RFPとは?SEO対策のシステム開発担当者とはRFPを使ってやりとりしましょう
戦略一覧
SEO
2020.07.17

RFPとは?SEO対策のシステム開発担当者とはRFPを使ってやりとりしましょう

引用画像_広報PRスキーム

SEOには技術的なルールが存在します。

そのため、開発担当者とはRFP(提案要求書、提案要件書)を使ってやりとりをしていきます。その手法について学びましょう。そして、検索エンジンのビジネスの仕方から、技術要件の重要性について理解をしていきましょう。

SEOには守るべき技術的なルールがある

SEOの設計も終わり、サイト構造も決まった段階まで来たら、デザインと開発のフェーズとなります。

Web担当者として開発も自分で行いますか? 別の人に依頼することが多いですよね。開発担当者が社内にいる場合も、外注する場合もありますが、いずれにせよSEOには独自の、守らなければならない技術的なルールが存在します。

「訪問者の目的に合わせて、ベストなサイトを作ればそれでよかったんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は検索エンジンというのはまだまだ完成度が低く、どんなサイトでも正しく評価できるとは限らないのです。

Webサイトも検索エンジンも、コンピュータやソフトウェアの塊です。ソフト同士をきちんと会話させ、皆さんのサイトの価値の高いコンテンツを、わかりやすく検索エンジンのシステムに伝えることが必要なのです。

 

技術要件のやりとりはRFPを使う

とはいえ、SEOに必要な技術要件は非常に細かいものも多く、エンジニアではないあなたには理解できないかもしれません。ちんぷんかんぷんのものもあるでしょう。

そこで、「RFP」という文書を使ってうまく技術部門・エンジニア・外注開発会社に要件を伝えることを提案します。RFPは「Request For Proposal」の略で、提案要求書、提案要件書と呼ばれる文書のことです。

あなたはサイトのリニューアルにあたって、エンジニアに対して、開発の工数や金額などの見積もりを依頼することでしょう。その際に、見積もりの前提条件としてSEOの技術要件をすべて含めてもらうように、文書で依頼するのです。すでに開発会社用のRFPが存在している場合は、SEO要件をそのRFPに追記してもらいましょう。

 

RFPが開発会社との約束になる

RFPを使うことにより、開発会社は必ずSEO要件を守らなければならなくなります。

もし守っていなければ、それは瑕疵(バグ)ということになり、開発会社としては瑕疵担保期間中(通常は納品から数ヶ月程度)に露呈すれば、開発会社は無償で修正しなければなりません。これによりWeb担当者は安心して、マーケティング活動に集中できるのです。特に外部の開発会社に委託する場合には、必ず、SEO要件の入ったRFPを作成し、RFPにもとづいて提案してもらいましょう。

■検索エンジンも顧客満足度とコスト削減を追求している

日本では、なぜか検索エンジンは公平な基準に従って順位を決めている、と考えている人が多いように思います。

ですが実際そうでしょうか? Googleも例外なく、ほぼすべての営利企業は、自社の利益の追求が最も重要なミッションです。そして、どんなビジネスでも、利益を上げるためには、顧客満足度の追求と、コスト削減のバランスを取ることが必要となりますよね。

では、検索エンジンにとって「顧客」とは誰でしょうか? 広告を出してくれる広告主でしょうか?

もちろんそうなのですが、広告主がたくさんいれば安泰というわけではありません。検索エンジンを利用する「ユーザー」そのものが、検索エンジンの最大の資産です。ユーザーがたくさんいれば、広告主は探さなくてもどんどん集まってきますよね。ユーザーがいない検索エンジンに広告を出す人はいません。

■検索にはコストがかかっている

もし、マイクロソフトの検索エンジンBingのほうが、Googleより圧倒的にいい検索結果を表示するようになったらどうしますか?

Googleを使っていた多くのユーザーは「Bingを使おう」と思うでしょう。そうすると、広告主はあっという間にGoogleから離れ、Googleの売り上げは20~30%くらいは減少してしまうかもしれませんよね。

さらに、われわれは検索エンジンを無料で利用できますが、運用にはコストがかかります。実際に2016年度のGoogleの総コスト$66556(単位百万ドル)を、ちょっと乱暴な計算ではありますが、YouTube(120億ドル)とGoogleディスプレイネットワーク(156億ドル)の売り上げシェアを除いてから年間検索回数の2兆回で割り算してみます。

そのように計算すると、1回の検索あたり約2.4円のコストがかかっていることになります。思ったより高いですよね?

このコストにはクローラーやインデックス、検索を実行するコンピュータの費用や電気代、スタッフの人件費も含まれます。

■技術要件を満たしてクローラーに避けられないサイトを目指す

さて、なぜ今さらこんな話をするのかと思う人もいることでしょう。

Googleにとって、訪問者のニーズに合致しないページや中身のないページ、ほかのページと中身が重複しているページなど技術要件が満たされていないページは、インデックスしても検索されることはないため、処理するだけ無駄になってしまいます。

ヒットしない、ヒットさせるべきではないページは、Googleにとって無駄なコストになるのです。当然、そのようなサイトはクローラーに避けられてしまいます。つまり、クローラーに回避されないために、技術的に対応しておく必要があるわけです。

 

検索エンジンも営利企業 まとめ

「SEOってずいぶんサイトの構造に影響を及ぼすんだな」と感じていただけたでしょうか?

難しく感じる部分は、技術部門やエンジニアに質問し、相談してみてください。

また、SEOの技術要件を理解するために、「検索エンジンのビジネス面」をしっかりと理解しておく必要があります。検索エンジンも営利企業です。すべてのサイトを公平に評価し公平なサービスを広く提供するということは「ない」ということを学べたと思います。