【有料級】あなたのYouTubeチャンネル登録者はなぜ伸びないのか?開始2か月で3万人突破してわかった効果的に増やす方法
コラム
動画PR・YouTube
2020.10.01

【有料級】あなたのYouTubeチャンネル登録者はなぜ伸びないのか?開始2か月で3万人突破してわかった効果的に増やす方法

引用画像_チャンネル登録者の伸び率

ユーザーがYouTubeチャンネルに求めるものを満たせば、チャンネル登録を効果的に高めることできるでしょう。

ここでは、広報担当者がマーケティング責任者が知るべき「チャンエル登録を増やす仕組み」について大公開していきます。有料級の情報となりますので、ぜひ最後までお読みくださいね♡

YouTubeのチャンネル登録はなぜ伸びないのか?

動画に対するユーザーの反応というのは非常にシンプルなもので、興味があれば視聴を続け、無ければ離脱をします。
なぜなら、ユーザーは動画を気に入れば「高評価」のボタンを押して、無関心であれば何もアクションを起こさないものだからです。

たとえば、動画に対して意見がある場合にコメントをすることもあれば、誰かに共有したいと思えばSNSで共有することもあります。このように動画に対するユーザーの反応は目に見えて返ってきます。

一方で、チャンネルに対するユーザーの反応は動画と比較して見えづらい部分があります。なぜなら、ユーザーはチャンネル内の動画を1本視聴したからといって、他の同じチャンネル内の動画を視聴するとは限らないからです。

たとえば、今あるニーズだけを満たすために動画を視聴し、その欲求が満たされれば他の動画を視聴する理由がなくなるからです。しかし、チャンネルに対する興味を持つ場合というのもあります。

 

ユーザーはチャンネル登録に対して「特定の何か」を求めている

ユーザーは、どのようなきっかけでチャンネル登録を行うのでしょうか。

それは、ユーザーの求める「特定の何か」を満たしてくれているかどうかということによって判断される傾向があります。

なぜなら、ユーザーが継続的に視聴してみたいと思える要素がチャンネル内に存在していれば、彼らは次に公開される動画も視聴したいと考えて、チャンネル登録を行うからです。

たとえば、趣味と関連する知識や経験の公開ものは継続的に視聴したいと考えます。つまり、ユーザーが持っている趣味や興味について取り扱うチャンネルは、ユーザーとの共通点が存在するので、動画を視聴することでユーザーにとっても収穫のある動画となる可能性があるからです。

 

まとめ 趣味の延長上の知識欲を満たせばチャンネル登録したいと考える

チャンネル登録者を多く獲得しているチャンネルには、理由があります。ユーザーは何かがきっかけとなってチャンネル登録を行うのです。

また、趣味の知識に関する動画や、自分は行わないけれど見てみたいというような動画は、ユーザーのニーズを満たしているといえます。

こうした動画が複数公開されていることで、彼らは定期的に視聴したいと考える可能性は高まるのです。