動画広告と自然流入による動画視聴の比較と違いを徹底解説しました
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.12

動画広告と自然流入による動画視聴の比較と違いを徹底解説しました

引用画像_動画データ

アルゴリズム最適化による動画の表示と、動画広告の違いとしては、どのようなものがあるでしょうか?

広報担当やマーケティング担当者としては、ぜひ知っておいてほしい知識ばかりです。ここで、まとめて紹介していきましょう。

 

アルゴリズム最適化による動画配信と動画広告の違い

アルゴリズム最適化は、動画コンテンツとして自然にユーザーによって視聴されるものです。
いっぽう、動画広告は一定期間予算や日数という制限を設け動画を表示するという違いがあります。

アルゴリズム最適化は、トップページやYouTube検索、関連動画に表示がされ、ユーザーが自分からクリックして視聴するためユーザーからの関心を得られやすいという一面を持っています。

 

コンテンツとして視聴されるアルゴリズム最適化

いっぽう、動画広告は「他人の動画が視聴される」その再生の流れの中で表示されるものです。

それに対して、アルゴリズム最適化は、自然流入により「自分の動画」の視聴回数を増やすための施策です。自分の動画を1つの動画コンテンツとして、ユーザーに能動的に視聴を行ってもらうというものだからです。

◎自然流入こそがファンへの第一歩

たとえば、検索順位の上位に表示させたいキーワードでユーザーが検索したときに、自分の動画がきっちり表示されるよう設定を行ったり、自分の動画と似ている他人の動画の中に、関連動画として表示させる、トップページに表示させるといったことで、検索以外の自然流入を獲得することを目的としています。

◎次から次へ動画閲覧を誘発してチャンネルパワーを強化できる

動画広告は、一時的に視聴回数を増やすことを目的としたもので、予算や日数といった縛りがあるため、獲得できる視聴回数にも限界があります。

比較して、アルゴリズムの最適化による動画は、一定の視聴回数を定期的に確実に獲得するということを目的としており、長期的に継続して行っていく施策となります。同時に、視聴者にファンになってもらうことで、自分のチャンネルで公開しているすべての動画を連続して閲覧してもらい、ユーザーの興味や関心を惹くようにしていきます。

 

動画広告の良さとアルゴリズム最適化の良さ

動画広告と、アルゴリズム最適化には、それぞれの良さというものが存在しています。

動画広告の良さとしては、限定的な期間に集中して、多くのユーザーにアプローチが行える点です。期間限定の商品やサービス、または季節性の高い動画を配信して、期間内により多くのユーザーの目に触れるような機会を獲得します。

一方、アルゴリズム最適化は、期間に左右されるといったことがありません。

普遍的な内容を含む動画に対して行う、といったことに向いています。

たとえば、商品の使用方法や提供しているサービスにどのような魅力があるかなど、短期間で変わらない内容の動画に対して行います。

こういったメッセージは、広告として扱うには不向きな面もあります。商品やブランドの認知度を高めるためには、動画広告を用いて、ブランド価値や商品価値の理解を促すためにはアルゴリズム最適化を行うといったような使い分けが必要となるのです。

 

まとめ 自然流入からコンテンツをユーザーに動画視聴してもらう

アルゴリズム最適化と動画広告の違いは、自然流入からコンテンツをユーザーに動画を視聴してもらうという点です。さらに、視聴回数を継続的に増加させるための施策です。

普遍的な企業情報の訴求や広告に不向きなメッセージの伝達に、アルゴリズム最適化は向いています。