016 ブランディング

ビジネスパーソンであればブランディングという言葉を聞いたことがあると思いますが、もしあなたがその意味についての説明を求められたら何と答えますか?

『戦略的ブランド・マネジメント』の著者ケビン・レーン・ケラーはこう言っています。


「ブランディングは精神的な構造を創り出すこと、消費者が意思決定を単純化できるように、製品・サービスについての知識を整理すること」

また「ブランディングにとっての鍵は、ある製品カテゴリー内で消費者が知覚するブランド間の差異である」と定義されます。


顧客に選ばれる理由、自分たちの存在意義について考える

ブランディングは短期で効果が現れるものではありません

また、業界によっては競争が激しく、数え切れないほどの企業商品が溢れかえっています。

そのため、自社のブランドを確立することは容易ではないでしょう。

だからといってブランディングしないでいるとどうなるでしょうか。

おそらくプロモーションを行っても情報が浸透せず、顧客も獲得できない。

そして売上をあげるため価格下げによる宣伝をするも顧客の「継続的な購買の動機付け」はできない・・・という悪循環に陥ります。

ブランディングは、企業が長期的に競争で生き残るために欠かせない戦略です。

「製品・サービスをどうやって売るか」という側面だけを見るのではなく、「どうやったら選んでもらえるのか」「自分たちが存在する意義」を唱えましょう。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->