041 パブリシティ

パブリシティは、マーケティングにおけるPR活動のひとつ

枠を買う広告とは異なり、アピールしたい商品やサービスまたは企業認知度アップを目的に、マスメディアに向けて情報を発信(プレスリリースなど)、記事や番組で取り上げてもらうためのPR活動です。

代金が発生しない「フリーパブリシティ」と、メディア側に代金を払い記事広告やタイアップなどを行う「ペイドパブリシティ」がありますが、「パブリシティ」といったときには、だいたいの場合前者の「フリーパブリシティ」を指します。

広告とは全く異なるPR活動。優良なメディアから情報発信されるので信頼度アップ

広告と同じようにメディア・媒体を利用するという共通点はありますが、まったく異なる活動です。

代金を支払う、支払わない、という点よりも、メディア・媒体から発せられるメッセージなのか企業側から発信される情報なのか、というのが大きな違いです。

大手企業ならば多額の広告宣伝費を費やし、メディア・媒体を介して企業の意図したメッセージを発信することができますが、起業したばかりの企業、個人で経営しているお店などが同じように宣伝することは難しいです。

広告費もほとんどなく、広報・PR担当者もいないという中小企業やお店にとって、パブリシティはとても重要なこととなります。

また、広告とは違い、メディア側から発信される情報は“客観的”なため信頼性が増しますし、非常に多くの人がそれを目にすることになりますので、パブリシティ効果はとても大きなものがあります

また「マスコミに認められた」という証しでもありますので、認知度アップにも直結するでしょう。

媒体の選定は大切。中小企業こそ真剣に取り組むべき戦略

「この媒体に掲載されたい」という希望があると思いますが、これは非常に大切なことです。

各メディアも必ずセグメントがされ、ターゲットとなる消費者・顧客が存在します。

それを理解し上手に媒体を選択すれば、あたなが売り込みたい相手に商品やサービスの情報を直接届けることができるので、ブランド力の向上にもつながります。

また、掲載された媒体のブランド力も加わり、より視聴者や読者に浸透していきます。

そして、パブリシティは社内にも大きな影響を与えます。

自社のことが取り上げられれば社員の誇りになり働く意欲も湧いてきます。

そして、企業の認知度と信頼性があがれば、優秀な人材を確保することも可能です。

パブリシティのようなPR活動は発展途上にある中小企業こそ真剣に取り組むべきことです。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->