Youtube内でのチャンネルデータとチャンネルページの最適化をマスターしよう
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.23

Youtube内でのチャンネルデータとチャンネルページの最適化をマスターしよう

引用画像_WEBマーケッター

チャンネルデータとしての最適化では、チャンネル自体もデータ設定ができます。

チャンネル名やタグなどのデータを設定する必要がある、チャンネルページをカスタマイズしてチャンネルの方針をユーザーに訴求する、といったことから行われます。

Youtubeを企業ブランディングに活用したい広報やマーケティング担当者もぜひ覚えておきましょう。

 

チャンネルデータの最適化とは?

YouTube検索で企業名を入力したときに、きちんと企業の公式YouTubeチャンネルが検索したときに上位に表示されるためにも、ユーザーがどのような検索キーワードで、企業名を調べているかを把握した上で、チャンネル名を決定する必要があります。

なぜなら、YouTubeチャンネルには、そのチャンネル自体にデータを設定することができます。そして、チャンネルデータの中で特に重要となるのがチャンネル名だからです。

■タグも重要な役割を果たす

チャンネルデータはその他にも、チャンネルに対しタグを付けることができます。

たとえチャンネル名にユーザーの検索キーワードが含まれなかったとしても、タグにキーワードが含まれていれば、結果的に表示結果に表示される可能性は高くなります。

■透かしでチャンネル登録を誘導

また、検索対策だけでなく、動画の中でユーザーがチャンネルを登録しやすくするためにも設定が重要なのです。この設定は「動画の透かし」と呼ばれ、動画を視聴中に右下に表示されるチャンネル登録ボタンの設定です。

チャンネル登録ボタンは、動画のどの位置に表示させるのかを選択することができます。

 

チャンネルページの最適化も同時に行おう

チャンネルページでは、ユーザーのチャンネル登録状況に合わせて、見てほしい動画をチャンネルページ上で設定することが可能です。

その他にも、再生リストや作成してチャンネルページ上でそれらの動画を一覧で表示させることで、どのような動画を公開しているチャンネルなのかをユーザーに訴求することもできます。

なぜなら、YouTubeチャンネルに興味を持ったユーザーが、そのチャンネルが他にどのような動画を公開しているのかを調べることがあります。

そのときユーザーが閲覧するのがチャンネルページです。具体的にいうと、チャンネルページとは、YouTubeチャンネルがどのような動画を公開しているのいかをまとめたWebページのことです。

 

何を、どの順番で、ユーザーに訴求するか

上位に表示されるためには、ユーザーがどのような検索キーワードで、企業名を調べているかを把握した上で、チャンネル名を決定する必要があるのです。

また、チャンネルページの最適化とは、見てほしい動画をチャンネルページ上で設定することや、再生リストや作成してチャンネルページ上でそれらの動画を一覧で表示させることで、どのような動画を公開しているチャンネルなのかをユーザーに訴求させることといえます。