MFIとは?Googleのモバイルファーストインデックスを世界一わかりやすく解説
PRトレンド
最新メディア情報
2020.07.22

MFIとは?Googleのモバイルファーストインデックスを世界一わかりやすく解説

引用画像_Youtube動画とは?

最近なにかと話題のモバイルファーストインデックス(以下MFI)登録とは、Googleのインデックス登録とランキングのこと。モバイル版のコンテンツを優先的に使用するということを意味しています。

これまでは、サイト誘導やキャンペーンにおいてユーザーのクエリとページの関連性を評価するにあたっては、主にパソコン版のページのコンテンツがインデックスで使用されてきていました。その、MFIについて正しく理解していきたいと思います。

どれも、広報やマーケティング担当者にとって必須の知識です。それでは見ていきましょう。

 

MFI(モバイルファーストインデックス)によって変わるのはコンテンツの集め方

従来では、デスクトップのユーザーエージェント(以下UA)を持つクローラー(Googlebot)がデスクトップ向けのコンテンツを収集していました。わずかですがスマートフォンのUAを持つクローラーもスマートフォン向けのコンテンツを収集していましたが、インデックス対象は今までデスクトップ向けのコンテンツでした。MFIに移行すると、スマートフォンのUAを持つクローラーがスマートフォン向けコンテンツを収集してインデックスします。

デスクトップのUAを持つクローラーも引き続いてクロールを続けていきますが、MFI以降はスマートフォンのUAを持つクローラーによるクロールが大半を占めています。つまり、コンテンツの集め方が変わります。

■MFI以降もインデックスはひとつ

「モバイルファーストインデックス」と呼ばれていますが、スマートフォン向けのコンテンツが最初(ファースト)にインデックスされ、デスクトップ向けのコンテンツが2番目にインデックスされるといったわけではありません。

MFI以前も以降も、インデックスするコンテンツはひとつです。つまりは、今までデスクトップ向けコンテンツがインデックスされていたのが、スマートフォン向けコンテンツがインデックスされるように切り替わるのです。スマートフォン向けコンテンツがインデックスされた場合、デスクトップ向けコンテンツはインデックスされません。

なお、サイトにスマートフォン向けコンテンツが存在しない場合、または、スマートフォン向けコンテンツでMFIの準備ができていない場合は、デスクトップ向けのコンテンツが引き続きインデックスされ続けることになります。

 

MFI(モバイルファーストインデックス)のレスポンシブWebデザインの場合は対応が不要

レスポンシブWebデザインで制作されたコンテンツの場合は、デスクトップとスマートフォンのどちらのUAに対しても同じコンテンツを表示するために、MFIに移行する際の特別な対応を必要としません。一方、レスポンシブWebデザイン以外で制作されたスマートフォン向けサイトに対しては、MFIに移行するための対応方法が存在しています。詳しくは次回解説いたします。

■スマートフォン向けコンテンツが優位になるわけではない

MFIの登場により、コンテンツの集め方が変わりますが、コンテンツを評価するランキングに優位性はありません。スマートフォン向けのコンテンツがデスクトップ向けのコンテンツよりコンテンツ評価として優れているというわけではない点に注意しましょう。ただし、スマートフォンでGoogle検索した検索結果ではモバイルフレンドリーなコンテンツが優位になります。

■GoogleのMFI(モバイルファーストインデックス)への移行

GoogleはMFIに移行するにあたって、MFIに移行しても問題ないサイト(つまり準備が完了したサイト)からMFIへ移行するとアナウンスしています。このため、焦ってレスポンシブWebデザインに作りかえるといった必要性はありません。サイト運用のスケジュールの中で、MFIの要件を満たせるような実装スケジュールを組むようにしましょう。自分のサイトがMFIに移行しているかどうかは、Search Consoleで確認することができます。

 

まとめ モバイルファーストインデックスの登場以前と以降の変化を注意深く観察しよう

モバイルファーストインデックスとは、Googleのクローラーがコンテンツを収集(クロール)する際の新しい方式です。

モバイルファーストインデックスの登場以前と以降でSEOにとってはどんな変化が生じるのか、正しく理解をしておきましょう。