メディアに取り上げられるようなネタがない。

「ウチはメディアに取り上げてもらえるような、面白いネタなんてないよ。」

多くの会社の社長さんから、そういったお話を伺ってきました。

でも、違うんです。

面白いネタ、というのは、つくり出すものなんです。

メディアの興味をひく、情報を開発する

企業活動をしてゆくなかで、自然にメディアに取り上げられることなんて、殆ど無いと言っても過言では無いでしょう。

メディアは、面白い情報、役に立つ情報、を常に求めていますから、“何かに特化”していることが非常に重要です。

ですから、意識的に「メディアに取り上げられそうなネタを開発」するんです。

これを、「情報開発」と呼びます。

情報開発には、数多くの方法があります。

1.開発秘話を語る

2.タレントを起用して、イベントを行う。

3.キャンペーンを行う。

4.別の企業と共同リリースをする。

5.統計データと結びつける

6.トレンドとを取り入れる

7.座談会を行う。

などなど、皆さまの会社のサービス単体では、露出が難しくても、他の情報と結び付けることで、メディアからの取材がどんどん入ることだってあり得ます。

ネタがないと嘆く前に、「自社のサービスと結び付けられる面白いものはないか?」
と、考えてみてください。

それでも思いつかなかったら、ぜひ、一度、弊社にご相談下さい。

一緒に、ブレーンストーミングを致しましょう。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->