074 意見広告

意見広告とは、各種法人や官公庁・機関・企業・個人などの広告主が、社会問題・政治問題・法律などについて自己の意見や主張を表明し、賛意を得て世論を形成することを目的とした有料のメディアによる広告のことです。

宣伝メディアとしては、商業的利用ではないことが特色です。

意見広告には、公共広告といわれる福祉・道徳・環境・青少年問題やエネルギーなどの公共性の高いものをテーマとしている広告、政治広告・企業広告・団体広告など広い範囲の広告が含まれています。

多くの人に読まれる新聞や雑誌が選ばれる場合が多く、大きな影響力を期待できます。

販売・発行部数が多いメディアほど広告の持つ影響力は大きくなります

また、新聞に掲載されることによって権威性を高めることもできます。

そのため、多くの市民団体は特に全国紙への掲載を目指すケースが多いようです。

しかし、新聞や雑誌などのマスメディアに広告を掲載するには、相当な額の広告掲載費およびコストがかかるため、個人や団体の場合はチラシやポスターなどを配布することによって意見を表明することがあります

また、インターネット上でのバナーに政治的主張を載せることによって意見広告の役割を持たせることも存在しています。

ある政治的思想・信条を共有する人々の間で自らのブログにバナーを貼ることによって、自分たちの主義主張をアピールしたり、バナーからリンクしているウェブサイトに誘導して、そのサイトに掲載されている主義主張を伝えるという目的を果たしています。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->