デジタルマーケティングでPDCAを高速で回すために必要な3つの意識!
コラム
経営戦略×PR
2019.03.25

デジタルマーケティングでPDCAを高速で回すために必要な3つの意識!

分析する人々

ネットが大きな力をつけている昨今。デジタルマーケティングは必要不可欠な戦略となっています。

PRを行う上でも、オフラインとオンライン双方からアプローチしていくことが必須といっても過言ではないでしょう。サイトの改善、SEO対策など日々移り変わりが激しく正解がないWebマーケティングを行っていくにはPDCAをどう回していくかがカギとなってきます。今回はサイトを改善していくためのPDCAを回すために意識したいことを3つ紹介したいと思います。

ゴールや目的の設定を明確にする

サイトを改善するにあたって、会社のマーケティング全体をみる必要があります。サイト改善を行いどのような効果が得られるのか、だれをターゲットにしたいのか、どれくらいの売り上げ数を上げたいのかをはっきりと設定することで、ゴールとする数字、ターゲットに至らなかった理由を浮き彫りにすることが可能になります。そうすることで新しい仮説の精度を高めていくことが可能です。

PDCAを回すためのプロセスを確立させる

誰が何をどのように行うのかというプロセスを確立させると、施策を行う度に環境を調整する必要がなくなるので、新しい仮説をすぐに実行しやすくなります。サイクルを回す回数を上げることで施策の成功率も上がっていきます。

必ず社内での共有を行う

社内で施策を共有することで、行った内容を再度まとめて整理することができ、改善点を見つけやすくなります。また自ら共有することで色々な人のアドバイスを反映させることができ、より良い施策が生まれやすい環境を作っていくことができます。

 

以上のことを意識して行うことでPDCAをより効果的かつ高速で回すことができ、サイトの改善やデジタルマーケティングの成功確率をスムーズに行うことができます。

基本的なことですが、意外とできていない会社は多いのではないでしょうか?Webマーケティングがうまくいっていないという時は一度基本を見直してみるのもいいかもしれませんね

move to top