インタースティシャル広告【PR戦略86】 
戦略一覧
PRマーケティング
2014.02.12

インタースティシャル広告【PR戦略86】 

インタースティシャルは「すきま」といった意味があります。

インタースティシャル広告はパソコンやアプリなどでサイトを閲覧している際に、遷移する間の“空き時間・すきま”にブラウザ上に表示される広告のことをいいます。

ユーザーが不快にならないようにインタースティシャル広告の差し込む

広告を大きく扱うためユーザーへのインパクトがあり広告表示当たりの効果はバナー広告よりも高くなります。

しかし一方で、広告商品をチェックするか、広告を消すというアクションをユーザーが判断する必要があるため、ユーザーのストレスも強くなります。

では、どうすればいいのか。

ひとつの方法として、待ち時間を狙うとよいでしょう。

必要情報を読み終わったり作業が完了したとき、ローディング中のためユーザーが何もできず待ちぼうけのときなど、待ち時間を上手くつかうと効果的かつストレスを感じない可能性が高いです

move to top