066 新聞広告

新聞広告とは、新聞の紙面に掲載された広告のことをいいます。

サービスや商品、企業自体を宣伝する一般的な広告がたくさんありますが、中には新聞広告以外にはあまり見られない独特な広告もあります。

その長所としては、社会的信頼性の高い新聞ならではの信頼感や定期購読者が多く読者数に大きな変動がないので安定性があります。

その他にも印刷物なので保存ができることや新聞報道への信頼感が広告にも説得性を与えることなどがあげられます。

その一方で掲載費が高額であるという短所もあります。

新聞広告の種類は記事下広告と雑報の二つに分けられます。

記事下広告とは、記事の下に載せられる広告のことで、1段から全面広告に当たる15段まで様々な形があります。

雑報は、記事の中の特定箇所に載せられる広告のことで、記事中や題字下、突き出しなどがあります。

最近では、変形広告など表現力の上がったものもあり、円形、L字型やTV欄を上下で挟むものなどがあり、他にもマルチ広告と呼ばれるもので、一企業や一商品で一面から最終面までのすべての広告欄を使う広告もあります。

新聞広告は、多くの図書館で保存されており、過去の世相を表すものとして研究の題材によく取り上げられたりもします。

通常、雑誌広告などの場合は掲載料が前払いですが、新聞広告は後払いという慣習となっているなどの大きな特徴があります。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->