飲食店のPRや広報で意識すべきポイント5選!テレビに取材され集客評価が高いお店の特徴
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2022.07.31

飲食店のPRや広報で意識すべきポイント5選!テレビに取材され集客評価が高いお店の特徴

飲食 PR

今回は飲食系(特に新規店舗や小型店舗)の広報活動やPR戦略に関して、他のジャンルのそれとは少し違うアプローチのポイントをご紹介をしていきます。

 

飲食店のPRや広報で意識すべきポイント3選

1.「広く浅いアプローチ」が有効

通常、広報PRというものは、「媒体のターゲティングをしっかり行い、狭く深いアプローチをする」のがセオリーです。それだけ、「興味を持ってもらうためのハードル」が高いのですね。しかし、「飲食ネタ」に関心を持ってくれるメディアはかなり多いです。なぜなら、「ネタとしてウケやすいから」です。

あなた自身も、例えばテレビをなんとなくザッピングしていて、「飲食ネタ」があれば一瞬チャンネルを変える手を止めるのではないでしょうか。話を戻しますが、飲食系の広報PRでは「プレリリース一斉配信サービス」をはじめとして、電話・郵送・ファックス・メールなど、様々な手段を使って、とにかく幅広くアプローチするのがポイントです。

そしてプレリリースを送り終わったら、基本的に「反応してきたメディアに対して、こちらも反応する」という方針でOK。最初から特定の媒体を決め打ちする必要はありません。ただ、「プレリリース・ネタの作り込み」は丁寧に行ってください「数撃てば当たる」ではいけませんので。

2:プレリリースは写真を多めに!

どの業界の企業でも、「文字ばかりのプレリリース」はウケません。適度の写真・図・表を利用して、「ビジュアル的に面白いプレリリース」を作るべきです。そして飲食系の広報PRでは、なおさら「ビジュアルメインのプレリリース」にすることが重要です。推したい料理・飲み物の写真はもちろん、店舗の外装・内装なども掲載しましょう。他にも思いつくものがあればなんでも載せます。また、写真は必ずカラーにしてください。ここでコストを惜しんではいけません。

3.「オープニングレセプション」をする

オープニングレセプション:お店の正式オープン日の前に、マスコミを招いて、料理や飲み物を無料提供するイベントこれに出席するメディアは、通常よりも高い割合で記事や番組で取り上げてくれますね。「モノで釣っているように思える」ということで抵抗感があるかもしれませんが、そこは割り切りましょう。また、オープニングレセプションをすると周囲から目立つため、正式なオープン日に向けて良い宣伝になることでしょう。

ちなみに、オープニングレセプションに飲食系の人気ブロガー・ユーチューバーなどを招待するのもおすすめです。「招待方法」は、「プレリリースに招待状をつける」という簡単なやり方で構いません。「参加される方はファックス、TEL、メールなどでお伝えください」というメッセージをつけておきましょう。

 

飲食店のPR広報では新商品やオープンイベントでテレビを狙え

4.テレビ取材も狙いましょう

先ほども触れたことにも繋がりますが、現実として「飲食ネタは視聴率がアップしやすい」という事実があります。ですから、「テレビ番組で取り上げられるなんて無理」と思い込まず、積極的にテレビ局にアプローチしましょう。特に地元のローカル番組であれば特集されやすいはずです。もちろん、そこからの全国進出も目指せますね。

5.(なければ)ランチ提供を始める

「取材を狙うためのテレビ番組の研究」をしている熱心なPR担当者であれば察していると思いますが、「夕方~夜しか営業していない飲食店」よりも、「ランチ提供をしている飲食店」のほうが圧倒的に多くテレビに登場しています。

理由の一つに、「そもそも夜に外食なんてほとんどしない」という主婦がたくさん視聴しているということがあります。「経営方針的にどうしても不可能」ということでなければ、ランチ提供も検討してみましょう。ちなみに、「夕方~夜よりもリーズナブルなランチメニューを提供している」というのも一つのウリになります