広報職の年収はどのくらい?平均年収600万が限界説を徹底解説したよ
コラム
主婦共感×PR
2020.03.14

広報職の年収はどのくらい?平均年収600万が限界説を徹底解説したよ

引用画像_広報業務

広報の仕事はその他の業種と比較すると、担い手が少ない職種の一つです。

そのため、「広報に憧れているけれど、どのくらい収入を得られるのか不安……」
という方も多いですよね。

今回は、なかなか表に出てこない広報の年収について、くわしくご紹介いたします!

 

 広報の平均年収はいくら?

広報職の年収は、住んでいる都道府県や務めている企業、年代によって代わりますが、全国平均した場合“年収450万円前後”と言われています。次は、年代別に見てみましょう。

・20代:年収300~350万円
・30代:年収350~400万円
・40代:年収400~480万円
・50代:年収480~550万円

この平均年収から分かる通り、一般的な仕事と同じく、年々収入がアップしていく職種と言えるでしょう。

同じ広報職でも、男性の方が高い年収を得られる傾向にあります。
学歴についても、高卒より短大卒、短大卒よりも大卒と、一般的な職種と同じように、学歴が高いほど年収が得られる仕事です。

■役職クラスの年収も知りたい!

平均年収をみて、「思っていたほど多くない……」
そう感じた方も、いるかもしれません。

確かに、広報の平均年収は、特別収入が良い訳ではありませんが、役職クラスになると話が変わります。

広報の仕事が好きで、しっかり年収も得たいなら、役職を目指すのがおすすめ。
それでは、役職クラスの年収もチェックしてみましょう。

・課長職:年収600~650万円
・部長職:年収650~700万円

いかがでしょうか? 最低でも600万円は稼いでおきたい、という方が多いと思うのですが、課長職以上になれば、平均年収450万円の広報職でも、十分な年収を期待できそうです。

ただし、広報の仕事は小さな部署である場合が多く、年功序列でないと役職が回ってこないケースも考えられます。企業によっては、外部から役職候補を引き抜く例もあるため、
「この会社では、自分の頑張りで役職を目指せるのか」就職フェアの窓口や面接時に、たしかめておくと安心です。

■年収をアップしたいなら転職も視野に

「自分が働いている会社では、役職を目指すことが難しい」
「このままだと、定年までに希望する年収が得られそうにない」
という場合は、転職を検討してみましょう。

広報の仕事は求人があまり多くないジャンルですが、スキルを磨いておくことで、大きなアピールポイントになります。

より良い年収につなげたいなら、普段の仕事をこなすだけでなく、積極的にスキルアップを目指したいですね。文章力やプレゼン力など、常に勉強しておくと、転職時の大きな助けになるでしょう。

スキルアップだけでなく、資格を取得しておくのも良い方法です。資格は履歴書に書けるため、一目でその人のレベルを印象付けることができます。

それでは、転職採用者が、実際に欲しいと思っている資格は何なのでしょうか?
これから広報職を目指す人も、転職を考えている人も、役立つ資格をチェックしてみましょう。

■「PRプランナー」

PRプランナー資格では、その名の通り広報やPRに必要な知識が求められます。
広報の仕事について、一から教えるのは企業側も大変なため、PRプランナーの知識を持っている人材が歓迎されるでしょう。「PRプランナー補」「准PRプランナー」「PRプランナー」の3種類がありますが、より好印象を与えたいなら、「PRプランナー」を目指すのがおすすめです。

■「IRプランナー」

広報職の仕事にIR関係も含まれている企業が少なくありません。
このような企業では、IRプランナーの資格を取得しておくことで、他の候補者と大きな差をつけられるため、できるだけ取っておきたい資格です。

■「商品プランナー」

商品プランナーも広報やプレゼン力、マーケティング能力などを学べる資格です。
取得しておくことで、広報の仕事がしたい、というアピールポイントになるため、就職、転職を有利にしたいなら、目指してみましょう。

 

2. フリー転身で年収を増やす方法も

広報職として、フリーで働いている人も少なくありません。
中には、年収1,000万円を超える年収のフリーランス広報も、存在しています。

フリーになることで、今以上の年収を狙えるケースもあるため、広報力に自信があり、自由な働き方がしたい場合は、目指してみましょう。今の職場で働きながら、人脈を広げておいたり、一人でデザインや文章作成ができる環境を整えたりしておくと、今だと思ったタイミングで起業できます。女性の場合、結婚や出産を機に、フリーへ転身する方が増えているなど、注目の働き方です。

フリーになった後は、確定申告などの作業も自分で行うことになるため、起業についての知識も事前に学んでおくと安心です。

 

3. まとめ

広報の年収は、一般的な平均年収とあまり変わりませんが、
「役職を目指す」
「転職する」
「フリーランスを目指す」
などの方法で、収入を増やせる仕事だと分かりました。

広報の仕事は、働きがいややりがいのある職種です。「会社の良い部分をPRしたり、提案したりする仕事に興味がある!」それなら、広報職を目指してみましょう。