047 レスポンス広告

レスポンス広告は、標的市場からダイレクトにレスポンス(反応)を獲得し、売上アップを目的とする広告媒体です。

どのようにして売上をあげ、またどのような目標設定したらよいのかなど、明確な「目的と目標」設定を行なうことが重要な戦略要素となります。

「レスポンス広告」と「イメージ広告」は違うもの

広告というと、テレビCMや雑誌、街中のポスターのような華やかなビジュアルやインパクトの強いもの、タレントを起用した爽やかなもの、頭に残るコピーなど、クオリティの高い表現をしているものが広告である、という意識かもしれません。

しかしこれは「イメージ広告」と呼ばれるもので、広告の一形態です。

これと対照的なのが「レスポンス広告」です。

例えば、誌面いっぱいに説明がぎっしり詰まっていて、最後は「資料請求はこちら」「お問い合わせはこちら」などの行動を促すメッセージで締めくくられている広告。これがレスポンス広告です。

「イメージ広告」と「レスポンス広告」は目的や役割が異なります

レスポンス広告においても、デザインはとても大切な要素でが、求められるのはイメージ広告のような「オシャレなデザイン」や「アーティスティックなデザイン」ではありません。

レスポンス広告に求められるデザインとは、「コピーが読みやすいデザイン」です。

なぜなら、広告の読みやすさがレスポンスを高めるからです。

目的をしっかりと持ち、スラスラと読めてアピールしたい製品のポイントがわかりやすい、アイキャッチなレスポンス広告を制作しましょう

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->