YouTube動画で「バズり」を狙う方法3選!これで再生回数激増します
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2022.10.06

YouTube動画で「バズり」を狙う方法3選!これで再生回数激増します

YOUTUBE バズる

YouTubeチャンネルを安定して育てるためには、結局のところ「良質な動画をコンスタントに投稿し続ける」しかありません。

ですが余裕があれば、その上でいわゆる「バズり」を狙いたいところです。上手くいけば再生回数が激増し、想定を上回るペースでチャンネル登録者数を増やせるかもしれません。そのための具体的な方法を3つ紹介します。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

YouTube動画で「バズり」を狙う3つの方法

1.トレンドワードに強引に合わせる

例えば以下の通りです。

・筋トレ系のチャンネルを運営している

・そして、人気アニメや話題のドラマのの中であるキャラが筋トレをしていた

この場合は、人気アニメや話題に便乗して、「○○(アニメ名やドラマ)の中で**(キャラ名や俳優)がしていた筋トレを詳しく解説!」などのタイトル・内容の動画を出します。

すると「アニメ名」や「キャラ名」で検索した人が、その動画にたどり着きやすくなりますからバズるかもしれません。ただし同じことを考える人はたくさんいますから、実行しても再生回数が伸びないことももちろんあり得ます。

そのため、もしこのやり方で動画を出す場合は、とにかくスピード感を重視しましょう。理由は単純で、まだ誰も投稿していないタイミングであれば伸びるかもしれないからです。アニメについて言えば放送から数時間、遅くとも24時間以内に投稿したいところです。

そして普段はミッドロール広告をつけるために8分以上の動画を出しているかもしれませんが、「早さ」を重視するのであればもっと短くても構いません。

2.ショート動画から誘導する

ショート動画は比較的最近リリースされた動画ジャンルであり、再生時間は最大60秒までとなっています。そして「本動画(通常の動画)の投稿をする→その動画の見どころを切り抜いたショート動画を投稿して誘導する→本動画の再生回数が伸びる」ということもあり得ます。

もちろん本動画とショート動画を同時に投稿する必要はありません。ですから、まだショート動画に手を出していない方は、過去の動画を一通り見直してみて、ショート動画をいくつか投稿してみてはいかがでしょうか。

駆け出しのチャンネルであっても、ショート動画に関してはインパクトさえあれば数万~数十万、場合によっては数百万回以上再生される可能性もあります。

3.動画の投稿時間を変えてみる

1や2と比べると劇的な伸びは望めませんが、労力の割に高い効果を期待できるため紹介します。一般的にYouTube動画は午後6時~8時くらいに投稿するのがいいとされています。ですが普通の会社員の場合、それよりももう少し遅い午後9時以降のほうがゆったり視聴できるかもしれません。

また専業主婦であれば午後1時や午前10時などのほうが、手が空いていて動画を再生しやすい方も多いでしょう。そのため一度、「どの層を狙った動画を出しているのか」を改めてはっきりさせ、投稿時間を見直してみましょう。

YouTubeアナリティクスを使えば、曜日別や時間別のユーザー数のデータをチェックできるためぜひ活用してください。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

注意!目先の再生回数が全てではありません!

ただし再生回数だけが全てではありません。例えば「1分動画」と「8分動画」であれば当然1分動画のほうが再生回数は伸びやすいです。しかし、8分動画であれば広告を多く挟めますから、あまり再生されなくても収益性は良いかもしれません。

また、例えば100万再生されている動画があったとしても、チャンネル登録者数を全く伸ばせないのであれば収益化はできません(1000人以上必要です)。

特にビジネス目的でチャンネル運営をする場合は、「バズりを狙うのは数ある戦略のうちの一つでしかない」ということを理解しておきましょう。