Youtubeの終了画面で他番組に誘導しよう!動画最適化は制作する前からはじまる
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.18

Youtubeの終了画面で他番組に誘導しよう!動画最適化は制作する前からはじまる

Youtubeの最適化と終了画面

動画の最適化について紹介したいと思います。

動画をYouTubeで視聴される前提で、動画構成と長さの最適化を行います。動画の長さや、テロップの大きさ、最後に終了画面を入れるかどうかといったことを最適化していきます。

広報担当やマーケティングプランナーが知っていれば、動画を使った自社のブランディングを他社より有利に展開できるはずです。

簡単ですので、ここでマスターしてしまいましょう♡

 

動画の流れによる最適化

チャンネル設計によって、どのような動画を作るべきかということが決まると、次はその動画を実際に制作していくという段階に入ります。

■ストーリーのシナリオを構成しよう

このとき重要となるのが、動画構成です。動画構成というのは、伝えるメッセージの「起承転結」を設計するということです。なぜ視聴しているのかというユーザーの視聴目的を中心として、どういった構成で、何を伝えるのかを明確にすることが重要となるフェーズです。

動画の編集もアルゴリズム最適化と間接的に関連してきます。ここでスマートフォンからの視聴が多いのか、またはパソコンからの視聴が多いのかで、文字の大きさなどを決めていきます。

■終了画面で他の動画に誘導しよう

チャンネル内ですでに公開されている他の動画へ、ユーザーを誘導していく場合に、動画構成の段階で、どのように誘導していくのかを考えておく必要があります。

たとえば有効なのが、終了画面です。終了画面を活用する場合、最後のシーンをどういったふうに終えていくのかもあらかじめ決めておく必要があります。

 

動画の長さによる最適化

動画をどのくらいの長さにするのかといったことも、あらかじめ想定して考えておく必要があります。

アルゴリズム最適化の観点からみると、アルゴリズムが総再生時間数を重視している以上、あまりに短い動画では最適化の効果が出にくくなります。見ていて飽きないくらいの、どの程度の長さの動画にするのかについても検討する必要があります。

動画は長い方がアルゴリズムが好みやすくなる傾向にありますが、最後まで視聴されなくては元も子もありません。最後まで視聴されなくては、伝えるべきメッセージがユーザーに伝わらず、さらにアルゴリズム最適化の点からみても、良い結果を出さない傾向にあります。

アルゴリズムは、ユーザーがどの程度、最後まで視聴しているのかを重視するために、ユーザーを最後まで惹き付けるための工夫が必要となってきます。

 

まとめ 動画を作る前から最適化は始まる

動画を作る前から動画の最適化は始まります。動画編集もアルゴリズム最適化の一部です。そして長い動画を制作するには、そのための工夫が必要となります。