「ディレクター」と「報道記者」の違いとは?広報担当者が知るべき3つのポイント
PR戦略とは
3分で分かる「PRの基本」
2020.12.12

「ディレクター」と「報道記者」の違いとは?広報担当者が知るべき3つのポイント

報道記者

テレビ番組に携わる人たちの肩書きとしては「プロデューサー(アシスタントプロデューサー)」と「ディレクター(アシスタントディレクター)」が有名です。

大雑把に言うとプロデューサーは「番組全体の指揮官」で、ディレクターは「現場で働く人たち」です。
後者は「取材」の仕事もしますから、広報担当者にとって大事なのはディレクターのほうです(プロデューサーとの繋がりも強力な武器にはなりますが)。

 

広報担当者が知るべき「ディレクター」と「報道記者」の違い

ですが、広報担当者にとってもう一つ大事な役職があります。それは「報道記者」です。

「ディレクター」との境目が曖昧と言えなくもない役職ですが、例えばNHKであれば報道記者とディレクターとでは「採用のルート」からして違うくらいです。

さて、前置きが長くなりました。ディレクターと報道記者の違いを説明していきます。

●ディレクターの仕事

一言で表現するなら「質のいい映像を作ること」が仕事です。別の言い方をするならば「映像職人」です。

テレビ番組を作る際の責任者(のうちの一人)であり、企画立案、テロップ作成、映像編集などを行います。
また、場合によっては取材・収録もすることがありますが、レポーターをすることはまずありません。

●報道記者の仕事

「記者」というくらいですから、彼らの仕事は「ニュースになる情報を集めて、テレビ番組によって報道すること」ですね。

ディレクターと違い、レポーターとしてテレビに映ることもあります。ただ、テレビに映るような報道記者はほんの一部であり、ほとんどの報道記者は「ひたすら取材」という感じで活動しています。
「新聞記者」などと仕事の内容は近いです。

●ディレクターと報道記者の違いまとめ

*ディレクター
→主な仕事は映像作り

*報道記者
→主な仕事は取材

簡単にまとめると、以上のような違いがあります。ただ、「ディレクターは映像作りしかしない」などという事はもちろんありませんし、報道記者がテレビに映ることもあるわけです。

 

広報にとって「ディレクター」と「報道記者」のどちらが大事?

広報担当者にとって、報道記者の存在はもちろん大事です。

日夜取材をしてネタを探していますからね。ただ、ディレクターもネタが欲しいとは思っていますから、結局のところ「ディレクターも報道記者も、同じくらい大事」というのが結論です。

ただし、「ディレクターとの繋がりを作っている広報」は多いですが、報道記者との繋がりも積極的に作ろうとしている広報は少ないという印象です。

ですから、より深く表現するのであれば、「同じくらい大事だが、報道記者は穴場」ということになりそうです。

「報道記者」と「新聞記者」の違いは?

最後に「(テレビの)報道記者」と「新聞記者」の違いも紹介しておきます。

仕事内容は「取材して記事を作る」ということで共通しています。

しかし、

*報道記者:テレビで情報(番組)を出力する
*新聞記者:新聞で情報(記事)を出力する

という差があります。

これだけ見れば「何を当たり前のことを……」と感じるかもしれませんが、「新聞記者は自分が喋ることはないが、報道記者は自分がレポーターになる可能性がある」という違いもあります。

それでも、先ほどもお伝えした通り、レポーターになるケースは少ないですが、「報道記者は喋りが上手くないとできない」とは言われています。

そのため、報道記者のほうがコミュニケーション能力が高い傾向にあります。

ですから、広報担当者としても、新聞記者よりも報道記者を相手にするほうが仕事がしやすいと感じるかもしれません。
まあ、個人差が大きい部分ではあるのですが、一応知っておくと良いでしょう。