メディアや記者とコンタクトする人脈がない…。

PR・広報活動を行う際に、キーになってくるのが、メディア関係の方とのコネクションです。

自社の事の取材をして、記事にしてくれる記者さん、ライターさん、実際に取り上げるかどうかを判断してくれるデスクの方、テレビ取材なら、プロデューサーさんなど、々な方と接点を取りながら、進めてゆくのがPR活動です。

PR活動をスタートさせるなら、メディア・マスコミリストが必須

広報活動を進めてゆく中で、人脈が広がってゆくのが普通ですが、「これからPR活動を進めていくぞ!」という時期は、どこに同情報を持ってゆけば良いのか、分からないものです。

メディア交流会等に参加するのもひとつの手ですが、基本的に、メディア交流会に参加しているのは、皆さまと同じ“企業の広報担当者”です。

メディアの記者さんは、わざわざそういった会に参加しないですよね。

ですので、そういったスタートアップの時期には、PR会社の持っている人脈を活用するのが、手っ取り早いやり方です。

PR会社の持っている人脈は、クライアント企業の数に比例しますので、皆さまがお持ちの人脈の50倍や100倍の人脈と言っても過言では無いのです。

PR会社の持っている人脈=クライアント企業数×1企業当たりの広報が持つ人脈。

記者さんとの人脈は、会社四季報の用にリスト化されて販売されているものでも有りません

PR会社を利用することで、そのリストが活用出来るという点も、メリットと言えるでしょう。

※フロンティアコンサルティングでは、最新のメディア・マスコミリストを提供しております。詳しくはこちらをご覧ください

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->