092 電柱広告

電柱広告は、公道上に掲出することのできる幅広い業種の方が利用している広告のことです。

何気なく目に付く場所にあり、人通りの多い道路にある電柱に取り付けられるので、多くの人達に無意識のうちに覚えてもらえるメリットがあります。

電柱広告は電力会社あるいは電気通信事業者の電柱に掲示され、各管理会社の収入源の一つであり、このことが日本の電線類地中化を妨げているとの指摘もあるようです。

 
日本の電柱広告は、電柱の横に掛ける“袖型広告”と電柱そのものに貼り付ける“巻付型広告”の2種類があり、取り付ける場所はそれぞれ地上から何メートルと決められており、広告物の広告費用は、場所や形状、動作により大きく異なるようですが、電柱広告に似た駅看板広告やポスター、電車の車内吊り広告に比べると非常に安価のようです。

電柱は約30m間隔で設置されており、広告と同時に道案内による誘導が行いやすい反面、不動産や性風俗関連などに多い電柱に巻きつけられた捨て看板やビラなどはほとんどが無許可で設置されているようです。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->