080 キャッチコピー

キャッチコピーとは主に商品や作品等の広告など、何らかの告知で使われる文句・文章のことをいいます。

キャッチコピーは「人の心に響くもの」でなくてはいけません。

1文、1行程度のものから数行に渡るものまでありますが、「キャッチフレーズで商品の印象が決まる」といわれるほど重要視されています。

印象・記憶に残るキャッチコピーとは

商品やサービスをPRしたいとき、必ずといっていいほどキャッチコピーを付けます。

なぜなら、ストーリーやビジュアルを一言で伝えることで印象・記憶に残るようにしたいからです。

実際のキャッチコピーを例にあげると、ローソンの「マチのほっとステーション」やロッテの「お口の恋人」、master cardの「お金で買えない価値がある」など、私たちが覚えているものが多数あります。

これらのキャッチコピーは、ほんの15秒前後のCMの中で1、2回程度しか登場しないにも関わらず、消費者の記憶にくっきりと残っているのです。

それだけキャッチコピーは私たちの印象、記憶に残るものということです。

コピーライティングには80/20という考えがあります。

広告のキャッチコピーに目を留めた人が10人いれば、そのうち2人だけが本文へと読み進み、残りの8人は続きに関心を持たずに離脱するという統計です。

反応率の高いキャッチコピーを作っていきましょう。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->