059 クロスセル

クロスセルとは、クロス・セリングとも呼ばれ、ある商品の購入者または購入希望者に対して、それを補完する別の製品やサービスを勧める販売促進のテクニックのことを言います。

関連商品を含め提案を行うことで顧客にとっては必要になりそうなもの、欲しい商品やテーマを知ることができ、販売側としては売り上げが上がるメリットがあります。

例えば、テレビを購入しようとしている顧客に対して、ホームシアターシステムやDVDレコーダーも一緒に購入してもらうことや、パソコンを購入しようとしている顧客へ、プリンターやメモリーディスクも購入してもらう場合、身近な場面では、ハンバーガーショップでハンバーガーを頼むと「ポテトもいかがですか」と勧められるのもクロスセルです。

一般にクロスセルを実現するためには、顧客のライフスタイル、購買履歴などの情報と豊富な商品知識が必要になります。

また、顧客の購買傾向をデータマイニングで分析することによって、適切な関連商品を提示する手法が広く普及しています。

例えばオンラインショップで、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」と表示して、関連性の高い他の商品を勧める手法もクロスセルだと言えます。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->