賃貸・持ち家・リノベーションサイトのSEO対策は?難易度は高いがマーケティング的に有効
戦略一覧
SEO
2020.06.04

賃貸・持ち家・リノベーションサイトのSEO対策は?難易度は高いがマーケティング的に有効

賃貸契約・テナントのイメージ写真

ここでは、賃貸情報サイトを例に解説していきたいと思います。技術的な難易度は高いですが、複数の条件を組み合わせたクロスカテゴリの設定が効果的です。

広報やマーケティングの観点からも非常に価値ある情報になると思います。ぜひ最後までご覧ください。

 

不動産サイトは技術面でサイトを見直しましょう

① 第一にエリアのカテゴリを整備する

検索ニーズとしてはまずエリアがきます。住みたい駅や転勤予定のエリアなど、エリアカテゴリと路線・駅カテゴリが必須です。

とはいっても、エリアと駅は以前解説したように定型カテゴリなので、人気のエリアや駅に「重要フラグ」を立てることがポイントです。また、中野区と東中野駅のようにエリアの市区と関係する駅を連携させて双方をリンクし合うようにすると効果的なので、例えば各駅データに所属する都道府県と市区情報を持たせるといいでしょう。また、駅に関しては技術的な注意事項がひとつあります。多くのサイトで同じ駅でも路線ごとページが分かれているケースを見かけますが、SEO的には分散するのでNGです。

② ハウツーワードもカバーする

不動産は高額商材なので、訪問者がいろいろ悩むことが多い分野です。契約にまつわる用語や引っ越し会社の手配の仕方など、ハウツーワードも多く検索されています。「敷金礼金とは」(12100)などの契約に関する知識や、「引っ越し 挨拶品物」(5400)などの引っ越しのマナーや手順といったコンテンツを掲載した特集ページやコラムのような解説ページを用意して対策しましょう。直接契約につながるページではありませんが、サイトの訪問者を増やすことができます。

③ 細やかなクロスカテゴリの設定が効果的

不動産はクロスカテゴリが必須です。訪問者の賃貸ニーズは意外とニッチで、「東中野駅 賃貸マンション ペット可」など3語、4語での検索もたくさん見られます。条件には「ペット可賃貸」「デザイナーズマンション」などの数千の人気度のものから「角部屋」「南向き」「最上階」など細かい条件までいろいろあります。エリアごとにそれぞれの条件を絞り込めるページを用意するといいでしょう。

沢山のクロスカテゴリを用意して複合語での検索を対策しましょう。

今回は、「賃貸マンション」限定の情報サイトを想定していますが、全形態(マンション、アパート、戸建、駐車場、土地など)の物件を取り扱うサイトであれば、「駅カテゴリ(もしくはエリアカテゴリ)」「住居形態」「条件」の3つのカテゴリの組み合わせによる3軸のクロスカテゴリが必要になるケースもあります。3軸のクロスカテゴリは技術的にも難しく開発工数もかかるため、エンジニアと相談して設計を考えましょう。

④ 物件情報にはオリジナル情報の付加が重要

不動産サイトの特徴として、1つの物件が多数の不動産サイトに掲載されているという点があります。つまり複製コンテンツであり、自分のサイトだけのオリジナル情報ではないのです。

検索エンジンはそのサイト独自のオリジナル情報を好みます。訪れたユーザーにとっても先ほど見たサイトとまったく同じ物件情報が載っていればがっかりしてすぐに離脱してしまうかもしれません。

そこで、なるべくそのサイト独自の情報を付加することが重要となるのです。これは非常に難しいことですが、例えば大型マンションや話題の物件だけでも写真を増やしたり、独自取材に基づく情報を掲載したり、スタッフのおすすめコメントを掲載するなど、ユーザーにとって価値のある情報が付加できると検索エンジンの評価も高まります。

 

求人サイトも同様のポイントに注目しよう

不動産サイトと求人サイトはSEOの観点だけ見ると似ています。物件や求人が複製になりやすいという特性や、エリアがあり条件や職種があり、それらのクロスカテゴリが重要になる点なども似ています。ユーザーの検索ニーズは全然違いますが、サイトの構造や注意する点は似通ってくるでしょう。

まとめ

不動産は流動的で複雑な「物件」を扱うため技術的な課題が多く、本格的なSEO施策の難易度は高いです。リニューアルのタイミングで技術部門やエンジニアに確認し、なるべくSEO要件を入れてもらいましょう。