076 One to Oneマーケティング

One to Oneマーケティングとは、顧客データーに基づき個々の消費者や顧客のニーズ・購買履歴などを把握、適応したアプローチを行うマーケティング手法のことをいいます。

 
製品の特長などを通じてより多くの顧客を獲得するよりも、個々の顧客の深い理解し、可能な限り製品やサービスの販売を実現していこうとするものです。

以前マクドナルドが携帯でクーポンを送るサービスをしていましたが、各顧客の履歴にあわせて違うクーポンを送るという内容です。

実店舗では個々の顧客の指向性を踏まえて製品やサービスを変えることは難しいですが、ネットであればデータベース化できますので、実装するのは店舗よりは難しくないでしょう。

このように、顧客個々の状況に合わせたOne to Oneアプローチを行うには、顧客属性や購買履歴などを記録する顧客データベースが必要となりますが、こうした顧客データを整備することでOne to Oneマーケティングの自動化・電子化も可能になります。

また、one to oneマーケティングは優良顧客に対して行われることが多いようです。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->