YouTubeチャンネルの動画が突然バズった!バズり動画を大きく伸ばすコツ5選
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2022.10.06

YouTubeチャンネルの動画が突然バズった!バズり動画を大きく伸ばすコツ5選

YOTUBE バズる

YouTube動画を継続的に投稿していると、以前の特定の動画の再生数が突然伸びることがあります。

ここではそのときにするべきことを5つ紹介します。「バズり」を無駄にしないためにもすぐに動きましょう。

*記事を書いた人:2年で登録者20万人の現役ユーチューバー

 

動画が突然バズった!そのときにやるべきこと5つ

1.バズり動画を別の動画にも誘導する

・終了画面に動画リンクを載せる

・概要欄に動画リンクを貼る

・カード機能を使う

再生回数が伸びた動画に上記のような工夫を施して、別の動画に誘導しましょう。

この際、「伸びた動画に関係する内容の動画」に誘うことを推奨します。ただ、このような施策は再生数や内容に関係なく、投稿する全動画に対して最初から行うべきです。とはいえ特別に伸びた動画に対しては、改めて誘導リンクなどを見直してみるといいでしょう。

2.関連する内容の動画を出す

やはり「バズった動画に関連する内容の動画」を出すことが有効です。これに関しては単に「同じジャンルの動画」を投稿するだけでなく、「バズった動画の内容のコメントに答える動画」や「バズった動画の内容をさらにカバーする動画」などを出すのもおすすめです。

これを実行することでしばらくは動画のネタにも悩まなくなる、というメリットも得られます。特に毎日投稿をしている方には大きいでしょう。

3.バズった動画と同じタグを設定する

忘れてはならないのがバズった動画と同じタグを、これから投稿していく動画にもつけるということです。

ただし、タグと動画の内容が食い違っている場合、YouTubeのアルゴリズムに嫌われて逆効果になる可能性が高いですから気を付けてください。(タグのことに限らずこういったグレーな工作をすると、かえって不利になるので注意が必要です)

そのため「とにかく同じタグをつける」というよりは、「同じタグをつけられるような動画を作る」という感覚で動画制作をしましょう。

4.SNS上で宣伝する(特にツイッター)

YouTubeチャンネルを運営する以上、SNSの活用が欠かせません。まだSNSアカウントを持っていない人は必ず作成してください。そしてバズった動画がある場合は以下のことをしましょう(ここではツイッターでするべき施策を紹介します)。

動画の宣伝ツイートを固定する:目立ちやすい先頭に自分のツイートを固定できます

固定ツイートのリツイートをする:1日1回以上リツイートして拡散を狙います

関連動画もツイートで宣伝する:他の動画の再生回数アップも狙います

5.サムネイルやタイトルを見直す

バズった動画のサムネイルやタイトルを改良することでさらに再生回数が伸びる可能性もあります。特に、

・何も考えずにサムネイルやタイトルを設定した動画が伸びた

・かなり前に投稿した動画なので世間のトレンドが変わっている

という場合は調整する効果が高くなりやすいです。ただし、「動画を最初に投稿した時点でサムネイルやタイトルに気を遣っていた」という場合は手を加えてしまうことでかえって伸びにくくなるかもしれません。

また、中には「シュールなサムネイルやタイトルがウケていた」というケースもあり、そういった動画で変更すると面白味がなくなって、一気に伸びが悪くなる可能性もあります。そういった場合は、動画の伸び方がある程度落ち着いてから、改めてサムネイルやタイトルを変更するかどうかを決めましょう。

*こちらも人気:1再生いくら?人気ユーチューバーが本音で解説

 

バズり動画のサムネ・タイトル変更時の要注意事項

サムネイルやタイトルを変更するのは構いませんが、「一度投稿を取り下げてアップロードし直す」となると再生回数などがリセットされてしまいます。

YouTube動画には「再生回数が多いからこそ、興味をもって再生してくれる」という側面がありますから、絶対にアップロードを取り下げないようにしましょう。