ソーシャルメディアPR
page_heading_icon

ソーシャルメディア

デザインと機能性を追求した
印象的で効果的なWEB展開を実現します。

事業の成果を上げるためには、ウェブはすでに外せない要素です。しかし、「アクセス」「申し込み」がなければホームページを持っている意味がありません。フロンティアコンサルティングでは、クライアントの利益に貢献するため企業認知度やブランド訴求力を効果的に活用して、独自のノウハウにより支援いたします。

最先端PRになくてはならないソーシャルメディアPR

ソーシャルメディアPRとは、Instagramやblog、twitter、facebook、YouTubeなどの消費者同士がつながるための情報発話メディアであるSNSを活用した手法です。
また、影響力のあるタレントさんや著名人、一般のインフルエンサーやYouTuberに商品やサービスを取り上げてもらうPR手法でもあります。しかしながら、やり過ぎると消費者に見抜かれたり、飽きられたりしてしまいます。
大切なのは、本当に良い商品を、本当にファンになったインフルエンサーに紹介してもらい、多くの人に知ってもらうことで消費者の役に立ちたい、という視点であり、考え方です。
じっさい、その商品のファンになった著名人が無償でイベント参加やコメントをしてくれることは意外と多いものです。

最先端PRになくてはならないソーシャルメディアPR
ソーシャルメディアPRの直接的な効果は各ソーシャルメディアの読者や、周辺のSNS参加者に限られますが、2次拡散、3次拡散が期待できるうえ、結果としてバズと呼ばれるような社会現象となれば、ニュース番組も取り上げる大きな話題となって期待以上の効果を生み出します。
反面、ソーシャルメディアでは、その手法を誤れば、上記でお伝えしたとおり「あおり疑惑」や「炎上騒ぎ」が起こります。ソーシャルメディアPRを実施するさいは、こうしたマイナスのメディア特性も十分理解したうえで実施することが必要です。
SNSに関するお悩み
SNSに関するお悩み

プロモーションを最大化させるホームページ、ウェブ戦略ソリューションを複合的に展開

プロモーションを最大化させるホームページ、ウェブ戦略ソリューションを複合的に展開

ウェブを活用したマーケティング施策やサイトのアクセス・問い合わせ率を上げる支援、イベントやプロモーションに応じたサイトデザインやキャッチコピーの提案など、PR戦略の企画立案段階からプランニング、コンサルティングを行います。
これらのウェブ支援は、弊社クライアント様のみに提供している大変貴重なものです。

正統派SEOで安定的・継続的に上位表示

正統派SEOで安定的・継続的に上位表示

フロンティアコンサルティングでは、メディア媒体露出やプレスリリースの結果を効果的に貴社のホームページ検索上位表示に反映させるノウハウを確立しています。
スパム(不正な方法)を使ったSEOを実施すると、あなたの会社のサイトは検索エンジンから姿を消します。
それは今月かもしれませんし、2、3年後かもしれません。
弊社ではメディア媒体露出による正統派SEOでクライアントのサイトを安定的・継続的に上位表示させます。
そして、「上位表示のため」だけではなく、戦略的なPRコンサルティングによる「売上をアップさせるためのSEO」を提供します。

PR・広報活動に欠かせないSNS

正統派SEOで安定的・継続的に上位表示

twitter、facebook、LINE、youtube、Google+、mixi・・・など『ソーシャルメディア(SNS)』と呼ばれる新たなメディアが浸透し、近年ビジネスで活用する企業が増えています。
企業のソーシャルメディア活用は、いまや顧客に向けたマーケティングには欠かせないものです。
商品やサービスのPR、あるいは消費者とのコミュニケーションに用いることで企業イメージの向上などにも効果を発揮しています。
しかし、ソーシャルメディアはコストも手間もかけずに商品が売れる魔法のツールではありません。あくまで目的ではなく、手段の一つであるということを忘れずに戦略を立てる必要があります。

【会社や商品をPRする】

ビジネス利用の主な目的は「ブランド構築」といえますが、何をどのように使うかは具体的な目標次第であり、目標と手段は十分に見極める必要があります。

【消費者とコミュニケーションをとる】

ソーシャルメディアを使ったコミュニケーション方法は、利用者のライフスタイルによって多様化してきています。
ブログに限らず、コミュニケーションの窓口を可能な限り多く持つことが重要です。
コミュニケーションの方法がブログでない場合もあれば、一人でいくつものサービスを利用して、異なるネットワークを使い分けるユーザーも少なくありません。
ソーシャルマーケティングを始める際にまず考えるべきことは、ターゲットとなる消費者がどのようなコミュニケーションの取り方を好むのかを理解し、いくつかのオプションを提供することです。