Youtubeでブランディングできる?「暇つぶし」ユーザーにも最適化されるYouTubeの高機能アリゴリズムなら商品・サービスの認知度が低い層にもリーチできる
コラム
動画PR・YouTube
2020.08.10

Youtubeでブランディングできる?「暇つぶし」ユーザーにも最適化されるYouTubeの高機能アリゴリズムなら商品・サービスの認知度が低い層にもリーチできる

メンズファッションに関する動画をよく視聴しているユーザーには、メンズファッションに関する動画がトップ画面に出るようになります。

これはアルゴリズムが関係していて、ユーザーの知らなかったブランドや動画が表示されるようになることで、認知度が低い層にリーチすることが可能となります。

また、何かを購入しようとしているユーザーの80%はWebサイトと動画の両方から商品に関する情報を収集していることがわかっています。YouTubeのアルゴリズム最適化により、効率よくブランディングを行い、購入を検討しているユーザーにプロモーションすることができます。

Youtubeでブランディングは有効?「暇つぶし」でも、ユーザーに最適化される

YouTubeのアルゴリズムというのは、視聴者が興味をもつ可能性を計算しつつ、どのような動画を表示するべきかを判定しています。その判定には、これまで視聴した動画の履歴や最近視聴した動画の系統を基にしているのです。

ユーザーがYouTubeを使う理由や目的は、明確な情報収集のみというわけではありません。電車での時間や待ち合わせの時間などの暇つぶしとしてYouTubeで動画を視聴することも大いにあります。

このようなユーザーに対しても、アルゴリズムはユーザーのこれまでの視聴履歴や傾向などから、そのユーザーが興味を持ちそうな動画をおすすめしてくれます。

■アリゴリズムが勝手にPRしてくれる

ユーザーがあなたの商品と類似する商品に関する動画を視聴しているような場合、そのユーザーにあなたの公開している動画が表示される可能性というのは十分あります。

ユーザーがあなたの商品を知らなかったとしても、アルゴリズムがユーザーが過去に視聴した動画と関連性があると判斷した場合に、あなたの動画がそのユーザーにおすすめされる可能性はあるということになります。

■90%のユーザーは新たな商品をYouTubeで発見する

GoogleとMagidが行った調査によると、その90%のユーザーは新たな商品やブランドをYouTubeで発見しているということがわかったということが報告されています。YouTubeアルゴリズムがユーザーの視聴傾向に合っている、今まで視聴されていない動画を表示することで、ユーザーは検索することなく、新たな商品や情報に関する動画を発見することが可能となっています。

企業がYouTubeでプロモーションを行う場合、この仕組みこそが最大のメリットであり、この仕組みを活用することが最も重要なポイントとなります。

アルゴリズムに最適化することによって、ほかの類似する動画と情報的な関連性を持たせることもできます。そうすることにより、他の類似動画への表示機会を増加させ、結果的には商品のサービスを全く知らなかったようなユーザー層へとリーチすることが可能となるのです。

 

ユーザーの50%以上が購買意思決定に動画を視聴

Googleは「人はYouTubeでいかに買い物をするか」という調査の中で、50%を超えるユーザーが「どの商品・ブランドを購入するか」を決めるためにオンライン上の動画を参考にしていると報告しています。

「意思決定」という視聴目的を持つユーザーは、商品を使用している様子や、使用感に関してほかのユーザーの情報を得ることで購入するかどうかを検討するといった傾向にあります。

企業としては、商品の購入を検討しているユーザーに、自社の商品について正確な情報を伝える責任があります。具体的な商品を検討しているユーザーであれば、関連動画ではなくYouTube上でキーワード検索する可能性が高いでしょう。

50%以上のユーザーは、店内で買い物中にオンライン上の動画を視聴するとGoogleは伝えています。

 

ユーザーの80%がWebと動画を調べる

ユーザーが商品を発見し、具体的に購入を検討する際、彼らはプラットフォームを横断して商品についての情報を収集しています。

2018年にGoogleとMagidが16歳から64歳の2000人を対象に行った調査によると、80%のユーザーがオンライン検索と動画を切り替えながら、購入したいと思っている商品の情報を調べていると報告しています。

ユーザーは十分満足できるまで情報を調べることができたとき、はじめて検討から購入へ移行します。商品購入を検討しているユーザーに対して、彼らが求めている情報をうまく提供することが重要です。そのためにも、ユーザーがYouTubeで商品について検索をしたときに、企業の動画が埋もれることなく表示されることが重要であり、結果として彼らに直接アプローチをすることが可能となっているのです。

 

ブランディング動画を埋もれさせないためにもアルゴリズム最適化が重要

アルゴリズムは暇つぶしユーザーにも最適化された動画を表示しています。そして90%のユーザーは新たな商品やブランドをYouTubeで発見するとの報告が上がっています。アルゴリズムによる、類似動画への表示によって、低認知層にリーチすることができます。

また、50%以上のユーザーが商品購入にオンライン動画を参考にしています。そして、80%のユーザーがオンライン検索と動画の両方で調べています。このとき、企業の動画を埋もれさせないためにもアルゴリズム最適化が重要となります。


執筆者・監修者
上岡正明
テレビコメンテーター・経済記者
戦略PRプランナー・著書26冊累計105万部のビジネス作家
登録者25万人のYoutuber
上岡正明

MBA(多摩大学院経営情報学修了)
テレビコメンテーター
多摩大学客員講師(18,19)
帝塚山大学客員講師(19)
登録者24万人のビジネス系YouTube

「スーパーJチャンネル」「めざましテレビ」「王様のブランチ」「クイズミリオネア」等の元放送作家。日本を代表するPR戦略の専門家で、企業広報のスペシャリスト。未上場から上場企業まで戦略PRを手掛けたクライアントは300社以上。

広報ブランディング、新規事業構築、外資系企業の国内イベント、海外プロモーション支援のコンサルティング会社代表。現在まで約20年間、実業家として会社を経営。これまでに三井物産、SONY、三菱鉛筆、日本瓦斯など200社以上の広報支援、スウェーデン大使館やドバイ政府観光局などの国際観光誘致イベントなどを行う。

代表的なコンサルティング案件としては、日本中の女性たちの心を動かした「表参道のパンケーキブーム」、1年で200万台以上を売り上げた「ふとん専用掃除機レイコップ」、世界が注目する食イベント「肉フェス」、1カ月で6000万人(日本の約半分)にバズらせた「ジャポニカ学習帳“昆虫の表紙が変わった?”」がある。

経営と並行してMBA(情報工学博士前期課程)取得。東京都中小企業振興公社講師。成蹊大学、多摩大学、帝塚山大学の客員講師。東洋経済新報社、ダイヤモンド社、朝日新聞出版社、PHP出版、総合法令出版社、アスコム社、大和出版、すばる舎、宝島社から累計21冊80万部の著書を上梓。

日本神経心理学会、日本行動心理学学会、行動経済学学会、一般社団法人日本行動分析学会、日本社会心理学会、一般社団法人日本小児心身医学会、認知神経科学会の各学会員。

日経ヴェリタス・東洋経済オンライン・ダイヤモンドオンライン・プレジデントの4大経済メディアで専門家として記事連載もおこなっております。お読みになりたい方はこちらからご覧下さい。

①:東洋経済オンラインでの連載記事
②:ダイヤモンドオンラインでの連載記事
③:プレジデントでの連載記事
④:日本経済新聞での連載記事