日本未上陸の人気店
コラム
女性視点×PR
2015.03.23

日本未上陸の人気店

皆さんは、ハンバーガーはお好きですか?
私は、ときどき無性に食べたくなってしまい、ダイエット中にも関わらず食べに行ってしまいます。

最近では、多くのハンバーガーショップが海外から続々と上陸してきていますが、
実は、まだ日本未上陸の大人気ハンバーガーショップがあるんです。

その名も『シェイク・シャック』。
本場アメリカ・NYで№1とも呼び声の高い大人気ハンバーガーショップだそうです。

ハンバーガー好きとして、
今回は『シェイク・シャック』について取り上げてみたいと思います。

<シェイク・シャックとは?>
ニューヨークのマディソンスクエアパークに最初の店をオープンして以来、アメリカ国内をはじめ、ロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワなどに店舗を広げ、
今ではニューヨークのみならず世界中に熱狂的なファンを増やしているみたいです。

<コンセプトは?>
『シェイク・シャック』は環境や社会に配慮し、おもてなしの心や食材の質を追求する姿勢と、手軽・手ごろ・便利といったファスト・カジュアルを掛け合わせたコンセプトを持っているそうです。

<気になる人気の秘密は?>
食の安全を意識して、素材のクオリティにこだわったメニューが提供されるそうで、
成長ホルモン不使用の100%アンガス・ビーフで作った良質のパティや、ジャガイモを練り込み、モチモチとした食感が特徴的なバンズは、一度食べたら病みつきになってしまうみたいです。

またバーガーとの相性を考慮し、『シェイク・シャック』のためだけに作られたビールやワインを一緒に楽しめるのも魅力の一つだそうです。

<どれくらい人気なの?>
ランチやディナータイムには当然行列ができますが、
雨や雪の日でも行列は途絶えないそうです。
あの並ぶのが嫌いなアメリカ人が行列を作ってでも食べたがるというほど人気店。

一体どんなお味なのでしょう?
ますます食べてみたいですね。

<日本上陸しないの?>
2016年に1号店を東京にオープンすることが決まりました。
また、2020年までに10店舗の出店を計画しているそうです。

これは、本当に楽しみですね。

それまでにちゃんとダイエットをして、何の気兼ねもなく
本場のハンバーガー『シェイク・シャック』を
思う存分堪能したいと思います。


執筆者・監修者
上岡正明
PR戦略プランナー・著書21冊累計80万部のビジネス作家
登録者23万人のYoutuber
上岡正明

MBA(多摩大学院経営情報学修了)
多摩大学客員講師(18,19)
帝塚山大学客員講師(19)
登録者22万人のビジネス系YouTube

日本を代表するPR戦略の専門家で企業広報のスペシャリスト。未上場から上場企業まで戦略PRを手掛けたクライアントは300社以上。「スーパーJチャンネル」「めざましテレビ」「王様のブランチ」「クイズミリオネア」等の元放送作家。

戦略PR、広報ブランディング、新規事業構築、外資系企業の国内PR、海外プロモーション支援のコンサルティング会社代表。現在まで約20年間、実業家として会社を経営。これまでに三井物産、SONY、三菱鉛筆、日本瓦斯など200社以上の広報支援、スウェーデン大使館やドバイ政府観光局などの国際観光誘致イベントなどを行う。

代表的なコンサルティング案件としては、日本中の女性たちの心を動かした「表参道のパンケーキブーム」、1年で200万台以上を売り上げた「ふとん専用掃除機レイコップ」、世界が注目する食イベント「肉フェス」、1カ月で6000万人(日本の約半分)にバズらせた「ジャポニカ学習帳“昆虫の表紙が変わった?”」がある。

経営と並行して大学院にてMBA(情報工学博士前期課程)修了。東京都中小企業振興公社講師。成蹊大学、多摩大学、帝塚山大学の客員講師。東洋経済新報社、ダイヤモンド社、朝日新聞出版社、PHP出版、総合法令出版社、アスコム社、大和出版、すばる舎、宝島社から累計20冊75万部の著書を上梓。

日本神経心理学会、日本行動心理学学会、行動経済学学会、一般社団法人日本行動分析学会、日本社会心理学会、一般社団法人日本小児心身医学会、認知神経科学会の各学会員。

日経ヴェリタス・東洋経済オンライン・ダイヤモンドオンライン・プレジデントの4大経済メディアで有識者や専門家記者として寄稿連載もおこなっております。お読みになりたい方はこちらからご覧下さい。

①:東洋経済オンラインでの連載記事
②:ダイヤモンドオンラインでの連載記事
③:プレジデントでの連載記事
④:日本経済新聞での連載記事