YoutubeのSEO対策は検索キーワードが9割!動画制作を行う前にやるべきこと
戦略一覧
広報活動/戦略PR
2020.09.27

YoutubeのSEO対策は検索キーワードが9割!動画制作を行う前にやるべきこと

引用画像_検索キーワード

動画制作を行う前にやるべきこととして、キーワードの検索量を調査することが重要です。

また、すでにどのような関連動画が公開されているかを調べることも大切です。そして、ユーザーがどのようなフレーズで検索しているかを、事前にちさーちして知ることが大切になります。

逆にこれだけできれば、広報担当やマーケティングプランナーだけで、動画制作の専門家に頼まなくても、ある程度の戦略設計ができるようになります。

ぜひマスターしてしまいましょう♡

 

YouTube攻略ではキーワードリサーチが重要になる

どれくらいデータ設定にこだわっていたとしても、YouTube内でキーワード自体が検索していない、もしくはそのキーワードと関連する動画の量が少なければ、表示機会の母数が少ないため、表示される回数も少なくなってしまいます。

そのようにならないために、必要なこととして挙げられるのがキーワードリサーチです。

なぜなら、これはチャンネル設計の段階で調査し、どんな動画を展開していくかを決める際に、重要な指標のひとつとなるからです。

たとえば、キーワードを調べることで、どのような動画がすでにYouTubeへ上がっているのかを把握することができます。「どういった動画が視聴回数が多いのか、または少ないのか」「どういった動画がユーザーからのアクションである評価やコメントを集めているか」を調査していけるわけです。

 

YouTubeユーザーはどんなキーワードで検索しているのか

YouTubeの検索ボックスにキーワードを入力して、スペースを入れると、そのキーワードを含むユーザーから検索されているさまざまなフレーズが自動的に表示されます。

■YouTubeマーケティングは事前調査が9割

これらのフレーズがユーザーが比較的多く検索しているキーワードとなるので、どういったキーワードから検索を行っているのかを調査する際に役に立ちます。

なぜなら、ユーザーが比較的多く検索しているフレーズで実際に検索をした際に、どういった動画が表示されるかも、動画制作を行う前にするべきことだからです。

■視聴回数を広告で稼いでいる場合も多い

たとえば、単に視聴回数が多いものを見るのでは、ユーザーのニーズの傾向というものは把握しづらくなるのです。

そのチャンネルが持っているチャンネル登録者数が多いがために、視聴回数が多いという可能性もあります。もしくは動画広告を配信したため、視聴回数が多いのかもしれませんね。

 

まとめ キーワードのユーザニーズをきちんと把握しよう

Youtubeの検索キーワードの傾向を把握することは、より視聴回数を獲得しやすい動画を制作するためのヒントとなるのです。

そのためには、ユーザーからのアクションとチャンネル登録者数、そして視聴回数を総合的に判断して、そのキーワードに対してのユーザニーズの傾向を把握する必要があります。