ユーチューブチャンネルのアイコン・バナーの重要性|作るときのポイント
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2022.06.13

ユーチューブチャンネルのアイコン・バナーの重要性|作るときのポイント

YOUTUBE バナー

本記事ではユーチューブチャンネルの「アイコン」や「バナー」の重要性や、それぞれの作り方について解説していきます。

アイコン:チャンネル名の左横に出る小さな画像

バナー:ユーチューブチャンネルのトップ画面上部出る画像

そもそもアイコン・バナーがないと「動画投稿をしている」と認識されない

ユーチューブというフィールドは、

動画投稿者:アイコン・バナーを作る

観る専門の人:アイコン・バナーは作らない

という傾向が強すぎるため、そもそもアイコン・バナーがないと「ユーチューバーだな」「動画投稿をしているチャンネルだな」などと認識されなくなってしまいます。(ユーチューバーだからといって、アイコン・バナーを作る義務があるわけではありませんが)また、アイコンを作っておけば、「他の誰かの動画」のコメントを残したときに、コメントの横にアイコンが出ます。そのため、コメントを見た人が「この人はユーチューブチャンネルを持っているのかも」と考えて、クリックしてあなたのチャンネルに来てくれる可能性もあります。

※ただしこれによるアクセス数アップ効果は微々たるものです。また、他人の動画に「宣伝のようなコメント」を残すと印象が悪くなるので厳禁です。

バナー作りのポイント3選

1.どんなチャンネルなのかおおよそ分かるようにする

例えば「RPGがメイン」の「ゲーム実況チャンネル」なのであれば、それが分かるようなバナーにします。バナーには文字を入れることもできますから、「RPGをメインに配信中!」などと書いておくといいでしょう。

2.投稿予定日も入れる

例えば「毎週月・火・土・日 午後19時に投稿中!」などとバナーに投稿予定を入れている人も少なくありません。ただ、そのような記載をする以上は予定を守るようにしましょう(守れなくなってきたらバナーのその部分だけ変える)。

3.考えずに一瞬で理解できるバナーにする

イメージとしては「他人パッと見で、チャンネル内容を理解できるバナー」が最適です。他人がバナーを見たときに、「ええっと……なるほど、そういうチャンネルか」と少し考えてしまうようではいけません(そもそもそこまで考えてくれないと捉えておくべきです)。

 

アイコン作りのポイント3選

1.後から変更しないようにする

ユーチューブ視聴者の中には「登録したチャンネルリスト」から、見たいチャンネルを探すときに「アイコン」を手掛かりにします。もちろんチャンネル名も見るでしょうが、アイコンが変更されていると、「(チャンネル名は変わっていないけれど)あれ、このチャンネルじゃなかったっけ……?」などと視聴者をいたずらに混乱させることになります。ですからアイコンは後から変更しないでください。(変更しなくていいように慎重に作りましょう)ちなみにバナーであれば変えても構いません。あえてたびたびバナーをリニューアルしているユーチューブチャンネルもあります。

2.オリジナリティを出す

他人が見たときに「他とは全然違う」と思えるアイコンにすることをおすすめします。そうでないと印象に残りにくいからです。どのあたりから「オリジナリティがある」と言えるのは難しいところですが、これに関しては実際の人気ユーチューバーのアイコンを見るなどをして研究していただければと思います。

3.著作権違反に気をつける

ユーチューブ動画のコメント欄を頻繁に見ていると分かりますが、ユーチューブのアイコンに関しては率直に言って「著作権・肖像権違反のオンパレード」となっています。アニメの画像や、芸能人の写真を無許可でアイコンに使っているアカウントが大量にあります。もちろん、だからといってペナルティを受けることはほぼありませんが(見逃されています)、動画投稿者が著作権や肖像権の違反をするとイメージを著しく損ねることになるので気をつけてください。権利フリーの素材を使ったり、自分で撮った写真を用いたりすることをおすすめします。