むろと廃校水族館が広告費ゼロで来場者数14万人を達成した理由はキャッチコピーにあった!
コラム
成功事例×PR
2019.04.22

むろと廃校水族館が広告費ゼロで来場者数14万人を達成した理由はキャッチコピーにあった!

大勢の人々が参加

2018年4月にオープンした高知県室戸市にある「むろと水族館」が
広告を全く打たず来場者数14万人を達成しました。
スゴイですよね~。

PR視点でこの「むろと水族館」が異例の来場者数を達成できたのか?
今回のコラムでは、その秘密に迫っていきたいと思います。
⇒参考サイト:廃校水族館がPRだけけで14万人達成

過疎化の進む室戸市に全国から観光客を呼び込む廃校水族館

実はこの水族館は、廃校となった小学校の校舎を利用した水族館なんです。
魚たちの展示は、生徒のいない教室やプールを活用。教室には直径3メートルの水槽が並び、プールにはウミガメが泳いでいます。
ジンベエザメやイルカの様な目玉となる水族館のアイドルはいません。
しかし、オープンから一年も経たずして14万人もの来場者を呼び込む事に成功しました。
しかも、広告は一切打たずに口コミだけで!です。

ではなぜ、廃校水族館はこれほどまでの集客に成功したのでしょうか?

真逆のキーワードを組み合わせるだけで人は知りたくなる?

口コミを生んだ理由は”廃校×水族館”という真逆のキャッチコピーだと考えられます。
予想できない違和感を感じる、真逆のキャッチコピーは人を惹きつけます。

■例えば…
『人は話なんかに惹かれません』=人を惹きつけるは話術は学びの対象であるとされている
『ストレスは成功の種』=ストレスは害のあるものだとされている
『アマチュアには忙しいという美学がある』=プロは忙しくアマチュアは時間があるとされている
『プレゼン力をつけたいならスライドも資料も準備しちゃダメ』=プレゼン上達の為の資料作成術は学びの対象とされている

どうでしょうか?常識とされている事とは真逆のコピーは
なぜ?とその真相を知りたくなりませんか?

事業の知名度はキャッチコピーが8割

世の中に広めていきたい商品やサービスが革新的なモノとして
社会的インパクトを与えられるか否かはキャッチコピー次第です。
例えば、最近では『都市型BBQ』等がその典型的な例ですね、もちろん『廃校水族館』もその一例でしょう。

広告費ゼロで14万人の来場者を呼び込んだ秘密は真逆ワードの組み合わせ

ここまで読んで頂けた方はお気づきだと思いますが、
広告費ゼロで14万人もの来場者を呼び込んだ廃校水族館のヒミツは真逆ワードの組み合わせです。
興味を引き付けるキャッチにする事で、口コミの拡散も期待できます。

キーワードに社会的背景を織り交ぜる

もちろん高知県の廃校水族館が人気になる秘密は『誕生までの社会的背景』等
様々な要素がありますが、今回はキャッチ要素だけを取り上げています。

皆さんもこの真逆技でグッとくるコピーを作り
口コミを作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

move to top