美容・健康サイトのSEO対策は超簡単!悩み解決や口コミ情報を活用する
戦略一覧
SEO
2020.06.02

美容・健康サイトのSEO対策は超簡単!悩み解決や口コミ情報を活用する

引用画像_美容コスメ

ここでは、美容情報サイトを例に解説していきたいと思います。

アイテムの種類が豊富でメーカーやシリーズとの組み合わせも大事なので、きめ細かい対応ができます。広報やプロモーションとの相性も抜群です。

SEO対策における美容情報サイトの注意点

① アイテムの種類は細かく分ける

美容情報サイトのサイトマップ&キーワードマップを作成してみると2階層に分かれるのですが、アイテムカテゴリの階層は、「メイクアップ」「ファンデーション」「リキッドファンデーション」など最大でも3階層で構築するといいでしょう。

ほかの分野も同様に、なるべく細かく、例えば化粧水の下に「美白化粧水」「乾燥肌用化粧水」「敏感肌用化粧水」「収れん化粧水」「拭き取り化粧水」などの階層を設けることをおすすめします。

ほかにも「ヘアケア」「ボディケア」「オーラルケア」「医薬品」「介護用品」「ダイエット用品」「健康食品」など美容・健康関連のアイテムはキーワードの種類が豊富です。美容・健康系はアイテムの種類も豊富なので、きっちり分類して対策したいですね。

② メーカーやシリーズとアイテムの組み合わせも有効

メーカーのキーワードは、メーカー単体よりも「メーカー+アイテム」が人気です。「資生堂 ファンデーション」(8100)、「ファンケル サプリ」(4400)などそのメーカーの主要アイテムとの検索が結構見られます。

また、主に化粧品メーカーではシリーズ名での検索も発生します。公式サイトが1位にヒットしますが、もし公式サイトでオンライン販売をしておらず、あなたのサイトがECサイトであれば、十分クリックされる機会はあります。

③ 悩みや症状の解決コンテンツを用意する

悩みや症状の対策はこの分野で非常に有効です。特に人に聞けないような恥ずかしい悩みは数万の人気度になります。美容であれば部位別に分類、例えば「肌の悩み」であれば、大人のニキビ、ニキビ跡、シミ、ほうれい線、目のくまなど女性の悩みがいろいろとありそうです。

健康サイトであれば症状ですね。「胃痛」ひとつをとっても、「食後 胃痛」「胃痛 吐き気」「空腹時 胃痛」「胃痛 みぞおち」などバリエーションは豊富です。階層化して細かく作ってもいいでしょう。ここで重要なのは悩みや症状ごとの派生語です。

「乾燥肌 対策」「便秘 解消」「ニキビ 予防」「腰痛 原因」など、それぞれ一緒に検索される言葉が異なります。さらに「背中の痛み 何科」など「何科」というのも症状によっては検索されています。この分野は信頼性が特に重要なのでコラムなどの解説ページを設ける場合には医師に依頼したり、監修を頼むなどユーザーの期待を裏切らない良質なコンテンツを目指しましょう。

これらは、ツールでしっかり調査して悩みや症状を解説するようなコンテンツを用意するのが有効です。

④ 検索系コンテンツはエリアカテゴリで対策する

美容・健康でエリアカテゴリが関係するのはネイルサロン、美容院、整体、病院などの検索系コンテンツですね。例えばネイルサロンなどの業態の下にエリアカテゴリを作って対策します。件数の多いような業態では路線・駅カテゴリも設けると有効でしょう。

まとめ 美容サイトではSEOと同時にクチコミも意識せよ

美容・健康は昔から薬事法の関係で広告表現の規制が厳しく、SEOが重要な分野です。特に検索されやすいお悩みや症状は非常に有効なキーワードです。また、商品の評判を調べる「口コミ」もこの分野では人気となります。