コンサルティング

コンサルティング

コンサルティングとは、クライアントに対して専門知識を活用するなどして客観的に現状業務を観察し現象を認識。問題点を指摘し原因を分析、対策案を示して企業の発展を助けることです。

そして、私たちフロンティアコンサルティングはPR・広報のプロ集団です。

PRの観点からクライアントに利益をもたらし、そして世に良いサービス・商品・企業ブランドを広めていくことが我々の役目です。

そのため、弊社には各媒体に精通したコンサルタントが存在します。

経験豊富な専任コンサルタントが支援

テレビ、新聞、雑誌などの紙媒体、そしてウェブやSNSなどコンサルタントがそれぞれ得意とする分野をもっており、これらの人材を掛け合わせて総合的なPRコンサルを行っていきます。

そのため、クロスメディア戦略や相乗効果が期待できるのです。

しかし、経済新聞や専門誌などメディア露出ができたとしても、問い合わせや案件獲得につながったり、イベント等の集客力や営業強化に影響が表れなければ意味がありません。

フロンティアコンサルティングでは、メディア戦略やPRプロモーションと並行して、

●メディア戦略の実施支援

●販促計画の早期実現

●ブランド構築策定

●現場の営業力向上

についてもコンサルティングしております。

メディア露出を中核とした営業力強化、ブランド構築がなされれば、ウェブサイトへのアクセス、イベント集客、問い合わせ注文を飛躍的に増やすことが可能です。

実績の一部

●外資系金融会社で20倍の利益向上

●保険会社で広告のより倍の利益向上

●専門学校で申し込みが10倍に

●健康食品会社で0だった申し込みが240件に

その他、事例の詳細につきましては、取引実績をご覧ください

なぜ我々は結果を残すことができるのか。

それは、PRのプロ集団として日夜メディア研究や世の中の動向を分析先見性クリエイティブ思考で良いアイデアを生み出していくこと。

そして、結果をだすために本質に戻って考えることができる、ということも大きな要因となっています。(※「結果が出る4つの理由」をご覧ください)

このようなことを耳にします。「テレビに取材されたい」「日経新聞に載りたい」・・・

では、テレビに取材され、日経新聞に掲載された後はどうするのでしょうか。

PRとは、メディア露出が最終目標ではありません。これは第一歩であり、過程にすぎないのです。

「何のためにメディア露出をする必要があるのか」「最終目標は何なのか」「起こりうるマイナスを回避するために、どのような予測を立てておくべきなのか」など、過程ではなく結果で満足していただけるように、トータル的にコンサルティングをさせていただきます。

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->