Youtubeビジネスで成功するには誰に見てもらうかを最初に決めよう!アルゴリズム最適化はその後だ
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.04

Youtubeビジネスで成功するには誰に見てもらうかを最初に決めよう!アルゴリズム最適化はその後だ

画像_Youtubeビジネスの成功の仕方

基本的なアルゴリズム最適化の目的は、動画を最後まで視聴してもらうことです。

たとえば、最適化前の状態で、動画を公開する人が、漠然と「動画を色んな人に見てほしい」と思っていたとします。

それですと、コンテンツの指定がないので全員に表示がされてしまい、結果として平均再生率は低くなってしまいます。たとえば、料理動画を公開するときに、動画を公開する人が、「動画を料理好きな人だけに見てほしい」と思っていたとします。これが最適化にあたります。

すると、動画は料理に興味があるユーザーに表示されるようになり、結果として平均再生率は高くなるようになります。

なぜアルゴリズム最適化を行うのか

同じ動画といっても、映画ですと公開日や上映時間が決まっていて、いつ観に行けばいいかがわかります。

どこの映画館でどのような映画が上映されているかなどといった情報も、調べればすぐにわかります。また、テレビ番組も同様で、放送される日付や時刻が決まっていて、その情報を手に入れるのも簡単です。

その点、YouTubeの場合では、動画が公開されたということを不特定多数のユーザーに伝える手段がないために、どのような動画を誰がいつ公開したのかということを知ることができません

そのために、動画を公開したとしても、YouTubeに毎分毎秒公開されている大量の動画の中に埋もれてしまい、結果としてユーザーからの視聴が得られないようなことになってしまうのです。そこで、アルゴリズム最適化によって、動画を埋もれさせることなく、ユーザーにちゃんと視聴してもらえるように最適化を行うのです。

 

誰が視聴するための動画かを決める

商品やサービスには、明確に、ターゲットとなるユーザーがいます。

◎絞り込んだターゲットの課題解決になる動画が好まれる

商品やサービスというものはユーザーの抱えている課題や悩みを解決するために制作されるものであり、ユーザーは課題や悩みを解決するために商品やサービスを購入するのです。

これはYouTubeなどの動画にも言えることで、すべての動画にはターゲットユーザーというものが存在していて、誰がどういった目的をもって視聴を行うのかということを考えながら、動画の制作を行っていくことになります。

◎Youtube動画で成功=見なくていいターゲットを決めるということ

YouTube上の動画を公開するときに、一番重要といえることは、アルゴリズム最適化を行って、その見てほしいと思うターゲットユーザーにきちんと見てもらえるということになります。

単純に多くのユーザーに表示されればいいというわけではありません。それですと、再生率が低く、クリック率も低い低品質な動画とみなされてしまうわけです。したがって、アルゴリズム最適化を行う上で、最初に行うことというと、「誰に表示され、誰に表示されないか」を明確に決めるといったことから始めるということになります。

 

誰に見てもらうかを最初に決める

何もしないままでは、YouTube上では動画が公開されたことを誰も知りません。

そのためにアルゴリズム最適化というものがあるのですが、アルゴリズム最適化はターゲットユーザーに最後まで視聴してもらうことが目的です。そして、アルゴリズム最適化を行う上で重要となるのが、動画を誰に表示させ、誰に表示させないかを決めることです。