XMLサイトマップとは?Googleに効率よくサイト構造を送信して効率的なクロールを促す
戦略一覧
SEO
2020.07.23

XMLサイトマップとは?Googleに効率よくサイト構造を送信して効率的なクロールを促す

引用画像_XMLサイトマップのイメージ画像

XMLサイトマップという、検索エンジンのために提供する特殊な形式のサイトマップがあります。これを送信することで、効率的なクロールを促すということについて学んでいきたいと思います。

社内担当者はもちろん、専門知識のない広報やマーケティングに関わる方でもわかるように解説してきます。

 

XMLサイトマップとは何か?

XMLサイトマップは単にサイトマップと呼ばれることもあり、検索エンジン専用のサイトマップの役割を果たします。

XMLサイトマップは必須ではなく、作成しなくても構いませんが、技術部門やエンジニアの十分な協力が得られる場合にのみ、より高いSEO効果を目指して作成するものとなっています。中途半端なXMLサイトマップは逆にマイナス要因になってしまいます。

 

XMLサイトマップがどうして必要なの?

下記のような場合には、XMLサイトマップ以前にサイトの構造を改善すべきですが、サイトの改修が困難である場合には、XMLサイトマップを作成してSEO効果を改善できます。ただし、効果は微々たるものなので、根本的な解決を先に行いましょう。

◎1: サイトに動的URLが多く含まれている

◎2 :AJAXを使用しており、AJAX以外ではコンテンツにアクセスできないページがある

◎3 :サイトが新しく、ほかのサイトからのリンクが少ない

◎4 :サイトに多くのリッチメディアコンテンツ(画像や動画)が含まれており、Google画像検索・動画検索・Googleニュースにヒットさせたい

 

XMLサイトマップの作り方

XMLサイトマップは、サイトマッププロトコルという名前の仕様(http://www.sitemaps.org/ja/)にもとづいて作成します。静的な(内容が固定の)XMLサイトマップが使われている大規模なサイトを見かけますが、必ず動的生成とし、すべてのページを含むようにしましょう。

■システム開発者の協力が不可欠

開発工数がかかるのでマーケティング担当者だけでなんとかなると思わず、必ず技術部門のサポートを受けて開発するようにしましょう。また、上記に加えて、Googleが規定するガイドラインを順守する必要があります。サイトマップを作成したら、それをGoogleに送信しましょう。

送信には、Search Consoleを使用するか、robots.txtファイルに「Sitmap:http://example.com/sitemap_location.xml」という記述を加えます。Search Consoleを使用すると、サイトマップのステータスや統計情報が表示されるようになるので、必ず両方対応しておきましょう。

■スマホサイトのXMLサイトマップ

スマホサイトとPCサイトが同一のURLで展開されている場合には、PCサイトでXMLサイトマップを送信するだけでいいのですが、スマホサイトが別URLの場合にはどうすればいいのでしょうか?

この場合には、当サイトでは推奨していませんが、スマホサイトのURLはPCサイトの<link>要素内の「rel=”alternate”」でリンク(実際にリンクされているわけではないので、アノテーションと呼ぶ)を入れておくことで、スマホサイト用にXMLサイトマップを準備しなくても、クローラーはスマホサイトを発見することができます。スマホサイト用のXMLサイトマップを作成することができれば、よりクロール速度を速めることができます。

 

まとめ XMLサイトマップでユーザー利便性を高めよう

以前、サイトマップ(サイト全体の構成)について学びました。XMLサイトマップとは、検索エンジンのために提供する特殊な形式のサイトマップです。ここではXMLサイトマップが必要な場合とその作り方について学びました。