採用広報とは?人事部と広報担当の共同作業で「選ばれる会社」になる
PRトレンド
最新メディア情報
2019.12.09

採用広報とは?人事部と広報担当の共同作業で「選ばれる会社」になる

採用広報のイメージ

「採用広報」という言葉をご存知でしょうか。
これは、「質の高い人材採用を行うため広報活動」のことです。

一昔前までは、「採用活動」と言えば人事部の仕事でした。
しかし、近年は人事部と広報担当者が協力して、採用活動をする企業が増えてきています。

 

採用広報が盛んになっている2つのワケとは?

採用広報を考える人々

「採用広報」が現代社会において目立ってきた理由は主に2つあります。

○1:単純に新卒が少ない

最近では少子高齢化もあってか、いわゆる「新卒」と呼ばれる人がかなり少なくなってきました。そのため、企業側としても競争をしなければならなくなってきているのです。

「デーンと構えて、学生を待ち受けていれば済む」という時代ではもはやありません。
むしろ、「企業が学生を選ぶ」のではなく、「学生が企業を選ぶ」という流れができてきています。
ただ、それでも学生側にもまだまだ「必死さ」があるので(有効求人倍率が1倍を割るということもさすがにありません)、今のうちに採用広報に力を入れておくと良いでしょう。

大手企業や、何らかの知名度の高いアイテムを販売している企業であればそこまでコストをかける必要はないかもしれません。
ですが、中小企業以下となると、いずれは新卒者に見向きもされなくなる時代が訪れるかもしれませんので。

○2:色々な方式の採用ができるようになってきた

企業側が採用活動のために使うツールとしては、これまでは例えば「リクナビ」のようなサイトがメインだったと思います。これは言ってみれば、「仲介サイト」ですよね。

ですが、近年は「仲介」してもらうのではなく、「直接」人材を採用する会社が多くなってきています。
最もオーソドックスなのは「自社サイトに応募フォームを作る」ということでしょう。
また、SNSを使って採用活動をする企業も増えてきています。

「とりあえずリクナビに求人情報を流しておけばいい」という時代ではなくなったので、そこには広報担当者が介入するべきなのです。

*参考リンク:採用にはブランディングも必要!そのためのプレスリリース全技術

 

採用活動に広報担当者が関わるべき最大の理由とは?

採用活動の風景

しかし、そこで「じゃあ物量作戦だ!」などと考えて、

  • 自社サイトの採用関連の記事をひたすら更新する
  • むやみにネット広告などを出す
  • SNSで採用関連の投稿を大量に行う

などのことをしても意味がありません。

なぜなら企業としても「こんなことができる人材が欲しい」「こんなマインドを持った人材が欲しい」という希望があるはずだからです。

では、その「希望」はどうすれば見えてくるのでしょうか。
ズバリ言いますが、それには社長(もしくはそれに準ずる立場の人)に話を聞くことが必要です。

優秀な広報担当者であれば、日頃から頻繁に社長とコミュニケーションを取っているはずです。したがって、「希望」を聞き出すのも難しいことではありません。
経営方針などと絡めて相談しつつ、きちんと社長の言葉を聞きましょう。そして、どういった人材を求めるべきなのかハッキリと分かったら、人事部の社員と相談しつつ、それを他人が理解しやすい形で言語化していくわけですね。

 

採用広報に役立つ企業2選

○1:ピーアールテーブル

画像引用_ピーアールテーブルの

引用出典_PR table

これは、様々な企業の社員の「これまでの物語」が掲載されているサイトです。
例えば、その会社のリーダーや役員には、「学生時代は海外留学していて、どのような想いで入社して、将来はこういう仕事をして」というストーリーが載っています。
そういったストーリーが、ピーアールテーブルにアクセスした人の心を熱くして、「ここで働きたい!」という気持ちを作るわけですね。
ちなみに、あまり「マッチング」的な雰囲気がないサイトですので、気軽に読めると思います。

○2:テンショック

テンショックのサービスは終了していますが、非常にユニークで参考になるので取り上げました。
月間ユニークユーザー数が40万を超えたサイトですので紹介しておきます。

ピーアールテーブルに近い雰囲気ではあるのですが、こちらはより「人材を獲得するための情報」に寄ったサイトでした。
そして、動画を投稿して情報を伝えることもできました。

  • 職場全体像
  • 新人研修
  • 社長や社員のコメント
  • 社内イベント

などの様子が分かる動画が多く掲載されていました。

最近はテンショックに限らず、動画でPRを行えるツールが多くなってきましたね。
また、ユーチューブの動画埋め込み機能などを使えば、自社サイトにも動画を載せることが可能です。

ただし、「サイトにアクセスすると、いきなり動画が再生される形式」だと、ユーザーに嫌われる傾向にあるので気を付けましょう。突然音声が流れるとびっくりしますし、動画のせいでページの読み込みが遅くなってしまうこともあります。

「トップページに動画を置くが、ユーザーが操作しないと再生されない形式」にするか、「トップページではないページに動画を置く形式」のどちらかにすることをおすすめします。

 

ユニークな採用形式3選

次は「ツール」ではなく、「形式」の話です。
ピンとこないかもしれませんが、お読みいただければわかるはずです。

1:元ヤン採用

画像引用_元ヤン採用

引用出典_株式会社ベジタブルファーム

「株式会社ベジタブルファーム」が一時期設けていた採用システムです。
「ヤンキーには、根性、体力、礼儀があるだろう」ということで実践してみたとのことです。
ちなみに、この企画を担当した社員も元ヤンキーだったそうで、採用情報ページにはその社員のエピソードが少し掲載されていました。

さて、広報担当者の仕事の一つに、
「社長の存在を世に知らしめる」というものがあります。

ですから例えば、社長が学生時代に小説を書くのが趣味だったのだとしたら、「短編小説を持ち込んで、一番面白かった人を採用」などといった採用システムを作ってみると良いかもしれませんね。

2:バー面接

これは筆者が実際に体験したことなのですが、バーでお酒を飲みながら面接を受けたことがありました。
事前に「バーで面接をすることになりますが、よろしいですか?」と聞かれたときはかなり驚きましたが……。遠慮するのも良くないと思い、ちゃんと酔うまで飲みました。

日本の採用事情は「演技合戦」であるという側面もありますし、「本音を聞き出す」という意味では悪くない方法なのではないでしょうか。

ただし、お酒を飲めない人ももちろんいるわけですから、「ソフトドリンクも可」とアピールしておかなければなりませんね。

3:内定辞退ボーナス

こちらはアメリカの「ザッポス」という靴の通販小売をメインとする企業が初めて実施したと言われているものです。

仕組みは単純で「内定を辞退した人はボーナスを出します」というもの。
これによって、「お金だけのために働く人」を弾くという狙いがあるようですし、
「就職活動の資金のサポートをしよう」という意味合いもあるそうです。

ちなみに、現在は2000ドルをボーナス金額としているようです。
日本円で20万円以上ですから、目がくらんでしまう人もいるかもしれませんね。

この内定辞退ボーナスに限らず、
「辞退した人に何らかのメリットを与える」という仕組みを作っておくと、
熱意の低い人材を弾きやすくなるのではないでしょうか。

ただし、やり方を間違えると、反感を買うかもしれないので注意が必要です。

 

「ユニーク採用」をする企業が増えている2つの理由

採用広報の面接シーン

では、なぜこのような面白い採用システムを導入する企業が多くなっているのでしょうか。
その理由は主に2つあります。

○1:注目してもらうため

ユニークな採用を行っていると、メディアに紹介してもらいやすくなります。
労働関係の話題を担当している記者、新聞の大学担当や就活担当者などに売り込んでみましょう。

実際、「採用 ユニーク」などで検索すると、いくつも面白い採用システムの話が出てきます。
そして、「こんな採用システムを導入するのはどんな会社なのだろう?」と興味を持ってもらえたら成功ですね。

○2:社風や会社としての気持ちなどを伝えることができる

メディアに取り上げてもらうさいには、まず間違いなく「なぜこのような採用システムにしたのでしょうか?」と聞かれます。
そのときに、社風・社長の想い・経営方針などを盛り込んで回答することができれば、それらを広範囲に伝えることができますよね。

逆に言えば、単なる思い付きでユニーク採用を行っても意味がないということですので覚えておきましょう。

 

まとめ

「採用活動にも工夫が必要な時代になった」という事がお分かりいただけたのであれば幸いです。

途中で触れましたが、一番大事なのは
「ユニーク採用でも一般的な採用でも、きちんとした『目的』と『プラン』を作った上で行う」ことです。

地に足のついた採用広報活動をすることを心がけましょう。