ユーチューバーが獲得できる報酬って種類あるの?6つの方法を徹底解説
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2022.01.11

ユーチューバーが獲得できる報酬って種類あるの?6つの方法を徹底解説

Youtubeの最適化と終了画面

多くの方が「ユーチューバーの報酬は、Googleアドセンスからの広告収入から出ている」という認識をお持ちかもしれません。

しかし、それは、間違っているかもしれません。他にも報酬が得られるルートがあるからです。今回は意外と知られていない6つの種類のyoutube収益を順にご紹介します。

 

1.広告収入

・チャンネル登録者数1000人以上

・直近1年の動画総再生時間4000時間以上

などの条件を満たすと、いわゆる「収益化」ができるようになります。すると、動画広告(YouTubeの動画を再生する前にCMが流れることがありますね)によって収入を得られるようになります。ちなみに上記の収益化条件は、今後変わっていく可能性もあります。例えば、以前は「チャンネル登録者数、動画再生時間に関わらず、YouTubeの審査をクリアすれば収益化できる」というシステムでした。

 

2.チャンネルメンバーシップ

「チャンネルのメンバー登録をしたリスナーは、そのチャンネルにおける特典を取得できる」というシステムのことです。登録をしたリスナーは月額料金を支払うことになります。その分がチャンネルの収益になるということですね。ただ、「顔出しチャンネル」のように、「動画内容だけでなく、ユーチューバー自身に人気がある」という状態でないと、チャンネルメンバーシップで稼ぐのは難しいかもしれません。

ですが、月額料金は最低90円から設定できますから、顔出しでなくても設定しておく価値はあるでしょう。また、専門性の高いチャンネルであれば「顔出し」でなくても、「もっと深い話はチャンネルメンバーシップ限定!」などで誘導できるかもしれません。

 

3.スーパーチャット

いわゆる「おひねり」ですね。YouTubeにおけるライブ配信中に、支援金をゲットできるシステムです。特にVチューバーの中にはスーパーチャットで月額数百万円以上稼いでいる人が少なくありません。

これも「顔出しユーチューバー」や「Vチューバー」など、「動画投稿者そのもののキャラクター」が人気になっていないと、なかなか稼げない方法であると言えるでしょう。

 

4.ユーチューブプレミアムの収益

ユーチューブプレミアムは「YouTubeの有料会員サービス」ですね。有料会員になることでバックグラウンド再生・オフライン再生ができますし、広告をオフにすることが可能です。そしてユーチューバーには「ユーチューブプレミアムの収益の一部」が配当されます。

配当金額は「どれだけのユーチューブプレミアム会員が動画を観たか」によって変わるとされていますが、配当比率などの明確なルールは明かされていません。この「ユーチューブプレミアムの収益」を、「ユーチューバー自身の努力」によって直接的に伸ばすことはほぼできません。ですからあくまで「サブ収入」として捉えておきましょう。

 

5.企業案件

YouTubeをよく観ている人であればご存じだと思いますが、「PR案件(企業案件)」というものがあります。

企業側が「報酬を支払いますので、この商品を紹介してください」などと、ユーチューバーにお金を出すわけですね。報酬金額の目安は「チャンネル登録者数×2~4円」とされていますが、ジャンルによって異なります(専門性の高いチャンネルであればあるほど高くなると言われています)。

企業案件をもらいやすいのは圧倒的に「顔出しユーチューバー」ですが、「顔を出さないチャンネル」であっても、専門性があれば依頼が入ってくる可能性があります。ただ、いずれにせよ「安定して企業案件が入る」という保証はありませんから、あくまで「依頼があればラッキー」くらいに考えておきましょう。

 

6.グッズ販売

YouTube側に「グッズ紹介機能」があり、これを利用することでグッズを販売することができます。ただ、この機能はそれほど充実しておらず、連携しているサービスはあまり多くありません。ですから、これによって大きな利益を出すのは困難です。

ですが、自分のチャンネルから「自分のインターネットショップ」に誘導してグッズを売ることもできます。また、「Amazonなどの自分の商品URLを貼っておく」ということも可能です。

 

顔を出さないユーチューバーの主な収入源は?

すでに少し触れていますが、「顔を出さないユーチューバー」のYouTubeにおける収入源はほぼ「広告収入」です。

ただ、これだけで生活しているユーチューバーも少なくありませんから悲観する必要はありません。あとは「ユーチューブプレミアムの収益」がありますが、こちらは先ほどお伝えした通り、努力によって利益をアップさせるのが困難です。「チャンネルメンバーシップ」にも挑戦してみてもいいですが、あまり期待しないようにしましょう。また、ライブ配信をしたとしてもスーパーチャットは滅多に入らないものと考えておくべきです。