リスト一覧ページとは?一覧するページのSEO要件に気を付けて戦略的に作成する
戦略一覧
SEO
2020.06.10

リスト一覧ページとは?一覧するページのSEO要件に気を付けて戦略的に作成する

東京のPR会社の選び方イメージ画像

リスト一覧ページは、カテゴリページで絞り込んだ商品やサービスが一覧として羅列されるページです。

このページに表示されている情報を参考に詳細ページへ移動するため、商品やサービスの内容を比較しやすい状態にしておかなければなりません。

リスト一覧ページの目的と役割

細かな絞り込みや並べ替え機能などを抑えて、使いやすいページを目指しましょう。また、エリアとグルメジャンルなどサイトによってはカテゴリとカテゴリを掛け合わせた結果を一覧で表示するクロスカテゴリページが必要になることがあります。

クロスカテゴリページを生成することで、エリアとグルメジャンルなら「鎌倉 カフェ」や「鎌倉 パンケーキ」、さらに条件を加えた3軸のクロスカテゴリページなら「鎌倉 海が見える カフェ」「鎌倉 カフェ 駐車場あり」などの掛け合わせの複合語によるキーワードも対策できるようになります。

 

重複コンテンツを生み出さないように注意する

一覧ページでは、絞り込みや並べ替えなどのソートメニューを用意することが多いでしょう。

しかし、絞り込みや並べ替えを行った後のページがそれぞれ別のURLになると、検索エンジンからは「一覧の順番だけが違う似た内容のページが量産されているサイト」と判断されてしまう可能性があります。

これは、「重複コンテンツ」と呼ばれるものです。対応するには後に解説するcanonicalタグなどを利用する必要があります。Googleは、すべてのコンテンツをクロールした上でサイトを判断したいとアナウンスしているので、robots.txtを利用して特定のURLをブロックすることは避け、canonicalタグでメインページを指定したり、Search Consoleのパラメータ制御にてクロール対象外とするなどの方法で対応しましょう。

◆一覧の表示順序にも気を付ける

一覧ページが複数ページにまたがる場合や、クローラーが訪問する頻度が高くなりやすいのも、1ページ目です。そこで、1ページ目のデフォルトの並び順が非常に重要になります。

強化したい重要な詳細ページへのリンクを中心に並べましょう。また、検索エンジンはオリジナルコンテンツを重視します。他社から供給されているデータで作成されたページと自社で用意した独自のオリジナルデータで作成されたページがある場合は、後者を優先的に並べましょう。

◆ページネーションではページのリンクを最適化する

一覧ページが複数ページになる場合には前後のページへ移動するためのナビゲーションになるページネーションが必要です。

詳細は後に解説しますが、検索エンジンは一定のページ数しかクロールしません。すべてのページをインデックスさせるためには、ページのリンクを最適化すると効果的です。対応方法として、ページネーションの先頭と最後のリンクを常に掲載することで、検索エンジンがクロールしにくい最後のページにリンクを供給する方法が挙げられます。

現在地を中心に前後5ページずつのリンクを掲載し、最初と最後のページへのリンクを常に記載しておくことで検索エンジンがたどるリンクの数を少なく済ませられます。

◆ページネーションタグでページの分割を知らせる

ページネーションタグとは、同一のコンテンツを複数ページに分割して表示している場合に、検索エンジンに情報量が多いためページを分割していることを知らせる要素です。

それぞれのページの<head>タグ内にページネーションタグを記載することでページの分割を知らせられます。ただし、重要コンテンツの判断を回避するタグではないので、<title>タグ、<meta>タグ、<h1>タグはページごとにユニークにする必要があります。

◆まとめ

商品やサービスなどの情報のリストが並ぶ一覧ページには特有のSEO要件が多くあります。大規模なサイトでは、手つかずだったそれらの要件を実装するだけでSEOの効果が表れることもあります。