サイトがスパム判定されたら?SEOペナルティ解除の手順を詳しく解説
戦略一覧
SEO
2020.07.07

サイトがスパム判定されたら?SEOペナルティ解除の手順を詳しく解説

引用画像_SEOの実施から効果測定まで

自社のサイトが、思いもかけずGoogleのガイドライン違反にあたってしまい、スパム判定されてしまうといったこともありえる話です。そんなときは、再審査を受けるといった方法があります。

広報やマーケッターであれば、なおさら事態は深刻です。会社のブランディングやリード獲得に直結するからです。今回はその方法について、詳しく解説していきたいと思います。

自動ペナルティと手動ペナルティでは解除手順が異なる

ペナルティには2つの種類があります。1つは検索エンジンのアルゴリズムに自動的にガイドライン違反と判断される自動ペナルティです。もう1つはGoogleのスタッフの目視によってスパム判定される手動ペナルティです。

自動ペナルティは、スパム行為をやめることで検索エンジンにおけるアルゴリズムにより、ペナルティ判定を解除されることがあります。しかし、手動ペナルティにおいてはスパム行為をやめてもすぐにペナルティ解除となることはなく、Googleのスタッフに手動で再チェックしてもらって、ペナルティを解除しなくてはなりません。

■手動ペナルティを解除する

手動ペナルティが課された場合はSearch Consoleにアナウンスが届きます。

Search Console内の手動対策欄に、手動ペナルティになった要因と対象のディレクトリが表示されることになります。もしもアナウンスが届いてしまったら、手動ペナルティを解除するために、手動対策欄に書かれた内容をもとにペナルティ解除の対応をしなければなりません。

■自動ペナルティは再審査できない

自動ペナルティについては、Search Consoleにもアナウンスが届きません。

ですので、自力で自動ペナルティが課せられていることを発見し、内容を把握した後、自動ペナルティが解除されるように対応しないといけません。なお、手動ペナルティを課せられているときしか再審査リクエストを行えないため、自動ペナルティの際は修正して、あとは待つしかありません。

 

SEOのペナルティでは違反行為を修正して再審査を受ける

スパム判定されてしまったら、購入していたリンクを外すか、外すことができないリンクは否認ツールを使って処理していきます。否認ツールとは、悪意のあるリンクや低品質なリンクを外すことができない場合に、Googleに特定のリンクをサイトの評価に含めないように伝えるツールのことを指します。

しかし、それだけでは手動ペナルティは解除されません。再審査リクエストにて、有料リンクの購入先、外したリンクの具体的な内容、否認ツールを使用した場合はリンクを外すことができなかった理由などの対応内容をGoogleに通知する必要があります。この手順は、時間や工数がかかり、手動ペナルティ解除の対応を行っている間は自然検索からの流入も失ってしまうため、ビジネスに多大な損害を与えてしまいます。

■スパム行為を発見したときは

Googleは「スパムレポートフォーム」を用意していて、ユーザーからの情報も受け付けています。報告があったサイトは目視でチェックされ、問題があれば手動ペナルティを受けることになります。もし、スパムと思われる行為をしているサイトを見つけた場合には、下記のフォームからGoogleへ報告することができます。

 

SEOペナルティを以下に受けないかが大切 まとめ

前回紹介したようなガイドライン違反によりペナルティが課せられると、検索エンジンからの流入を大きく損なう可能性があります。その場合は、Googleより提供されている手順で再審査依頼をしましょう。