サイトのページ表示速度はどうして大切なの?チェック方法と対策の仕方を解説
戦略一覧
SEO
2020.08.12

サイトのページ表示速度はどうして大切なの?チェック方法と対策の仕方を解説

Youtubeの最適化と終了画面

ここでは、WEBサイトの評価を高める一番大切な方法について学んでいきたいと思います。それは、ページの表示速度です。

重いデータや膨大なデザインを詰め込むばかりに、広報やマーケティング担当者が見落としがちなのがページの表示速度です。しかし、もっとも表示速度には気を付けなくてはなりません。今回はこのあたりついて、学んでいきたいと思います。

 

表示速度はユーザビリティとSEOの両面で重要

皆さんは閲覧したいページにアクセスしたとき、いつまでたっても表示されない場合にどんなイメージを持つでしょうか。

多くの人は表示されるまでの間にサイトから離脱してしまうと考えられます。Googleはユーザー体験の優れたページを高く評価するために、検索結果の順位を決めるランキングアルゴリズムの中に表示速度を組み込んでいます。

■Googleアップデートで表示速度が非常に大切になりました

2018年7月からはデスクトップ向けのページだけでなく、モバイル向けのページに関しても表示速度がランキング評価の対象となるようになります。

表示速度が遅すぎるページが対象となり、対象のページは検索結果における掲載順位にマイナスの影響があります。現在、すでに表示速度が速いページがさらに表示速度を速くしても掲載順位に影響はありません。

■表示速度の対策をページ単位の改善を行う

SEO施策において気を付けなくてはならないのは、サイト全体ではなく各ページにおける表示速度です。

ランキングアルゴリズムで対象となる表示速度の指標はページ単位となるためです。表示速度を改善する場合、多くのページに関係するテンプレートから手をるけるべきです。

例えば以前解説したリスト一覧ページや詳細ページは、サイト内に多くのページが存在しますが、テンプレートとしてはひとつです。ひとつのテンプレートを改善することで多くのページの表示速度を改善できます。

また、ビジネス貢献度の高いページや改善の影響力の大きいページを見つけて改善していくことも重要です。

 

SEO対策におけるページの表示速度の確認方法

表示速度を確認するために、Googleはいくつかの確認ツールを用意しています。

「PageSpeed Insights」は誰でも利用可能で、運用、管理しているサイト以外のページでもページスピードを確認できるツールです。検証結果には表示速度のスコアリングと同時に、どのように改善すればいいかが「最適化についての提案」として表示されます。表示された改善案をもとに改善策を検討しましょう。

※チェックサイトはこちら:PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

 

まとめ ページ速度の高いサイトは訪問者のユーザビリティを向上

ここで学んだ内容は、どこでも必要になりますが見落としがちな上級編です。

優れたユーザー体験を提供する技術のひとつとして、訪問者がページを表示する際の速度が挙げられます。表示速度はSEO要件として決して無視できないため、その確認方法から改善までのサイクルをしっかりと学んでいきましょう。