インフルエンサーを使ったPR手法とは?
コラム
経営戦略×PR
2014.12.14

インフルエンサーを使ったPR手法とは?

12月に入り、今年も残すところあとわずかになりました。
今月はクリスマスや年末・正月休みなど、
みなさん楽しみにしている予定がたくさん入っていることと思います。

さて、そんな嬉しい情報がふえる年末ならでは、
今回はインフルエンサーを使ったPR手法をご紹介します。

「インフルエンサー」とは、一般的にみなさんの消費行動に
影響を与える人物のことを言います。
特定の分野に詳しい専門家、ネット上で強い影響力を持つ人などが
それにあたります。

具体的には、芸能タレント・ファッションモデル・スポーツ選手・専門家などです。

このような「インフルエンサー」たちと上手くリレーションを取れれば、PRの選択肢が広がります。

その中でも一番分かりやすいのは、やはり「ブログ」になります。

「インフルエンサー」にイベントやサンプリングといった体験をメインにした活動を通じて、
ブログのネタにしてもらえるようなをネタを提供していくような流れです。

「インフルエンサー」の方々は当然記者ではないので、
こちらの伝えたいことに共感してもらい、ファンになってもらうことが重要です。

影響力のある方のブログに書いてもらうことができれば、
大きな話題になる可能性を秘めています。

最近ではブログだけでなく、
Twitterやfacebookなどのチャネルを使い分けるケースが多いです。

本来は、上記のようなWEB上だけではなく、
リアルの部分でもリレーションを築いていくことが重要です。

ファッション業界であれば、「モデル」や「スタイリスト」、
食品・飲食関連業界であれば、「料理研究家」や「フードアナリスト」など
それぞれの業界で影響力を持つ「インフルエンサー」とリレーションを構築することができれば、
思わぬ展開が起きるかもしれません。

みなさんも、ご自分が働く業界の「インフルエンサー」を調べて、アプローチしてみてはいかがでしょうか?

move to top