です。ターゲットの設定は、年齢や性別、ユーザーの興味、関心など、詳細に決めることができます。

たとえば、20代の女性向けランニングシューズの動画広告を配信したい場合には、広告を配信する対象は、20代、女性、ランニングやフィットネスに興味があるユーザーと設定するだけでなく、健康に興味があるユーザーにも表示させることができます。

 

Youtube広告のメリットと運用ポイント

動画広告の良さは、なんといっても「短期決戦に向いている」これに尽きます。

たとえば、動画の公開から1週間以内にどういった理由があってもいいので、とにかく多くのユーザーに動画を認知させたいという場合に、動画広告は確実に視聴を獲得することができます。

そのため、テレビCMなどを動画広告の場として使用する企業は数多く存在しています。

しかし、ユーザーの視聴を獲得できたとしても、ユーザーを商品のWebサイトなどへ誘導するためには、動画広告の設計に一工夫が必要となります。

それは、ターゲットユーザーの興味を引くようなシーンを動画の冒頭に入れて引き付けたり、最も伝えたいメッセージをどのタイミングでユーザーに見せるのかといった動画自体の設計が重要となるのです。

このような工夫により、動画広告でユーザーからの知名度を得て、そのままWebサイトへの誘導に成功させることができるのです。

 

Youtube広告の種類

YouTubeなどの動画コンテンツ内で再生される広告をインストリーム広告といいます。

インストリーム広告は従来のバナー広告と比較して、映像、音声、文字の表現で構成され、表現の幅が広がっています。また、商品やサービスの魅力をユーザーに訴求しやすいという特徴があります。

他には、Webサイトで使用される、インフィード広告、インバナー広告、アプリ広告などがあります。

 

Youtube広告は短期決戦のプロモーション向け

動画広告とは、動画の視聴中に差し込まれる動画です。この広告は、細かなターゲティングができます。動画広告は、どちらかというと短期決戦のプロモーションに向いています。