テーマパークの火付け役
コラム
女性視点×PR
2017.02.27

テーマパークの火付け役

先日ネットニュースで

2017年春に名古屋にレゴランドが、
2018年秋に埼玉にムーミンのテーマパークができるというニュースをみました。
一時期、数々のテーマパークが閉園していく中で近年のユニバーサルスタジオジャパンの好調ぶりを機にテーマパーク熱が再発している模様です。
さて、テーマパーク熱に再び火をつけた
ユニバーサルスタジオジャパンですが、開園してからの数年、あまり話題となっていませんでした、、
しかし、
数々のPR戦略今や日本を代表するテーマパークまでのぼりつめています。
ではどのような施策でここまで人々の心をつかんだのでしょうか。
ひとつめは、
ターゲット層の拡大です。
当初、大人向けのテーマパークとしてスタートしたUSJ。
テーマパークといえば休日に家族ででかける場所なのでやはりファミリー層が楽しめる場所を提供することは大事です。
そこで、当日小さな子向けのアトラクションがバラバラとあった園内にユニバーサル・ワンダーランドを建設。
ひとつの場所に集結させることでストレスなくファミリー層も来やすいテーマパークを作り上げました。
ふたつめがお金をかけずにお客様を楽しませるコンテンツをつくること。
現在ハロウィンイベントが話題のUSJですが、近年のハロウィン仮装ブームから、非日常の空間を演出できるよう、夜限定でパーク内にクオリティの高いゾンビを歩かせます。
アトラクションをつくることなく、雰囲気を演出することで費用も最小限です。
最後に、ハリーポッターエリアをつくること。
世界中で愛される作品のエリアを完全再現することで国内のみならず、インバウンドでの流入も獲得できました。
このような戦略PRを経て、
ここまでの認知を広めました。
ほんの些細な発想が、
人々の心をつかむ夢の世界を作り上げる…
USJのクリエイティブさに脱帽です!
久しぶりに、行きたくなりました!!

執筆者・監修者
上岡正明
テレビコメンテーター・経済記者
戦略PRプランナー・著書26冊累計105万部のビジネス作家
登録者25万人のYoutuber
上岡正明

MBA(多摩大学院経営情報学修了)
テレビコメンテーター
多摩大学客員講師(18,19)
帝塚山大学客員講師(19)
登録者24万人のビジネス系YouTube

「スーパーJチャンネル」「めざましテレビ」「王様のブランチ」「クイズミリオネア」等の元放送作家。日本を代表するPR戦略の専門家で、企業広報のスペシャリスト。未上場から上場企業まで戦略PRを手掛けたクライアントは300社以上。

広報ブランディング、新規事業構築、外資系企業の国内イベント、海外プロモーション支援のコンサルティング会社代表。現在まで約20年間、実業家として会社を経営。これまでに三井物産、SONY、三菱鉛筆、日本瓦斯など200社以上の広報支援、スウェーデン大使館やドバイ政府観光局などの国際観光誘致イベントなどを行う。

代表的なコンサルティング案件としては、日本中の女性たちの心を動かした「表参道のパンケーキブーム」、1年で200万台以上を売り上げた「ふとん専用掃除機レイコップ」、世界が注目する食イベント「肉フェス」、1カ月で6000万人(日本の約半分)にバズらせた「ジャポニカ学習帳“昆虫の表紙が変わった?”」がある。

経営と並行してMBA(情報工学博士前期課程)取得。東京都中小企業振興公社講師。成蹊大学、多摩大学、帝塚山大学の客員講師。東洋経済新報社、ダイヤモンド社、朝日新聞出版社、PHP出版、総合法令出版社、アスコム社、大和出版、すばる舎、宝島社から累計21冊80万部の著書を上梓。

日本神経心理学会、日本行動心理学学会、行動経済学学会、一般社団法人日本行動分析学会、日本社会心理学会、一般社団法人日本小児心身医学会、認知神経科学会の各学会員。

日経ヴェリタス・東洋経済オンライン・ダイヤモンドオンライン・プレジデントの4大経済メディアで専門家として記事連載もおこなっております。お読みになりたい方はこちらからご覧下さい。

①:東洋経済オンラインでの連載記事
②:ダイヤモンドオンラインでの連載記事
③:プレジデントでの連載記事
④:日本経済新聞での連載記事