タイトル、タグ、概要欄、ジャンル、視聴時間などYoutube動画データの設計を全部まとめて解説
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.24

タイトル、タグ、概要欄、ジャンル、視聴時間などYoutube動画データの設計を全部まとめて解説

引用画像_動画データ

動画データの最適化とは、動画のデータ設定で誰に表示させるべき動画なのかをアルゴリズムが判断することをいいます。

自然流入によって視聴回数を増やすことで単なる動画の保管庫ではなく、ターゲットユーザーの視聴状況を考えたデータ最適化が必要になる、といった考え方です。

広報やマーケティング担当者でも、慣れてしまえば自分でできます。ここでは、その考え方と方法をまとめてご紹介していきます。

 

動画データの重要性とは?

動画データの重要性は、まずユーザーにきちんと表示されるためにデータ設定が必要であるということがいえます。

YouTubeを動画の保管庫として利用するのではなく、自然流入を増加させることで、より多くの潜在顧客へのアプローチをするために、このデータ設定が重要となるのです。

なぜなら、動画には、タイトル、タグ、概要欄、サムネイル、言語、ジャンルなど、さまざまなデータを設定することができます。

アルゴリズムは、アップされた動画だけを見てその内容を完全に把握することはできません。そのため、これらのデータ設定を参照することで、誰に、どのような動画を表示することが的確かを決定しています。

たとえば、動画のクオリティの高さは「どれだけ最後までみたいと思うか」というユーザーの視聴モチベーションを測定していると考えられています。

 

動画データの設計がもたらすメリット

動画データの最適化として挙げられるのが、動画のタイトルです。タイトルだけは自社の広報やマーケティング担当者が自ら決めることが必要です。

特定の動画を視聴したいと考えたユーザーが、どういったキーワードで検索する可能性があるかを想定して、タイトルを決定することが大切です。

ただ、アルゴリズムのためだけにタイトルを想定してしまうと、今度はユーザーが検索しづらいタイトルとなってしまいます。ユーザーが見ても自然で、アルゴリズム的にも理解しやすいタイトル付けが必要となります。

なぜなら、動画には「タグ」「概要欄」といった、アルゴリズムに動画の内容がどのようなものかを理解させるためのデータがあり、たとえば、再生リストを作成している場合は、「どの再生リストに含むか」といった設定も可能です。

 

まとめ アリゴリズムを味方につけよう

動画データは、動画をユーザーへ表示されることで初めて効果を発揮します。

また、動画データの最適化における細かい設定では、「コメントをどのように処理するか」「動画の撮影場所はどこか」などがあるのですが、それらをひとつひとつ設定していくことで、アルゴリズムに少しでも動画の内容を伝えることができるのです。