市場調査/コンサルティング

新たなビジネスへ参入する際も、既存事業の拡大を策定する場合においても、適切なマーケティング・ブランド戦略を立てることは非常に重要となります。

その第一歩となるのが、顧客のニーズと自社の置かれている現状を的確に把握するための「市場調査」です。

対象となる市場について顧客・競合企業・流通チャネル等の動向、マクロ環境の変化等、様々な視点から体系的に分析を行い、現在の市場全体から自社のポジションを明らかにしていきます。

更にこれらの分析を踏まえ、今後の需要や動向について予測を行い、戦略の修正や新たな企画立案につなげていくことが必要不可欠となります。

我々フロンティアコンサルティングでは、独自の調査手法とコンサルティングにより、クライアントの課題抽出から市場調査の設計・実施・調査結果に基づいた具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決のすべてにおいてトータルサポートしています。

クライアントのニーズにあわせてトレンドや技術的な傾向、ベンチマークなどの情報を提供し、目的を達成するために的確なブランド効果や営業力訴求を図るためのコンサルティング実施することで、PRにおいてもより適切なメディア展開が実現可となります。

また、私どもはBtoB分野、BtoC分野、専門分野など、すべての分野においてスタッフが徹底調査をしています。そのため営業活動や店舗売上アップに直結する多様なデータを分析し、他にはないマーケティング・ブランディンブ戦略をご提案させていただきます。

そしてPRにおいては、テレビ、新聞、雑誌はもちろん、ウェブ(モバイル)やラジオ、地方紙、フリーペーパーに至るまで、存在するすべての媒体に熟知しているスタッフが最も効果の出るクロスメディア戦略を実施します。

クロスメディア戦略フロー

STAGE1 企画提案

クライアントからの相談案件の経緯や現状をきちんと把握した上で、達成すべき目標を明確にします。その後、予備調査を行い、企画提案書を作成します。

企画や提案の成否は、個人の資質によるものだと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、企画や提案はれっきとしたプロフェッショナルな組織力・技術力が存在してこそ成り立ちます。

フロンティアコンサルティングでは、確立された企画や提案を内部で共有し、クラインとや経営層から高い満足を得たもの、売上向上など高い勝率を得ることができた企画など、ノウハウとして組織全体で蓄積しております。

そのことにより、

●クライアントにリターンをもたらすロジックを提供することができます

●するべきことを真剣に考察します。そのため、たとえクラインとの要望であっても一視点にすぎないと考えられるものは、プロとして革新案を提案させていただきます

●事前に徹底的な仮説準備を行い、決して個人プレーではなく組織力で対応させていただきます(※あわせて「結果がでる4つの理由」も御覧ください)

STAGE2 調査方法の検討

フロンティアコンサルティング独自のネットワークから、案件に最も適したコンサルタントやリサーチャーを選抜し、適正な調査方法とプロセスを検討します。

調査には多様な方法がありますが、弊社では調査手法・評価方法に独自のノウハウを持っていますので、自社(クライアント)ではカバーできない情報を入手し活用することも可能です。

また、決算書など数字で表された定量データを分析する「定量分析」と、数値では表せない性質や内容、特徴などの定性データを分析する「定性分析」両視点から捉えていきます。

そして、同業他社や同規模企業、地区内企業と比較して特長や優劣を明確にする「比較分析」、過去と現在から将来を予測する「予測分析」などを行います。

STAGE3 仮説設定とフィールド調査

蓄積された知識・情報から仮説を設定。培われたノウハウと作成されたヒアリングガイドを活用して効率よくスピーディーに進めます。

ヒアリングガイドとは、私たちが独自に開発したヒアリングシート・ブランド力診断シートのことです。

クラインとを知る、その商品やサービスを深く理解するためにコンサルティングを開始する前にご記入いただき、分析していきます。

しかし、どんなに優れたマーケティングやブランド戦略を立てても、それを広くひろめることができなければ価値を失ってしまいます

そのような結果にならないためにもPRは非常に重要となります。

そして、PRにといて記者やメディアに喜んでもらえる情報開発をしていくことも我々の役目であります。

PRを成功に導くためにも、外部・内部の調査を徹底的に行い、仮説をきちんと立てることが大切です。

STAGE4 解析と総合分析

調査結果を多角的な視点から総合的分析・解析していきます。

フロンティアコンサルティングは、日夜メディア研究するだけの専任スタッフがいます。また、専門メディアのリサーチ部門が存在します。

それは、膨大な新聞や雑誌からクリッピングでは探しきれない流行やトレンド、媒体ごとの特徴などの情報収集をするためです。

テレビ、情報誌、専門誌、フリーペーパー、ウェブ媒体など、およそ4000以上の主要メディアを日々研究しています。

そのため、最適なPR戦略立案ができ、また様々なメディアと深い関係性を築いています。

しかし、「メディアに出る」ことがゴールではありません

メディアを活用した後、どのようなアクションをするべきなのか、その先も見据えた事業解析・分析を行います。

STAGE5 結論と最終報告&提言

調査結果から市場の把握をするだけでなく、顧客獲得、企業業績アップなどに繋がる企画開発をコンサルティング、戦略PRを立案しプロモートまで支援します。

外部視点、内部視点はもちろんですが、ここに多くの知識を加え

●現状と課題を明確化

●各戦略に必要な新たな視点

●推進すべき戦略

●戦略推進のための体制整備

など、提言させていただきます。

次のステージへ進むためには、既存の延長戦ではなく、根本的に考え方を変えなければならない場合もあります。また、目的に辿り着くためには日々選択を積み重ねて軌道修正をしていく必要があります

我々フロンティアコンサルティングではクライアントの成長ステージにあわせて、より事業スピードを加速できるようにトータルサポートさせていただきます。

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->