YouTubeトップページのアルゴリズムの特徴と視聴傾向に合わせた動画表示の狙い方
コラム
動画PR・YouTube
2020.08.31

YouTubeトップページのアルゴリズムの特徴と視聴傾向に合わせた動画表示の狙い方

Youtubeの最適化と終了画面

ここでは、YouTubeのトップページのアルゴリズムの特徴を説明します。

YouTubeのトップページの役割とは?

トップページはユーザーの視聴傾向を基に最適化されたものとなります。

たとえば、ユーザーが20代で、女性、ファッションが好きで、メイク動画が好き、最近見た動画は英語を学ぶことができるチャンネルといった場合、トップページアルゴリズムは、まず過去に視聴した動画を表示します。

次にメイク動画、そして見たことがないメイク動画、英語関連の動画、ファッションの動画といった具合に表示をします。

◎YouTubeのトップページは視聴傾向を重視する

検索ではユーザーが入力したキーワード、関連動画では他の動画との情報的な関連性を重要視する傾向がありました。

トップページでは何を重要視しているのでしょうか。結論から言うと、トップページでは、ユーザーの視聴傾向を重要視しています。トップページはYouTubeの視聴トラフィックの中でも、唯一、ユーザーが何もアクションを起こさずにいても動画が提供される場所です。

そのため、そのユーザーが最近どのような動画を視聴したのか、どんなトピックの動画を視聴したのか、最近チャンネル登録したチャンネルはどこかなどを分析することによって、ユーザーが見たいと思っている動画を表示してくれます。

◎ユーザーの視聴傾向を予測するAIの秀逸さ

ユーザーの視聴傾向といってもさまざまなものがあります。たとえば、一度見た動画をまた見たいと思って、視聴するということもよくある話です。こと、音楽などの動画に関しては、繰り返し見てみたいと思うことが多いのではないでしょうか。

その他には、最近チャンネル登録をしたチャンネルの中の、他の動画を見てみたいと思うことも考えられます。お気に入りで登録したチャンネルが、他にどんな動画を作成して公開しているのかということも気になるものです。

YouTubeのトップページは視聴したことがない動画も表示

トップページには大きく分けて3種類の動画が表示されます。

それは、「視聴したことのある動画」「視聴したチャンネルの中の未視聴の動画」そして、「知らないチャンネルの動画」です。視聴したことのある動画は、もう一度あの動画を見てみたいというニーズを満たしてくれます。

手軽に過去に視聴したことのある動画を見ることができるというのは、大変便利なことですよね。また、過去に視聴したことのあるチャンネルの中の未視聴の動画も、おすすめの動画としてトップページに表示されます。これもユーザーにとって便利なことと言えるでしょう。

トップページのトラフィックで企業がもっとも自社の動画を表示させたい場所が、実は「知らないチャンネルの動画」の枠です。自社の商品やサービスと似たようなトピックを視聴しているユーザーへトップページ上でアプローチすることができるのです。

そのために必要となるデータは、その動画が過去にどういった視聴傾向を持つユーザーに視聴されてきたかというものになります。

自社の動画を視聴したユーザーの傾向と、その動画をまだ見ていないユーザーの視聴傾向が一致したときに、アルゴリズムはその動画を視聴したことのないユーザーに、おすすめとして動画を表示する可能性が高まるのです。

まとめ トップページで視聴傾向に合わせた動画表示を狙おう

トップページは唯一ユーザーがアクションを起こさずに視聴できるトラフィックです。ユーザーの視聴傾向に合わせた動画を表示します。

そして、「知らないチャンネルの動画」として表示されることでリーチを拡大することができます。