視聴回数を増やすには「視聴維持率が大切」というのは正しい!最後まで視聴させてアリゴリズムを強化するコツ
コラム
動画PR・YouTube
2020.09.02

視聴回数を増やすには「視聴維持率が大切」というのは正しい!最後まで視聴させてアリゴリズムを強化するコツ

視聴維持率の高め方

YouTubeユーザーに、見たい動画候補として動画を表示したとしても、その動画とターゲットが違う場合、クリックして再生されることはなく、また、再生されたとしても途中で動画再生をやめてしまい、ネガティブインプレッションとして動画は判断されてしまいます。

逆に、その動画のターゲット層に適切に、見たい動画候補として表示された場合、クリックして再生され、また、「知りたい情報だったので最後まで見た」という体験に繋がります。このように動画はポジティブインプレッションとして判斷されます。

視聴維持率対策の前に!視聴回数を稼ぐにはクリックされることが重要

膨大な量の動画がユーザーへの候補動画として表示される中、ユーザーが視聴する動画は1つだけです。その動画を必要とするユーザーへ適切に候補動画として動画を表示するためにアルゴリズムの最適化は必要不可欠となります。

◎視聴回数にはサムネイルが重要

が、それ以上に必要なことがあります。それは視聴されることです。

当たり前のことではありますが、動画が視聴されるためには、その動画がクリックされなければなりません。そこで、内部データとしてのアルゴリズム最適化と同じくらいに、サムネイルの工夫が必要となってきます。

ユーザーがひとつの動画を選ぶために、その動画が注目されるためには、視覚的な工夫が非常に重要となってきます。

◎アルゴリズムはポジティブとネガティブのインプレッションデータを収集

また、表示されたとしても、動画がクリックされなければ、その動画は表示をしたとしても視聴がなされない動画なのだとアルゴリズムによって判断されてしまいます。

その動画の内容が実際にはユーザーにとって有益で、ためになるものであったとしても、視聴されなければ、視聴回数の元となる表示回数が減少してしまい、結果として視聴回数も減少してしまいます。

アルゴリズムはポジティブインプレッションとネガティブインプレッションというデータを収集しており、動画のサムネイルを表示した後に、その動画がクリックされたかどうかを計測し、どの程度その動画を表示させるかどうかを判断する指標にしています。

 

視聴維持率とは?最後まで視聴されることの重要性

表示回数が増加し、視聴回数が増加したとして、YouTubeはそこから先のユーザーの潜在的フィードバックを計測しています。これは視聴者維持率といいます。

たとえ動画が視聴されたとしても、その多くのユーザーが動画全体の10%程度で視聴をやめてしまった場合には、その動画はクリックバイト動画(視聴回数を稼ぐ目的だけの動画)だと判断されてしまいます。

すぐに視聴をやめてしまう動画というのは、YouTubeユーザーにとって有益な情報ではないと判断できるため、アルゴリズムは表示回数を減らすのです。

では、最後まで動画をユーザーに視聴してもらうためには、どういった対策をとればいいのでしょうか。それは、その動画を必要としているユーザーの画面にその動画を表示することです。

市場調査などによって一定の視聴ニーズがある動画を作成する必要もあるのですが、その動画を必要としている、視聴ニーズがあるユーザーに表示をさせることが、最も重要であるということができます。

その動画を見たいと思っているユーザーに視聴してもらうことで、その動画が最後まで再生される確率も上がり、ポジティブインプレッションが生まれ、かつ、ユーザーはとても有益な動画を視聴することができたという満足した体験を得ることができるのです。

 

まとめ 視聴維持率対策で視聴回数を増加させることが可能

クリックされ、再生されることが最も重要です。アルゴリズムは表示に対するクリック率を計測しています。最後まで視聴されることで、視聴回数を増加させることが可能です。